なでしこダイアリー

2017.06.30
全校健康診断が終わりました2017.06.30
4月中旬から下旬に尿検査、内科(運動器)検診、全校健康診断(身長、体重、視力、聴力、眼科、耳鼻科)、6月に歯科検診が行われ、今年度の定期健康診断が終了しました。
 H28年度から加わった運動器検診では、昨年よりも脊柱・胸郭の弯曲を指摘されるお子さんが増えました。中には再検査で異常が無かったお子さんもいましたが、日頃の姿勢などにも注意が必要です。授業中や給食を食べている時に、利き手しか使用していなかったり、背中を丸め、骨盤が前にずれて座ったりしているお子さんが目立ちます。よい姿勢を保つには、日頃の意識と適度な筋力も必要です。小学生のうちは、筋力トレーニングよりも、体を動かした遊びやお手伝いで十分です。ぜひご家庭でも取り入れてみてください。
 また健康カードには成長曲線があり、肥満ややせ、低身長、(一時的に身長の伸びがよい)高身長等を早期に見つける指標として活用できます。保健室での健康相談で多いのは低身長です。身長のパーセンタイルが―(マイナス)2SD、または年間の身長の伸びが4㎝以下が相談(受診)のめやすと言われています。その時の測定の結果だけではなく、長期的に確認することも大切です。

健康1.jpg健康2.jpg
カレンダー
最近の記事