小金井小学校の研究

東京学芸大学附属小金井小学校では各教科ごとに研究に取り組んでいます。

研究部の取り組み

研究テーマ


「こえる学び」を生む学習環境デザインの追究

主な研究内容

本校では,「こえる学び」を,限定的には捉えていない。だからこそ,「こえる」をひらがなで表記している。「こえる」にあてはまる漢字には,超,越,肥などがある。それぞれには,程度や予想を超える,妨げになるものを越える,十分な養分を蓄えるという意味がある。これらの意味を,授業で学ぶ子供の姿に置き換えると,例えば,子供が自らの力で,学習環境から自分にとっての学びを見出す姿とも言えるし,いくつかの学習環境と結び付き新たな知をつくる姿とも言える。このような姿は,教師がデザインする学習環境だけによって導かれるものとは限らないが,教師が授業や学習環境を,子供主体の学びが生まれる場になるようにデザインすることで実現できるのではないかと考える。

くわしくはこちら(pdf)をご覧ください。

研究部の主な活動

  • KOGANEI授業セミナー、研究発表会を企画/運営しています。
  • 校内研究授業・研究協議会の公開も行っています。
  • 教科一覧
  • 研究部
  • 国語科部
  • 社会科部
  • 算数科部
  • 理科部
  • 生活・総合部
  • 音楽科部
  • 図画工作部
  • 家庭科部
  • 体育科部
  • 道徳部
  • 英語部