小金井小学校の研究

東京学芸大学附属小金井小学校では各教科ごとに研究に取り組んでいます。

算数科部の取り組み

研究テーマ 算数・数学的に考え、算数的に表現し、
学び合い高め合う子の育成
~「割合」指導の系統性を重視して~

主な研究内容

 算数の授業において、大切にしなければいけないこと、それは「教材研究」です。我々は、子どもたちに身につけたい力、創り出してほしい数学的内容など、子どもたちを育てるために、どんな教材を、どう提供していけばいいのか、それを明らかにしていくことが「教材研究」であるととらえています。
 すると、必然的に見えてくるのが授業・単元・算数学習の構成です。そこに、子どもたちの活動や学び合いが合致したとき、きっと、すてきな算数の授業ができあがるのではないでしょうか。

 また、我々は算数の授業を通して、算数を教えるのではなく、子どもたちのものの考え方を育てることを目指しています。このとき、思考力と表現力は、互恵的な関係だと考えています。
 そして、考え方の系統性を意識し、提案授業を組み立てようとしています。最近では、考えの系統性として、関数の考え、単位の考え、割合の考えなどについて研究を進めています。また、小学校6年間を見通した数直線の指導や除法、分数学習の教材配列の工夫なども考えています。単元としては、割合、倍概念、除法の導入、単位あたりの量、演算決定、数の獲得等に焦点を当てました。

算数科研究部の主な活動

算数科部写真
  • 教科一覧
  • 研究部
  • 国語科部
  • 社会科部
  • 算数科部
  • 理科部
  • 生活・総合部
  • 音楽科部
  • 図画工作部
  • 家庭科部
  • 体育科部
  • 道徳部
  • 英語部