星野レクチャー 2011
〜Prof. HOSHINO Lectures 2011〜


日 時 :2011年12月15日〔木〕 18時〜19時半
場 所 :東京学芸大学C402教室
      東京都小金井市貫井北町4-1-1 アクセス方法
テーマ :学校に言論の自由を ―子どもたちのために―
講  師 : 土肥 信雄 氏 (元東京都立三鷹高校校長)

<土肥先生からのメッセージ>
大学で教えている学生たちに「天皇は神様ですか人間ですか」
と質問すると、全員が人間ですと答え、神様だと答える人は皆
無です。しかし戦前においては、ほとんどの人が「神様」と答え
たのです。教育の現場で言論の自由がなくなるということは、
まさに戦前のようになることなのです。
<プロフィール>
現在、法政大学、立正大学非常勤講師。1948年生まれ。
1972年東京大学農学部卒業。商社勤務を経て、通信教育で
小、中、高校教員免許取得。小学校、高校教員を経て、05年
より都立三鷹高校校長。09年定年退職。
現在、「学校の言論の自由」と「非常勤教員不合格」について
東京都に損害賠償を求め訴訟中。
著書:『それは、密告からはじまった』七つ森書館、
『学校から言論の自由がなくなる』岩波書店(共著)。
 
主 催:東京学芸大学法学政治学分野/憲法・教育法研究室
協 賛:新名学園私学教育研究所

※星野レクチャーは、東京学芸大学名誉教授の星野安三郎先生
(2010年3月13日逝去)の専門分野である憲法・教育法のアクチュアル
な問題について、本学学生、また広く一般の方々に知って頂く機会を
提供することを目的として年1回開催しています。

<お問い合わせ先>
東京学芸大学法学政治学分野
憲法・教育法研究室(斎藤一久)
TEL:042-329-7406 E-mail: kenriken(@)u-gakgei.ac.jp


※土肥元校長の裁判を支援する会