参加者の声
イベントレポート < 参加者の声 < TOP

平成22年9月25日(土) 13:30~16:30 東京学芸大学主催

<子どもの問題>支援システムプロジェクト 第一回公開研究会 レポート

<テーマとねらい> 「子どもを中心とした総合的な支援を目指して」 pdf
次回参加予定

今後開催を予定している公開研究会で取り上げてほしい内容・講師について、ご希望をお聞かせください。

  • 児童相談所の取り組み。年代別(小中高等)の具体的な課題
  • 教師としてできる、具体的な対応と方法、実践例について知りたい。
  • 発達障害のある親子の支援について。(学校として親がどのような支援を受けてきたか、知る機会がない。)
  • SSWと要保護児童対策地域協議会の関係・関わり
  • 教育委員会、管理職、特別支援教育コーディネーター、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカー、学校ボランティア支援員・介助員等の多職種のシンポジウムはいかがでしょうか。
  • 質疑応答の時間がもう少しあるといいかと思います。
  • 考え中です!
  • スクールソーシャルワーカーの導入については教育と福祉がどう協働して行くかが課題であると思う。よって双方が意見を交換し合うようなパネルディスカッションやシンポジウムはどうでしょうか。
  • 基礎的な知識を今回学ぶことができ、今後はもう少し現場に立っている方、具体的な例、イメージができるような話もききたいと思います。
  • 今、現在学校現場が抱えている問題(現状)について、学校サイドから話すことのできる人(多忙な合間に教員間で共通理解をするためには、評価偏重の教育の世界の中で、特別支援教育の対象となる子ども達にどれだけベクトルを向けていく事ができるのか。この辺りをきちんと言及できる人)を講師として取り上げていただけるとありがたい。(多職種の人々へ、現状を理解してもらうために)⇒具体名は あげられずすみません。
  • 現場の声とアカデミックの立場とで距離がある内容を、どんどん公開してほしい。
  • 会場の参加者の声を聞く時間を、もっととってほしい。
  • 今後、プロジェクトが進み、SSWの実際、学校との連携の実際をぜひ知りたいです。(うまくいく例も、いかない例も含めて。)
  • もう少し具体的な活用方法やこのように役に立つということをどういう時、だれが、だれに、どのようにというところが知りたいです。ありがとうございました。
  • 小金井市では「子どもの権利に関する条例」が制定され、その活用が問われています。先に条例が制定された自治体の関係者などから、子どもの権利に基づいた施策のあり方、子ども支援について聞きたいです。「子ども支援」といいながら大人の思い込みでの支援になりがちな実態について検証が必要であると思っています。
  • 可能であれば、事例をご報告いただける内容・時間を入れていただけるとイメージがわきやすいと思います。ご検討ください。厚労省社会援護局からのお話を聞ければと思います。
  • ケース会議のやり方・事例紹介など
  • フリースクールについて。
  • 次回以降は議論する時間も増やしていただければ幸いです。
  • 大阪府他の現状などを知りたい。次回以降の研究会を楽しみにしています。
  • シンポジウムなどでフロアーからの意見を多様に聞けるような内容がいいような気がします。文科省の話については、来年度
  • 大阪や関西地区の行政で子ども部などがある自治体の担当者の話。
  • 文科省の室長さんには引き続き来て欲しいです。
  • 特にありませんが、これからも参加させていただきたいと強く思っています。
  • 山下英三郎先生を呼んでいただきたいです。
  • 子ども家庭支援士、特別支援コーディネーターとのすみわけ、連携などについて勉強したいと思いました。(よく質問されるので)
  • SSW,CSWのかかわり、すみわけの問題、地域により様々な取り組みがあると思うので、多くの地域の取り組みが知りたい。「支援システム」ということなので「連携」ということをどのように進めていくか、効果的なものを検証して、いくことについて取り上げて欲しい。
  • 多方面の方々のディスカッションや問題提起をすることが有効ではないでしょうか
  • 虐待と特別支援について
  • 事例研究の報告などがあると、学校現場での参考になるかな、と思います。
  • スクールソーシャルワーカ-という名称を使っていなくても、活用事業が出る前から独自でスクールソーシャルワークを行っている自治体や学校があると聞きました。そういった、長年の学校教育の歴史から、独自で必要と判断したり、ソーシャルワークを大切にしている方々のお話が聞きたいです。
  • 子どもの貧困
  • SSWrの現状や他職種連携でかべがある時は、どのようにケース会議へ持っていくのかを教えていただきたいです。また、今後のSSWrの育成や養成制度の力の入れ方について。
  • 経済支援を切り口に、総合的支援を展開している方‥杉並区教育委員会副所長、教育委員会がSSWrを自由に活用する方法

 


その他参加者の声

IBA会議報告会(2012.7.21)    
第三回公開研究会 レポート 22.12.04公開フォーラム 22.12.05 公開フォーラム
第二回公開研究会 レポート(10/23) 第二回公開研究会 レポート(10/24) 第一回公開研究会 レポート

 

ページの先頭へ