参加者の声
イベントレポート < 参加者の声 < TOP

平成22年10月23日(土)24日(日) 東京学芸大学主催

<子どもの問題>支援システムプロジェクト 第二回公開研究会 レポート

<アンケート10/23> 「日本のスクールソーシャルワークは今」 pdf

満足度調査今回の公開研究会のご感想をお聞かせください。

  • 現在進行中のSSWの活動の実際がわかって参考になった
  • 現場で活躍されている方々の生の声が聞けたのが良かった
  • SSWが着々と力をつけ行政(教育)の場と地域に根ざしていると強く感じた
  • 必要な取り組みであり、広く展開できると良い
  • かねてよりお話をお聞きしたかった講師の先生のご講演を拝聴できたことは有難かった
  • 拠点校配置型と派遣型とのメリット・デメリットを比較して聞けた事はとても参考になった
  • 現在の学校で対応できない子どもへの支援活動が公的にあるのを初めて知りびっくりしたのと感動しました
  • 竹村先生のまとまりのある説明にとても納得できた
  • 学校の先生側の気持ちとして校長先生のお話が聞けたことが良かった
  • 質疑応答が充実していた
  • 福祉の視点をもつSWが学校に入り教員と協力していけると力強い
  • 校内カンファの参考になった
  • 堺市の報告は具体的でわかりやすかった
  • SCとSSWの考え方/視点が違うとの話があったがそのように思えなかった
  • SOSを出せずにSWを必要としている家庭や子どもにサービスを届けるのは難しいと感じた
  • 関西・関東のSSWと関連する動きが具体的に理解できてよかった
  • SSWが受け入れ側の認識・ニーズ・理解で活動が影響されることを再認識した
  • 今後もSSWの声をより多くの人に届けていくことは大変重要だ
  • 杉並中3勉強会はおもしろそうと感じる社会福祉士会の動きだった
  • まず入ること、模索しながら理解氏あうことが大切と感じた
  • 中條さんの実践は、外国とつながる子どもたちへの支援について関心のある私にはとても良かった
  • 来年度SSWとして働くが、なんとかやれそうだとほっとした
  • 新しい切り口をたくさん見せていただいたので整理していきたい
  • 子どもに関わる先生や親、行政の人等にも参加してもらい、話をしていただいたらいいのではと思う
  • 関西と関東のSSWの取り組みの違いがよくわかった
  • 関西の話が聞けて勉強になった・あまり真新しい内容はなかった
  • 事例報告をもう少し掘り下げて教えていただきたかった
  • 山中さんと中條さんのお話は共感できた
  • 前半の事例を含め、SSWをスケールアウトするためのシステムになるような取り組み、統合するような取り組みの紹介があるといいなと思った
  • 実践報告だけでなく、概念的な整理がほしかった
  • 教師のsocialなapproachとSWの介入とどのように違うのか方法論としてもどう違うのか整理していただければと思った
  • 初めてSSWについて知ったが勉強になった
  • <子どもの問題>支援システムという名称から子ども家庭支援システムの一つとしてSSWをとらえているような内容もあって良いのでは?

今後開催を予定している公開研究会で取り上げてほしい内容・講師について、ご希望をお聞かせください。

  • 子どもの貧困にSSWがどう対応できるのか
  • 福祉・教育・心理の連携の必要性・問題行動を起こす生徒への対応の際の連携のあり方
  • 法的機関警察との関わり方・学校における虐待対応、教員支援・各地のSSWに具体的事例についての対応方法
  • 教師の側からの話・虐待を行っている保護者への対応・貧困家庭の実情・ネットワークシステムの紹介・生活保護支援や弁護士等との連携・就学援助の説明を保護者に伝えることはあるのか
  • ジレンマが生じやすい事例を元に教育と福祉のディスカッション・教師のバーンアウト支援・杉並中3勉強会のような活動をしている人を探して呼んでほしい
  • 各自治体の特直をとらえたSSWの違いを比較し、お互いによりよい支援ができるような研究会・ケース会議記録の作り方・校内支援体制をどのように構築していったらよいかもう少し詳しく知りたい
  • 同時開催されていたJSL、外国につながる子どもの対応についてSSWの支店で取り上げてほしい


その他参加者の声

IBA会議報告会(2012.7.21)    
第三回公開研究会 レポート 22.12.04公開フォーラム 22.12.05 公開フォーラム
第二回公開研究会 レポート(10/23) 第二回公開研究会 レポート(10/24) 第一回公開研究会 レポート

 

ページの先頭へ