参加者の声
イベントレポート < 参加者の声 < TOP

平成22年10月23日(土)24日(日) 東京学芸大学主催

<子どもの問題>支援システムプロジェクト 第二回公開研究会 レポート

<アンケート10/24> 「日本のスクールソーシャルワークは今」 pdf
満足度調査

今回の公開研究会のご感想をお聞かせください。

  • 前々から福祉と教育の連携が必要だと痛感していた
  • 特別支援学校の先生方のと陸身は大変参考になった
  • 菊地先生の「しょうがいのある方、保護者が支援やサービスを知り、使いこなすことが大事」というところで「学校は必ず通るところだから、様々な支援やサービスがあることを周知する」という役目を果たしていけるよう、今自分が務めている地域についてもっと知っていこうと思った
  • ココの支援を行うためにどのような意志組が必要なのか、有効な事例を知る機会となった
  • 他職種との連携を図る際に必要となることを自分なりに整理することができた
  • 個人情報の取り扱いについて、いつも矛盾的な事を抱えながら仕事を行っていたが、今日の講話を聞いて「情報共有した上での支援が大切」ということを聞き、もやもやしていることが晴れた
  • 個人情報保護について、もっともだと思った
  • 犯罪を犯さなければ生きていけなかった人たちもいる…そんな人生を今の子どもたちには送らせたくないとの気持ちを忘れないようにしたい
  • 特別支援学校の地道な取り組みは大変参考になった
  • 個別支援計画の重要性・個人情報保護については連携におけるこれまでの取り組みでもやもやしていたところにすっきりした視点をいただけた野で、本当に聞いて良かった
  • 個別支援会議の充実に当たり、関係機関内での温度差を埋めるためにもやはり顔をあわせ、同じ方向を向いて実践していくための手立てとしての会議なんだと思った
  • とても充実した内容で大変参考になるが参加社が少ないのが少し残念です
  • 多職種によるチームアプローチにおいてファシリテーター的な役割が重要であるとわかったがそのファシリテータ(SSW?)をどのように育成していくかが課題である
  • 個人情報保護については、マスコミの方の立場はよくわかりましたが、ミクロの場とは少し違うかなという感想です
  • 先進的で重層的と思われる滋賀県の個別支援がいる野存在ですが、それでも医療と連携することが今後の課題となっているのだと感じた
  • SSWも一校ないし一地域に長くいること、同じ地域を長く見ていくことが大切と感じる
  • 野沢先生ほどの方がいらしたのに、この客入りとは、まだまだ世間の風は冷たいと感じた
    ・加瀬先生のコーディネートも良かった
  • 午前の講演は大変参考になった
  • 福祉食・教育職の中では比較的情報は出しやすいと思うが、ネットワークが一般市民レベルにまで発展した時にプライバシー保護と情報共有をどのように考えていくのか難しい課題と感じた

今後開催を予定している公開研究会で取り上げてほしい内容・講師について、ご希望をお聞かせください。

  • 就学前のライフステージにおける支援と連携、移行支援(保健や医療分野から話が聞きたい)
  • 各地区の勉強会、フリースクールの活動状況・SSWの活用について教育委員の立場の方からのお話を伺ってみたい
  • SSWが関わった事例で、本人や家族がどんな風に受け止めたのかの報告事例・小学校教員の具体的な取り組みの話、問題の発見・保護者へ理解してもらうための話の進め方、連携期間への連絡等細かく具体的に知りたい
  • ・高良先生には個人的にお世話になったので、お話が伺えればうれしい限りです


参加者の声

第三回公開研究会 レポート 22.12.04公開フォーラム 22.12.05 公開フォーラム
第二回公開研究会 レポート(10/23) 第二回公開研究会 レポート(10/24) 第一回公開研究会 レポート
ページの先頭へ