小金井市の取り組み-SSWニュース
小金井SSWニュース11号 < 小金井市の取り組み-SSWニュース < TOP

H24.02.14

小金井市 SSW ニュース 11号
子供が育つ・きずなを結ぶ

小金井市SSW協議会

学校を支える連携に向けて

事 例 主な連携先
教育
関係
警察
司法
福祉
関係
保健
医療
その他
教育相談所等と連携した児童・生徒指導上の課題がある児童への対応  
家出などのぐ犯行為で家庭裁判所の試験観察となった生徒への対応  
学校通告による児童虐待への対応    
特別支援学校やフリースクールと連携した不登校への対応      

上の表は学校と関係機関の連携事例を表したものです。近年、児童・生徒の問題行動が複雑化・多様化し、学校だけで対応していくことが困難なケースが見られるようになりました。このようなとき、学校と関係機関がそれぞれの役割を明確にして、専門性を生かしながら、互いの連携を深めることが求められています。

学校と関係機関の連携について、文部科学省が発行した「生徒指導提要」では、児童・生徒の発達を促すための連携と問題行動等への対応を行うための連携の二つを示しています。国立教育施策研究所発行の「学校と関係機関等との連携」では、日々の教育活動の中で講師を依頼したり、児童・生徒に関する情報交換を行ったりする日々の連携と学校だけでは解決が困難な問題行動等が発生した場合などの対応のために行う緊急時の連携として示しています。

これらは、学校と関係機関の連携の目的を明確にすることの大切さを述べています。 学校と関係機関の連携を丁寧に行えば、問題行動の減少や学校、家庭、地域の教育力の向上が期待できます。また日頃から関係機関と交流があれば問題行動等が起きたときに円滑で適切な連携を図ることもできます。

スクールソーシャルワーカーは、学校と関係機関の連携の目的を明確にして、情報と情報、人と人をつなぎ、児童・生徒の悩みや抱えている問題の解決に向けて支援を行う専門家です。児童・生徒に関する問題等について、学校だけでの対応することが難しいと思うようなケースがありましたら、ぜひスクールソーシャルワーカーまでご相談ください。


東京都内のスクールソーシャルワーカー導入状況

平成20年、文部科学省の「スクールソーシャルワーカー活用事業」を契機として、スクールソーシャルワーカーの導入が全国的に始まりました。 現在、東京都内での導入状況は以下の通りで、今後もますます増えていくと思われます。

 区・・・ 杉並区、渋谷区、中野区、墨田区、文京区、荒川区、新宿区、目黒区、葛飾区、世田谷区、北区など。
 市・・・ 府中市、調布市、清瀬市、東久留米市、昭島市、狛江市、武蔵村山市、武蔵野市、八王子市、小平市、小金井市、多摩市、西東京市、立川市など。

小金井市のような拠点校配置型もあれば、派遣要請のある学校に出向く派遣型など、支援システムは自治体によって違います。小金井市では、SSW協議会を月2回開催し、東京学芸大学の馬場幸子先生をスーパーバイザーとして、情報交換や事例検討などを行い研鑚を積んでいます。

社会福祉士や精神保健福祉士といったソーシャルワーカーの国家資格を有する者が採用されていますが、専門職としてより質の高い支援をめざしていきたいと思っています。

 

スクールソーシャルワーカー 自己紹介  牧之角 志保

 緑小学校を拠点とし、第三小学校、東小学校、緑中学校、東中学校の5校を担当させていただいております。以前は、児童養護施設、特別支援学校等で指導員として勤務しておりました。

 健常児・障害児とも担当し、複雑な家庭環境の子供が多かったのですが環境の違いや障害の有無に関係なく、子供は自ら成長する力、成長したいという希望をもっており、本来どの子も生きていく強さをもちあわせている尊い存在であることに気付かされました。子供たちの姿を通じ、大人は子供のもつ力や可能性を粘り強く信じて、傍らに寄り沿って見守り続けることが何より大切なのでは、という事についても考えさせられました。

  社会環境は年々複雑化、価値観も多様化している中、子供も大人も試行錯誤しながら、より良い明日に向けて日々を一歩一歩、歩んでいる様に思います。家庭、学校、地域で一丸となって子供を守り、育んでいくことが今まで以上に求められ、また必要とされていると感じています。

  SSWとして、地域における連携を図り、学校現場に福祉の視点や社会資源を取り入れて活用し、支援とともに子供たちへの声かけ等も行っていき、将来、地域社会で生き生きと暮らしていけることを描き見据えながら、微力ではありますが手助けができればと考えております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

IBAアプローチを使った問題解決までのステップ⑦最終回のまとめは、次回掲載の予定となっていますので、宜しくお願い致します。

問い合わせ先 教育委員会学校教育部指導室(小野) 042-387-987

 

ページの先頭へ