公開研究会・フォーラムについて―プロジェクトメンバーより
公開フォーラムについて < 活動実績 < TOP

第1回公開フォーラム1日目(12月4日)
「生徒指導とスクールソーシャルワーク -生徒指導担当とスクールソーシャルワーカーの連携―」

2010.12.4 野口 裕二

 実践報告1は、「ソーシャルワークと教師の役割」というテーマで川崎市立久本小学校の小野学先生の報告だった。なんといっても興味深かったのは、「連携を阻む校内の壁」という表現で、「学校がもつ自己完結型の体質」、「管理職の戸惑い」など8つの壁を示してくれたことである。特別支援教育コーディネーターとしての長年の経験から見えてきた「壁」の存在はどれもなるほどと思われるもので、SSWが導入されたときに直面するであろう困難について理解を深めることができた。

 実践報告2は、「生徒指導担当とスクールソーシャルワーカーの協働」というテーマで、大阪府教育委員会SSWの大塚美和子先生と箕面市立東小学校生徒指導担当の山本由紀子先生の報告だった。こちらはすでに5年ほど前からSSWの配置が行われてきた事例で、最初の何年間かはまさにさまざまな「壁」に阻まれてうまくいかなかったが、徐々に乗り越えられて現在に至っている様子が伝わってきた。最後に、「壁はどうしたら乗り越えられるか」という質問に対して、「壁と思うから壁なんだ」との答えが印象的だった。地道な努力と工夫によって「壁」はいつかは乗り越えられる、そんな希望を与えてくれる報告だった。

 

 

 

 

ページの先頭へ