イベントレポート
SSWAAのニュースレター < 活動実績 < TOP
SSWAAのニュースレター

SSWAAニュースレターInternational Participants

The national conference had participants from several foreign countries and US territories: Japan, Hong Kong, Canada, Sweden, Guam and Puerto Rico.

Dr. Sachiko Bamba from Tokyo Gakugei University and her school social work colleague Emi Yamasaki

Support and Assistance Offered to our Japanese Colleagues at Conference

A large group discussion forum was quickly organized by the SSWAA conference committee to provide an opportunity for dialogue with Dr. Sachiko Bamba from Tokyo Gakugei University and her school social worker colleague Emi Yamasaki who had just Flown in from Tokyo. They shared some of their experiences in the early response to the March 11 earthquake and tsunami. Dr. Bamba reported that Japanese school social workers are communicating through email and the internet. Rumors have been a huge concern, as well as fears of radiation.

People are afraid to buy food in the supermarket although they have been told that it is safe. Many families are staying in school buildings and parents are stressed and irritated. They noted that even children who are not directly connected to the disaster are experiencing PTSD symptoms from watching endless images of the tsunami and the destruction on television. Children have been sent away from their families and are living with relatives, in institutions and with foster families. These children may be stigmatized and it is more difFicult to recover from trauma when you are separated from home, family and community. The school social workers who worked with Hurricane Katrina victims, the response to 9/11 and the Haitian earthquake shared their experiences and ideas. They noted the importance of connecting displaced children and families with others from their community. They learned that sometimes all of the resources are sent to the disaster area rather than to the areas where victims had been re-­‐located and that help must be coordinated. Art and music therapy, play therapy, dance and drama were all helpful techniques in working with traumatized children. Information regarding the most effective and helpful non-­‐proFit relief organizations was also shared. There was discussion of how traumatized the teachers were and their need for support.

Finally, compassion fatigue was discussed as an important concern for school social workers who will have so many members of the school community to support for perhaps long periods of time before there is a return to some normalcy. The SSWAA Board is planning a panel discussion of school social workers at the Boston conference to continue to increase our body of knowledge regarding trauma response.

 


 

(日本語訳) SSWAAコミッティーは、東京から飛行機で飛んできたばかりの東京学芸大学の馬場幸子氏と、同僚でスクールソーシャルワーカーの山崎絵美氏と話をする機会を設けるため、急きょ大規模なディスカッションフォーラムを企画しました。彼女らは、3月11日の地震と津波への初期反応に関する自分たちの経験について話をしてくれました。馬場氏によると日本のスクールソーシャルワーカーたちは電子メールやインターネットを通じて連絡を取り合っているそうです。放射能の恐れとともに、噂(風評被害)が大きな懸念材料となっています。安全だといわれているにもかかわらず、スーパーマーケットで買い物をすることをためらう人たちがいます。多くの家族が学校の校舎に止まっており、親たちはストレスがたまり、イライラしています。直接被害にあっていない子どもでさえも、エンドレスに放映される津波や壊滅状態の映像を見てPTSD症状を経験しています。子どもたちの中には家族から離れ親戚や施設などに預けられている場合もあり、その子どもたちは、スティグマを受ける可能性もあります。家や家族や地域から離れているとき、トラウマからの回復はより困難なものになってしまいます。

 ハリケーンカトリーナの被害あった人たちのために活動したスクールソーシャルワーカーたちや、9.11(ニューヨーク)やハイチの地震に対応したスクールソーシャルワーカーたちは、自分の経験や考えを共有しました。彼らは、住む場所を失った子どもやその家族を、同じ地域の他の人たちと共にいれるようにすることの重要性について述べました。彼らは、時にはすべての資源が被害にあった地域に送られ、実際に被害者が移動した先には届かないということを知り、援助はよく調整されていないといけないと学びました。アートセラピーや、音楽療法、ダンスや演劇はどれも、トラウマを受けた子どもとかかわるのに役立つ技法です。最も有効で役に立つ非営利救援組織に関する情報も共有されました。いかに教員がトラウマを受けていて、彼らへの支援が必要かも話し合われました。

 さいごに、普通の状態に戻るまでに長い期間を要するかもしれず、学校区にいる非常に多くの人々を支援することになるだろうスクールソーシャルワーカーのコンパッション・ファティーグ(愛と同情の深い感情を持ってかかわることによって生じる疲労)についても、気を付けるべき重要な事柄として話し合われました。SSWAAの理事会は、津波への対応に関する知識を深め続けるために、ボストンカンファレンス(来年)で、スクールソーシャルワーカーたちとパネルディスカッションを行うことを計画しています。

 

ページの先頭へ