イベントレポート
ベトナムレポート < 活動実績 < TOP
ベトナム研修レポート 2011

 本プロジェクトでは、社会福祉がわかる教員・教育がわかるソーシャルワーカーの育成を目指し、 広く<子どもの問題>について関心のある学生らで、さまざまな取り組みをしていこうと計画中です。

  第一回めは11月18日から22日にかけて、熊本のベトナム育英会さんのお手伝いとしてベトナムの枯れ葉剤被害を受けた子どもたちへオーダーメイドの車いすをプレゼントしに行きます。その時のレポートを公開いたします。


ベトナムレポート
はじめに
参加者リスト
事前研修
旅行日程
メモ
学生レポート
清水友貴
播磨祥帆
松尾不二子
小池真理
山城実央
永田沙夕
町田咲
小泉悠
佐久間夏未
以前のレポート
[2010.10.23-24]
日本のスクールソーシャルワークは今
[2010.09.25]
子どもを中心とした総合的な支援を目指して
チラシ(PDF)

1年 播磨祥帆

盲学校について

 ホーチミンからバスで3時間ほどのタイニン省の盲学校へ行きました。そこは、今回お世話になっているベトナム育英会が奨学金支援をしているところです。

 その盲学校で、ベトナム人大学生の通訳により1人の女の子にインタビューすることができました。その子がどの程度まで目が見えるのかは、わかりませんが光はわかっているように感じました。その子に聞きたかった事は「将来の夢」。しかし、いきなりその質問を投げ掛けていいのかわからず、まず「何が好きか」を尋ねました。女の子の答えは「音楽」。そして、初めて会ったのにも関わらず私に歌を歌ってくれました。そして「将来の夢」を尋ねると彼女は「音楽の先生になりたい」と笑顔で答えてくれました。日本でさえも目の見えない人が先生になることは本当に難しい。けれど、彼女がもし音楽の先生になったら、きっと音楽の事以外にもたくさんの事を教えてあげられるのだろうと思いました。そして、同じような子どもたちに希望を与えることができるだろうとも思いました。だから、この女の子には今の夢を諦めないで、と最後に伝えました。しかし同時に、今の自分は子どもの将来の夢を聞いて、結果何もしてあげる事ができないという、ふがいなさも感じました。今、自分自身に出来ることはこの子の将来の夢を聞いて、それを誰かに伝えることだけです。しかし、いつかまた自分の力で子どもたちが自分の将来の夢に向かって諦めないで努力できる場所を提供できるようなことができたらなと思いました。

ページの先頭へ