イベントレポート
ベトナムレポート < 活動実績 < TOP
ベトナム研修レポート 2011

 本プロジェクトでは、社会福祉がわかる教員・教育がわかるソーシャルワーカーの育成を目指し、 広く<子どもの問題>について関心のある学生らで、さまざまな取り組みをしていこうと計画中です。

  第一回めは11月18日から22日にかけて、熊本のベトナム育英会さんのお手伝いとしてベトナムの枯れ葉剤被害を受けた子どもたちへオーダーメイドの車いすをプレゼントしに行きます。その時のレポートを公開いたします。


ベトナムレポート
はじめに
参加者リスト
事前研修
旅行日程
メモ
学生レポート
清水友貴
播磨祥帆
松尾不二子
小池真理
山城実央
永田沙夕
町田咲
小泉悠
佐久間夏未
以前のレポート
[2010.10.23-24]
日本のスクールソーシャルワークは今
[2010.09.25]
子どもを中心とした総合的な支援を目指して
チラシ(PDF)

3年 小池真理

盲学校

 訪問時にはベトナム育英会から奨学金を受けている生徒(男子生徒6名、女子生徒6名)がお花を持って迎えてくれました。この盲学校には小学校課程ですが、中学校学齢の子どもも数名在校しているとのことでした。「好きな教科は?」との質問に「英語」と答えてくれた子は英語で挨拶をしてくれ、英語で直接コミュニケーション出来る場面もありました。 奨学金については、与える側(ベトナム育英会)と受け取る側(盲学校)との奨学金に対する意識の差を垣間見ました。与える側は「奨学金は一援助にすぎず、奨学金に頼りすぎず教育に取り組んで欲しい。」との考えでした。しかし、受け取る側は「奨学金により学校に通えている子がいて、感謝しています。だからこそこれからもよろしくお願いします。」との発言をしていました。物質的援助に対する現状、課題を実際に見ることが出来ました。

パソコン教室

 枯れ葉剤の被害によって、両手に障がいを有しながら大学を卒業後パソコン教室を開いている、ルオンさんのパソコン教室を訪問しました。パソコン教室はホーチミン市から車で2時間以上かかり、道路も整備されていない田舎にあり、このような田舎でパソコン教室を開いている事は珍しく、訪問した時、沢山の子ども達がパソコンに向かって真剣に取り組んでいました。 砂ぼこりによりパソコンが壊れてしまう事が多いとのことで、昨年パソコンが設置してある場所を覆いました。しかし、覆ってしまった事により、通風が悪くなり、とても暑く、どうにかして欲しいとの要望があり、現状を見るために今回訪問しました。実際、パソコン教室の中は、真剣に取り組んでいる子ども達に関心する程とても暑く、サウナみたいでした。扇風機が1個しかない、明かりが暗いという改善するべき点を見つけ、今後ベトナム育英会が対応していきます。 ルオンさんは結婚され、お子さんに恵まれ、医者に胎児には障害がないと言われましたが、生まれてきた子どもはルオンさんと同じような障がいを有していました。このお子さんもパソコン教室に来ており、枯れ葉剤の被害の連鎖という事実を実感しました。それと同時に、この連鎖がいつまで続くのか…と枯れ葉剤がもたらしたものの大きさを感じたような気がします。

車椅子渡しレクチャー

 タイニン省のピースビレッジ(平和村)で3児(3歳男児2名、9歳男児)へ日本から持ってきた車椅子を手渡しました。右の写真の真ん中にいるのが9歳の男の子です。この子は支えがあれば自力で歩ける子でした。歩行訓練をすれば自力で歩ける可能性があるような子に車椅子を与える事に疑問を抱きました。その疑問とは、車椅子でなく、歩行器では良かったのではないか、もっと他に車椅子を必要としている子どもがいるのではないか、そして車椅子を与えられたことによるこの子の将来は…などの疑問でした。その疑問をベトナム育英会の人々に聞いてみると「ベトナムの人が欲しいと要望があったからで、具体的なその子の症状についての情報は聞いていない」とのことでした。決してベトナム育英会の人々がこの子達に渡すと決めたのではなく、現地の支援者がこの子達には車椅子が必要だと判断し要望し、要望に対してベトナム育英会が応えたのです。遠い地の異国の人が援助するという事の難しさがそこにはあるのだろうと思います。 この9歳の男の子は車椅子に乗せられて、すぐに自らの手で車椅子を動かしだしました。自ら車椅子を動かしているこの子の表情は、自らの力だけで動ける事を楽しんでいるように私にはみえました。異国の地からの物質的援助の在り方の難しさとともに、子どもの適応力の高さを実感しました。

ページの先頭へ