イベントレポート
ベトナムレポート < 活動実績 < TOP
ベトナム研修レポート 2011

 本プロジェクトでは、社会福祉がわかる教員・教育がわかるソーシャルワーカーの育成を目指し、 広く<子どもの問題>について関心のある学生らで、さまざまな取り組みをしていこうと計画中です。

  第一回めは11月18日から22日にかけて、熊本のベトナム育英会さんのお手伝いとしてベトナムの枯れ葉剤被害を受けた子どもたちへオーダーメイドの車いすをプレゼントしに行きます。その時のレポートを公開いたします。


ベトナムレポート
はじめに
参加者リスト
事前研修
旅行日程
メモ
学生レポート
清水友貴
播磨祥帆
松尾不二子
小池真理
山城実央
永田沙夕
町田咲
小泉悠
佐久間夏未
以前のレポート
[2010.10.23-24]
日本のスクールソーシャルワークは今
[2010.09.25]
子どもを中心とした総合的な支援を目指して
チラシ(PDF)

1年  小泉悠

ベトナムツアー4日目*スイティエン公園ウォーターパーク

 みんなの寄付で実現した、ベトナムの障害を持つ人たちへの1日バスツアープレゼント、午後はウォーターパークでプールに入って遊びました。私は水着を持っていたので、ウォーターパークに着くとすぐに先輩たちと一緒に更衣室で水着に着替えました。着替え終わり、荷物置き場に行くと、永田先輩が「ゆうちゃん、その眼鏡の子、下に連れて行ってあげて」と言ってくれたので、私はその眼鏡をかけた男の子と一緒にプールに入りました。この先輩の一言は、私にとってすごく嬉しいことで した。

 午前中、私はなるべくたくさんの人と話したいと思っていたので、いろんな人に話しかけていました。もちろん、この眼鏡をかけた男の子にも何回か話しかけていました。でも、なかなか私の問いかけに応えてくれず、私が一方的に話しかけてばかりいたので、「あの子と仲良くなりたいなあ」とぼんやりと思っていたのです。なので、永田先輩のおかげで仲良くなれるチャンスが私に与えられました。

 その子は、プールに入ると私に水をかけてはしゃいだり、滑り台のところまで駆けて行って、滑り台を大喜びで滑ったりと、とても楽しそうに遊んでいました。私も負けまいとその子に水をかけ返したり、一緒に滑り台をすべったりしました。浮き輪をゲットした時は、私はその子だけ乗せてプール内を動きまわりました。私は全然泳げないので、精一杯速く水中を走りまくりました。そうして2人で「キャーキャー」と遊んでいると、突然その男の子は浮き輪から降りて、「次は君が乗りなよ」(多分)と言ってくれました。私が浮き輪に乗ると、今度は男の子が私の乗っている浮き輪を引っ張ってプールの中をジグザグと進んでくれました。私を楽しませようとしてくれていることがすぐに分かりました。私が男の子を楽しませようとしてやったことを、男の子は、同じことを、それ以上のことを私に返してくれました。2人で交互に相手の浮き輪を引っ張りながらウォーターパーク内を回りました。途中、水が空中に勢いよく出ているところにわざと相手を連れて行って水を浴びせ合ったりして、お互いに笑い合っていました。本当に楽しくて、楽しい時間は本当にあっという間で、すぐに集合時間になってしまいました。
 帰る時、私と一緒に遊んでくれた眼鏡の男の子は、 私にハグをしてくれました。そして「バイバイ」と 手を振って笑顔で帰って行きました。最初は仲良く なれなかったし、言葉もお互いに全く分からなかっ たけど、思いは通じあえたと思います。本当に、本当に素晴らしい時間でした。

ページの先頭へ