イベントレポート
ベトナムレポート < 活動実績 < TOP
ベトナム研修レポート 2011

 本プロジェクトでは、社会福祉がわかる教員・教育がわかるソーシャルワーカーの育成を目指し、 広く<子どもの問題>について関心のある学生らで、さまざまな取り組みをしていこうと計画中です。

  第一回めは11月18日から22日にかけて、熊本のベトナム育英会さんのお手伝いとしてベトナムの枯れ葉剤被害を受けた子どもたちへオーダーメイドの車いすをプレゼントしに行きます。その時のレポートを公開いたします。


ベトナムレポート
はじめに
参加者リスト
事前研修
旅行日程
メモ
学生レポート
清水友貴
播磨祥帆
松尾不二子
小池真理
山城実央
永田沙夕
町田咲
小泉悠
佐久間夏未
以前のレポート
[2010.10.23-24]
日本のスクールソーシャルワークは今
[2010.09.25]
子どもを中心とした総合的な支援を目指して
チラシ(PDF)

3年 町田咲

サイゴン川クルーズ交流会

 3日目の夜は、サイゴン川のディナークルーズでの子どもたちとの交流会でした。

  この子どもたちは、HIVに感染しており、また様々な理由から親のもとで生活することができず、彼らを引き取った女性のもとで一緒に生活しているということでした。

 子どもたちは一緒に食事をしているとき、遊んでいるとき、ショーを見ているとき、本当に笑顔がきらきらしていて、本当に元気いっぱいでした。元気いっぱい過ぎて、一緒に遊ぶ私たちの方がくたくたになってしまうほどでした。そんな子どもたちの様子からは、彼らがいつ命を落としてもおかしくない状態にあるのだとは決して思えませんでした。

  秀嶋さんたちに話をうかがうと、日中は具合が良くなく外出などとてもできないそうです。去年の交流会にはいたけれど、今年は姿のない子もいると…。 また、子どもたちを自分のもとへ引き取り生活している女性についてのお話もうかがいました。彼女は以前に薬をやっていたことがあり、その後遺症を今も抱えながら、子どもたちの面倒を見ているそうです。私は当然のように、彼女は施設を営んでいるのだと思ったのですが、そうではなく個人で自分の家に引き取っているのだそうです。 こうした現実やこうした人々に触れ、帰国した今、支援とは何なのか、どうすべきなのか、何ができるのか、どう生きるべきなのかと自問自答が止まりません。

 ただ、今振り返ってみると、子どもたちを目の前にしているとき、私は今一緒に楽しい時間を過ごすことだけしか頭になかったように思います。そして本当に、みんなで一緒においしい料理を食べて、走り回って遊んだ時間は、とても楽しく素敵なものでした。

 子どもたちのきらきらの笑顔と、「ベトナムには自分の生活もかえりみず、困っている人に手を差し伸べる人がいるんだ」という秀嶋さんの言葉が今も心に残っています。

ページの先頭へ