【協働プロジェクト報告】英語をこれから学びたい人へ:留学経験者は知っている、使える英語の読み方ワークショップ


昨年度、英語多読コーナーが設置されたのに伴って、英語学習を支援するためのワークショップを開催しました。今年度も同様の内容で、「英語学習の支援」と「英語多読コーナーの告知」を目的にワークショップを開催しました。
今年度は4月20日、4月25日に、附属図書館にて英語多読教材を用いたワークショップを開催しました。昨年度に開催した時と同様、多くの人が参加してくれました。


ワークショップ冒頭は、アイスブレイクを行いました。その後は、ワークを行いながら「多読の重要性・コツ」についての理解を深めてもらいました。


ワーク後は、自由に多読教材を選択しお気に入りの一冊を探してもらいました。

2日間の開催で計40名程に参加して頂きました。純粋な興味から参加された方、留学を視野に参加された方など、さまざまな目的を持った方が集まりました。多読コーナーを知ってもらうだけではなく、参加者のニーズに対応できた会でした。

4年間ほど、附属図書館にてワークショップを開催していますが、附属図書館職員・Stellaの方の最近は広報の方で大変お世話になっております。数年前は、開催するも参加者0の会もありましたが、ご支援のおかげで満員となる会もでてきました。

6月下旬から7月上旬にかけて、英語学習を応援するためのワークショップを複数開催する予定です。ご関心のある方はポータルのお知らせを定期的にチェックしてみて下さい。

—————————————————————————————–
企画・実施者:川上雅弘(本学修士課程1年英語教育専攻、ラーニングコモンズ クリエーター)
プロフィール
2012年:本学K類多言語多文化専攻入学
2014年:キャンベラ大学留学
2017年:本学修士課程英語教育専攻入学
TOEIC940点

協力:附属図書館ラーニングコモンズ協働プロジェクト

後援:東京学芸大学公認サークル
codolabo学生部門stella