ラーニングコモンズ協働プロジェクト募集のお知らせ

附属図書館では、図書館1階ラーニングコモンズやグローバルコモンズで
学習イベントを行ってくれる本学の学生(個人または団体)を募集しています。

学習に関するイベントで要件を満たしたものであれば、どなたでもお申込みいただけます。

【ワークショップやセミナーを企画するメリット】

  • イベントを企画する力やファシリテーションの能力を身に着けることができます
  • 学内外を問わず同じ興味・関心を持つ多くの人とつながりを持つきっかけになります
  • 1つの企画から新たな企画が生まれ、次のイベントにつながります

協働プロジェクトに参加すると以下のような支援が受けられます。

【協働プロジェクトメンバーへの支援】

  1. ワークショップやセミナーの内容についてのアドバイス
  2. 図書館1階ラーニングコモンズやグローバルコモンズの会場利用
  3. 学芸ポータルでの広報や大判ポスターの印刷費補助

イベントの企画が初めての方や、新しいイベントを企画したいと思っている方には
ワークショップやセミナーのタイムスケジュール、ワークの内容について
職員が相談に乗り、アドバイスいたします。

以前ラーニングコモンズや他の場所で行ったイベントを図書館でもやってみたいという方も、
お気軽にご相談ください。

自分が学んだことを生かして何か新しいことをやってみたいと思っている方、
自分でワークショップやセミナーを企画してみたいと思っている方、
この機会にぜひお申込みください。

応募方法はこちらをご覧ください。

-------------------------------------------

ラーニングコモンズ協働プロジェクトとは?

ラーニングコモンズ協働プロジェクトは
東京学芸大学附属図書館ラーニングコモンズにおける学習支援の充実を図るため、
2018年度から新たに始まった取り組みです。
ラーニングコモンズを活用した学習活動を行うプロジェクトを
ラーニングコモンズ協働プロジェクトとして認定し、
学習活動の継続的な運営を附属図書館が支援します。

-------------------------------------------

これまでの実践事例

 

ラーニングコモンズ協働プロジェクト募集要領

■採択条件
①原則以下の実施期間内に完結するプロジェクトであること。
2018年4月2日(月)~2019年3月29日(金)
②ラーニングコモンズを活用した学習活動を継続的に行うプロジェクトであること。
(最低1回はセミナーやワークショップを実施すること。)
③プロジェクトメンバーは以下の体制条件を満たすこと。
・プロジェクト申請者(代表者)が本学の学生であること。
・プロジェクト責任者が本学の教職員であること。
・3分の2が本学の学生であること。

■審査基準
・本学学生の学習に貢献できているか
・実現可能性
・活動実績(※このプロジェクト以外での実績があれば)

■支援内容
・ラーニングコモンズの利用
・ラーニングコモンズの予約の簡素化
・ポスターやチラシの印刷
・附属図書館Webページや学芸ポータルでの情報発信
・消耗品(筆記用具等)の貸与および購入支援

-------------------------------------------

*応募方法*

お申込み前に「ラーニングコモンズ協働プロジェクト実施要項」をご確認ください。

ラーニングコモンズ協働プロジェクト申請書をダウンロード
※押印が必要な書類になりますので、図書館カウンターに直接ご提出ください。

-------------------------------------------

 

ラーニングコモンズ協働プロジェクトへのお問い合わせは
お問い合わせフォームからお願いいたします。

みなさまのご応募、お待ちしております。