中野幸夫

国立大学法人 東京学芸大学 教育学部 自然科学系 広域自然科学講座 環境科学分野

准教授


・経歴

最終学歴:京都大学大学院工学研究科博士後期課程分子工学専攻修了(2003年3月)

学位:博士(工学)(京都大学) 「Kinetic Study of Reactive Halogen Species in Atmospheric Chemistry」(2003年3月)

職歴:

2003年4月− 2007年3月 広島市立大学 情報科学部 助手

2007年4月− 2010年3月 広島市立大学 大学院 情報科学研究科 講師 

2010年4月− 2010年9月 広島市立大学 大学院 情報科学研究科 准教授

2010年10月− 東京学芸大学 教育学部 自然科学系 広域自然科学講座 環境科学分野 准教授 (現在に至る)

2012年10月−2016年3月 東京農工大学 非常勤講師 「環境科学」担当

2010年10月− 東京学芸大学大学院 教育学研究科 (修士課程) 理科教育専攻 担当 (現在に至る)

2015年4月− 東京学芸大学大学院 連合学校教育学研究科(博士課程) 自然系教育講座 主指導教員 (現在に至る)

2015年12月− 東京学芸大学 学長補佐 (現在に至る)


・専門分野

大気環境化学、化学反応速度論、物理化学

研究対象は、地球温暖化問題、オゾン層破壊、酸性雨などの大気環境問題です。これらの大気環境問題がどのようにして起こるかについて、物理化学的手法を用いて解明することを目的としています。


トップに戻る