学校図書館の日常   (トピックス・よみきかせ・ブックトーク・広報・展示・レファレンス)

 下にスクロールしてください。よみきかせ・ブックトーク・展示など6つの話題がでてきます。
 

学校図書館トピックス

学校図書館トピックス >> 記事詳細

2014/09/24

学校図書館における「合理的配慮」について

Tweet ThisSend to Facebook | by 中山(主担)

専修大学文学部教授 野口武悟

1.求められる「合理的配慮」の提供

 2014年1月、日本政府は「障害者の権利に関する条約」(障害者権利条約)に批准しました。また、この批准に先立つ20136月に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)が制定され、20164月から施行されることになっています。この障害者差別解消法の施行によって、障害のある児童生徒に対する「合理的配慮」の提供が、国公立学校では義務、私立学校では努力義務となります。当然、学校内に設けられている学校図書館にも当てはまります。

20135月現在、義務教育段階の児童生徒だけでみても、3.11%の児童生徒が特別支援教育を受けています。3.11%の内訳は特別支援学校0.65%、小学校・中学校(特別支援学級や通級による指導)2.46%となっています。つまり、小学校・中学校で特別支援教育を受けている児童生徒の割合の方が特別支援学校よりも高い現状にあります。これに加えて、小学校・中学校の通常の学級には、発達障害(学習障害、注意欠陥多動性障害など)の可能性のある児童生徒が6.5%程度(40人学級に23人程度)在籍しているものと推計されています。こうした現状から明らかなように、すべての学校に何らかの障害のある児童生徒が在籍しているものと考えられています。「合理的配慮」の提供は、すべての学校が行わなければならない実践課題なのです。

 

2.「合理的配慮」の定義

 では、「合理的配慮」とは何でしょうか。障害者権利条約では、「障害者が他の者との平等を基礎として全ての人権及び基本的自由を享有し、又は行使することを確保するための必要かつ適当な変更及び調整であって、特定の場合において必要とされるものであり、かつ、均衡を失した又は過度の負担を課さないものをいう」としています(同条約第二条)。 

学校現場に即して捉えるならば、


06:53

よみきかせ

よみきかせ
12345
2019/11/10new

あなたにとって、平和とは?

Tweet ThisSend to Facebook | by 岡島(主担)
 6年生によみきかせした本を紹介します。
 この本は、ノーベール平和賞受賞者の12人をとりあげ、生き方やそれぞれの平和に対しての考えが書かれています。絵も美しく、文章もわかりやすく、地図や年表・ことばの説明・受賞者のことがもっと詳しくわかる本のリストも掲載されています。
 それぞれの平和の思いを知り、子どもたちといっしょに平和について考えました。

『PEACE AND ME わたしの平和』ノーベル平和賞12人の生き方
アリ・ウィンター 文 ミカエル・エル・ファティ 絵  中井はるの 訳
かもがわ出版













「平和とは困っている人を助けること (赤十字を作ったジャン・アンリ・デュナン)・だれもに住む家があること(フリチョフ・ナンセン)・人に生きるための技術をあたえること(ジェーン・アダムズ)・だれひとり、おなかをすかせることがないようにすること(ジョン・ボイド・オア)・すべての人びとが平等であること(キング牧師)・苦しい立場にいる人たちを思いやること(マザー・テレサ)・人をゆるす方法をみつけること(ツツ牧師)・すべての民族を認めること(リゴベルタ・メンチュウ)・だれもがもつ権利を大切にすること(ネルソン・マンデラ)・声なき人の声をきくこと(シーリーン・エバーディ)・環境をまもること(ワンガリ・マータイ)・どの子も学校にいけるようになること(マララ・ユスフザイ)」

 子どもたちは、マララ・ユスフザイさんのページに釘付けになっていました。
5年のときに『ワンガリ・マータイとケニアの木々』 ドナ・ジョーナポリ 鈴木出版を読み聞かせしたので、ワンガリ・マータイさんのページでは「知っている」と声をあげていました。

子どもたちの感想は、
「平和とはみんなが最高の人生(幸せ)をおくれることだと思います。」女子
00:11
12345

ブックトーク

ブックトーク
12345
2019/11/08new

環境を考える

Tweet ThisSend to Facebook | by 松岡(主担)
 小金井小では図書の時間に読み聞かせを行っています。
ブックトークとまではいきませんが,
読んだ本に関連付けて毎回数冊の本を紹介をしています。
 読み聞かせの本は大抵自分で選びますが時には先生や児童から「次の読み聞かせでこの本を」と薦めてもらうこともあります。
 今回2年生の児童が「この本面白かったよ。次の図書の時間に読んで。」とこちらの本を薦めてくれました。










『もったいないばあさんかわをゆく』
 真珠まりこ/作・絵
 講談社


 人気シリーズもったいないばあさんといっしょに水のはじまりをたどり、水の赤ちゃんの一生を見つめます。すべての命の源である水の旅を知ることができると同時に、人の住むところから出たごみによって水が汚れ、小さな生き物が困っている様子も描かれている作品です。
11:06
12345

広報(お薦め本)

授業に役立つ本を紹介します!
12345
2019/11/05new

研修に役立てよう

Tweet ThisSend to Facebook | by 金澤(主担)
『学校司書研修ガイドブック 現場で役立つ23のプログラム』
           学校図書館まなびの会  玉川大学出版部 
 
 第一部では、「研修を始める前に」ということで、学校図書館に関する基本的なことを解説。第二部から研修プログラムを具体的に紹介している。研修のめあて・対象者・講師・準備するもの・研修プログラムの内容と時間配分まで、丁寧に解説してくれている。この通りに行えば、研修がすぐに実施できそうだ。
 研修を主催する側にはもちろん役立つが、学校司書はどんな事を知っていなければならないか、どんな技能が学校司書として必要かを再確認するためにも役立つ本だと思う。
23:08
12345

レファレンス

レファレンス
12345
2019/11/11new

私の主張発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by 井谷(主担)
 本校では毎年2年生が12月に「私の主張発表会」を行います。今年度も既にその準備が始まりました。

最終的には各自8001600字の文章を書きますが、10月にまずはスタート地点としての400字を書きました。そして、その内容を充実させるために、各クラス1時間ずつ図書館で資料を探す時間をとりました。ただ自分の考えを述べるだけの作文ではなく、また調べたことをまとめるだけのレポートでもなく、資料によって自分の考えを膨らませ、説得力のある文章を書こうというものです。

 テーマとしては、「プラスチック海洋汚染」「食品廃棄」「アニマルライツ」「差別・人権」「香港のデモ」などの社会性のあるものから、「自分の未来」「先輩後輩」「幸せとは」「スマホとの付き合い方」などの身近な事柄や自分の内面と向き合うものなど、様々でした。自分でうまく資料を見つけられない生徒には、「どのような方向性の主張にするつもりなのか」を聞きながら、本を提供していきました。また、現在進行形のことに関しては館内に4紙ある新聞で確認したり、20台あるタブレットで具体的な数値の裏付けをとったりと、それぞれのテーマにあった資料を提供できるよう心がけました。


16:37
12345

テーマ展示

テーマ展示
12345
2019/11/12new

11月のハッピーハロウィン(図書委員会の活動)

Tweet ThisSend to Facebook | by 富澤(主担)

 本校では、毎学期、各委員会でそれぞれの特色をだした「独自の活動」というものを行っています。

  10月の委員会の際に、2学期の図書委員会は「独自の活動」として「ハロウィン・キャンペーン」を行うことが決まりました。


16:28
12345
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する