学校図書館の日常   (トピックス・よみきかせ・ブックトーク・広報・展示・レファレンス)

 下にスクロールしてください。よみきかせ・ブックトーク・展示など6つの話題がでてきます。
 

学校図書館トピックス

学校図書館トピックス >> 記事詳細

2014/09/24

学校図書館における「合理的配慮」について

Tweet ThisSend to Facebook | by 中山(主担)

専修大学文学部教授 野口武悟

1.求められる「合理的配慮」の提供

 2014年1月、日本政府は「障害者の権利に関する条約」(障害者権利条約)に批准しました。また、この批准に先立つ20136月に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)が制定され、20164月から施行されることになっています。この障害者差別解消法の施行によって、障害のある児童生徒に対する「合理的配慮」の提供が、国公立学校では義務、私立学校では努力義務となります。当然、学校内に設けられている学校図書館にも当てはまります。

20135月現在、義務教育段階の児童生徒だけでみても、3.11%の児童生徒が特別支援教育を受けています。3.11%の内訳は特別支援学校0.65%、小学校・中学校(特別支援学級や通級による指導)2.46%となっています。つまり、小学校・中学校で特別支援教育を受けている児童生徒の割合の方が特別支援学校よりも高い現状にあります。これに加えて、小学校・中学校の通常の学級には、発達障害(学習障害、注意欠陥多動性障害など)の可能性のある児童生徒が6.5%程度(40人学級に23人程度)在籍しているものと推計されています。こうした現状から明らかなように、すべての学校に何らかの障害のある児童生徒が在籍しているものと考えられています。「合理的配慮」の提供は、すべての学校が行わなければならない実践課題なのです。

 

2.「合理的配慮」の定義

 では、「合理的配慮」とは何でしょうか。障害者権利条約では、「障害者が他の者との平等を基礎として全ての人権及び基本的自由を享有し、又は行使することを確保するための必要かつ適当な変更及び調整であって、特定の場合において必要とされるものであり、かつ、均衡を失した又は過度の負担を課さないものをいう」としています(同条約第二条)。 

学校現場に即して捉えるならば、


06:53

よみきかせ

よみきかせ
12345
2020/07/12

マイバッグつかってますか? 『ポリぶくろ 1まい、すてた』

Tweet ThisSend to Facebook | by 井谷(主担)

 2020年7月から、買い物でのレジ袋が原則有料化されました。コロナ禍にあって、すでに自前のエコバッグを持ち歩く人が増えている中、この流れに大きな抵抗もなく人々は対応しているようです。

 この時期にぜひ、教室や図書館で読んでほしい本が今年度の青少年読書感想文全国コンクールの小学校中学年の部で課題図書にとりあげられたこの絵本です。

「ポリぶくろ、1まい、すてた」

ミランダ・ポール作

エリザベス・ズーノン絵

藤田千枝訳

さ・え・ら書房




 
もう小学校では読み聞かせされた方もたくさんいらっしゃるかもしれません。

 近年総合の学習の中でとりあげられるSDGs(Sustainable Development Goalsの略=持続可能な開発目標)の17の目標にも、この絵本にでてくるポリ袋ごみ問題は深くかかわっています。ポリ袋は土へ分解されないのでゴミとして残り、このゴミを食べた動物や魚がたくさん死んでいます。

 本書は 西アフリカのガンビア共和国でポリ袋のリサイクルに取り組んでいるアイサトさんの実話をもとにかかれています。アイサトさんがポリ袋のリサイクル運動を始めたのは1998年のことだそうです。末にはアイサトさんの活動とその活動の発展の様子が年表で掲載されています。また本書のイラストをてがけたのは、西アフリカ出身の画家エリザベス・ズーノンさんです。カラフルな紙と使い古しのポリ袋をつかって描かれたコラージュ風の絵は、生命力あふれる色と光と陰に満ちています。

 プラスチックごみについての問題は、小学校の授業の中のみでなく、中学校の総合の授業でもSDGsとの関連でよく取り上げられるテーマの一つです。中学校の総合学習の際に、この絵本の読み聞かせを図書資料紹介の導入につかうこともできるかなと思い、今年度はこちらの絵本を本校では購入しました。

 絵本の最後には、作者ミランダ・ボールさんによる読み聞かせやアイサトさんのスピーチなどのサイトの情報がQRコードで掲載され、関連する価値ある情報に私たちを結び付けてくれます。こちらの情報は英語によるものですが、外国語学習にも役立てられるかもしれないとも思います。この一冊の絵本は、学校図書館での様々な活用の可能性を感じさせてくれます。

        (東京学芸大学附属小金井中学校 学校司書 杉本ゆかり)


16:06
12345

ブックトーク

ブックトーク
12345
2020/07/12

[戦争について考える」

Tweet ThisSend to Facebook | by 金澤(主担)
 6年生に「戦争について考える」というテーマで本を紹介しました。今回は、読み物に限定しての紹介です。戦争の事実を知るということだけではなく、その本を読んで戦争について考えて欲しと思い選んだ本です。

『ゾウと旅した戦争の冬』マイケル・モーパーゴ(作)杉田七重(訳)徳間書店
 リジーは、第二次世界大戦下のドイツで母と弟と三人で暮らしていました。父は、ロシア戦線へ行って不在だったのです。動物園で働いていた母は、ある日、子象を連れて帰ってきました。戦争が激しくなり、猛獣は射殺されることになったため、母は、子象を守るために家に連れてきたのでした。しかし、空襲で家を失ったリジー一家は、その子象と一緒に安全な場所へと逃げることになりました。途中、敵国の兵士と出合います。複雑な気持ちのリジーでしたが・・・
 介護施設に入所しているリジーが、介護職員とその息子に16歳の頃に体験した戦争を語るという形式で話が進んでいきます。
14:14
12345

広報(お薦め本)

授業に役立つ本を紹介します!
12345
2020/07/08

漫画で知る女性の権利と人権

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)
 こちらの本『ウーマン・イン・バトル』マルタ・ブレーン文、イェニー・ヨルダン絵 2020年 合同出版 では、19 世紀から現代に至るまで、女性の権利と人権のために闘った13人の女性を、ノルウェー人の作家と画家による漫画でわかりやすく紹介しています。
 その一人目に紹介されているのは、アメリカ人のエリザベス・キャディー・スタントン。彼女が生まれたのは19世紀です。現在21世紀ということを考えると、女性の権利が認められるようになったのは、わずか数百年のことだということがわかります。
 ではそれまで女性とは、どのような存在だったのでしょうか。当然参政権もなく、結婚の決定権は親にありました。結婚してからも夫に従うのは当然。女性は成人とは見なされず、子どもや奴隷と同様の扱いだったのです。
 そうしたなか、アメリカで、フランスで、イランで、世界のあちらこちらで自分たちの権利を求め、女性たちが立ち上がりました。その中の一人ドイツのローザ・ルクセンブルクは「行動しない自分が鎖につながれていることにすら気づかない」と、自分の身に危険が迫ることも恐れず、女性として闘う道を選びます。
 おそらくこの本で紹介されいている13人の女性のなかで、多くの生徒が知っているのは2014年にノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんだけではないかと思います。しかし、今私たちが当然のように行使している女性の権利は、自らの命をかえりみずに闘った多くの女性たちの犠牲があることを、心に留めさせてくれる一冊です。
13:33
12345

レファレンス

レファレンス
12345
2020/07/10

「み」がない?(『ミッケ!』だけではない「絵探し遊び」の本)

Tweet ThisSend to Facebook | by 富澤(主担)

先日、1年生の来館時に「『み』がない!」という声がしたので、何事かと驚きつつ、話を聞いてみると、絵本の棚は、本が「あいうえお」順に並んでいることはわかったけれど、「み」の棚が見つからない、ということでした。この場合、本校ではただ「み」の棚を教えるだけだと、子どもが探している本が見つからない確率が高いので注意が必要です。子どもは「『み』からはじまる題名の絵本を探している」のに、絵本は「画家の苗字の五十音順で並べてある」ため、ミスマッチがおきやすいからです(子どもたちが、字よりも絵のほうを良く覚えているので、同じ画家の本が隣り合わせに並んでいるほうが本を選びやすく、また勧めやすいため、絵本については「画家順」を採用しています)。
そこで、「『み』からはじまる本をさがしているの?『ミッケ!(ウォルター・ウィック作、小学館)』かな?」と聞いたところ、案の定でした。『ミッケ!』は、知っている子も多く、特に低学年には人気で、何冊か所蔵してはいるものの、全部貸出になって、棚にない場合も多いのです。こういうときは、ただ「ない」と言うのではなく、いくつか、『ミッケ!』のように「絵探し遊び」ができる本を紹介することにしています。   
例えば、『とこちゃんはどこ』(松岡 享子∥さく/加古 里子∥え、福音館書店)
は、ちょっと目を離すと、すぐ「とことこ」どこかへ行ってしまう元気な男の子を、細かく描きこまれた大勢の人の中から探す本です。
他にも・・・


17:44
12345

テーマ展示

テーマ展示
12345
2020/07/01

「世界10代コロナ会議」に参加しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 岡田(主担)
 5月に、学芸大学附属高等学校の生徒5人が取材を受けて「世界10代コロナ会議」が製作されました。

「世界10代コロナ会議」
前編 7月2日(木)22:00〜 Eテレ
後編 7月9日(木)22:00〜 Eテレ
第2回の再放送 7月12日(日)14:30〜
で放映されます。
NHK_PRサイトに予告動画が掲載されています。

https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/trailer.html?i=24144

世界の若者がどのようにコロナを感じ、受け取り、行動したか。
各自が自撮りした本音で語り合います。
テーマは「オンライン授業とは?」「コロナの影響を受けた学費の話」他
参加国は日本、アメリカ、ブラジル、アルゼンチン、台湾、ドイツなど多様な地域の13歳から18歳の若者が参加しています。

ぜひご覧ください。


 
図書館でも新型コロナウイルスの関連展示・広報を行っています。
医大に進学する生徒も多い学校ですので医学関連書籍を。
生物の課題ではウイルスのレポートが出ますので新書を。
在宅勤務中のリモート司書部会で話題になった岡田晴恵さんの『病気の魔女と薬の魔女』を。
妖怪「アマビエ(コ?)とは何!!」と色々な側面からの展示を試みました。
この状況での学業との両立を一人一人が考える展示となるように願っています。


              (東京学芸大学附属高等学校 司書 岡田和美)


15:38
12345
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する