学校図書館の日常   (トピックス・よみきかせ・ブックトーク・広報・展示・レファレンス)

 下にスクロールしてください。よみきかせ・ブックトーク・展示など6つの話題がでてきます。
 

学校図書館トピックス

学校図書館トピックス >> 記事詳細

2014/09/24

学校図書館における「合理的配慮」について

Tweet ThisSend to Facebook | by 中山(主担)

専修大学文学部教授 野口武悟

1.求められる「合理的配慮」の提供

 2014年1月、日本政府は「障害者の権利に関する条約」(障害者権利条約)に批准しました。また、この批准に先立つ20136月に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)が制定され、20164月から施行されることになっています。この障害者差別解消法の施行によって、障害のある児童生徒に対する「合理的配慮」の提供が、国公立学校では義務、私立学校では努力義務となります。当然、学校内に設けられている学校図書館にも当てはまります。

20135月現在、義務教育段階の児童生徒だけでみても、3.11%の児童生徒が特別支援教育を受けています。3.11%の内訳は特別支援学校0.65%、小学校・中学校(特別支援学級や通級による指導)2.46%となっています。つまり、小学校・中学校で特別支援教育を受けている児童生徒の割合の方が特別支援学校よりも高い現状にあります。これに加えて、小学校・中学校の通常の学級には、発達障害(学習障害、注意欠陥多動性障害など)の可能性のある児童生徒が6.5%程度(40人学級に23人程度)在籍しているものと推計されています。こうした現状から明らかなように、すべての学校に何らかの障害のある児童生徒が在籍しているものと考えられています。「合理的配慮」の提供は、すべての学校が行わなければならない実践課題なのです。

 

2.「合理的配慮」の定義

 では、「合理的配慮」とは何でしょうか。障害者権利条約では、「障害者が他の者との平等を基礎として全ての人権及び基本的自由を享有し、又は行使することを確保するための必要かつ適当な変更及び調整であって、特定の場合において必要とされるものであり、かつ、均衡を失した又は過度の負担を課さないものをいう」としています(同条約第二条)。 

学校現場に即して捉えるならば、


06:53

よみきかせ

よみきかせ
12345
2019/07/12

5年生への読み聞かせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 井谷(主担)

羽村市立栄小学校 教諭 武藤ゆかり


 本校では、もう20年近く、保護者OBから発足した地域の読み聞かせボランティアサークルの方が、週2回の朝の時間に、低学年に読み聞かせをしてくださっています。おかげで、子どもたちは本が大好き。しかしながら、中学年から高学年になるにつれて本が好きな子とそうでない子の二極化が生じてしまうのです。そんな瀬戸際の5年生に、絵本の読み聞かせをさせてもらいました。果たしてどんな反応を見せてくれるでしょうか。


1冊目は、ウォーミングアップ 。

『ねえ、どれがいい?』

ジョン・バーニンガム 作

まつかわまゆみ 訳 

評論社      



09:19
12345

ブックトーク

ブックトーク
12345
2019/07/16

同じ作者の本なのに!?

Tweet ThisSend to Facebook | by 富澤(主担)

 「ブックトーク」と言えるかどうかわかりませんが、図書館での分類・配架について学ぶ活動の導入として、作者が同じで、異なる分類に配架されている本を何冊か紹介してみたところ、子どもたちが興味をもってくれました。

 2年生が、1学期に国語の「図書館で本をさがそう」という単元を図書の時間で行ったときのことです。マルチメディア室(学校図書館の本校での呼び名)の白地図に、ラベルに合わせた色(本校では、NDC3ケタの数字と、ラベルの色を変えることで分類を表示しています)をぬる活動をしました。

 「導入として読み聞かせもしてほしい」という担当の先生のご希望でしたが、読み聞かせにとれる時間があまりありません。そこで、詩の本を紹介することにしました。棚をめぐっていると、様々な分類に谷川俊太郎作の本が入っていることに気付きましたので、子どもたちにラベルに注目してもらう素材として、異なる分類から4冊を選んで紹介しました。

 まず、著者を意識してもらうため「今日は、谷川俊太郎さん、という人の書いた、おもしろい詩の本を紹介します」と言って、「絵本」に分類されている『わたし』を全部読みました。

 

 

 

 

 

『わたし』

谷川 俊太郎 ぶん/長 新太 え 福音館書店

 



11:51
12345

広報(お薦め本)

授業に役立つ本を紹介します!
12345
2019/07/11

途上国の女性の生活改善にむけて

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)
  SGH(スーパー・グローバル・ハイスクール)指定校である本校では、さまざまな国際的課題を取り上げて研究をしている生徒たちがいます。

 その中でも、毎年開発途上国における貧困や女性の労働について取り上げる生徒がおり、メディアセンターでは関連資料を取りそろえるようにしています。特に生徒たちの参考になっているのは、こちらの
『Women Empowerment 100: 世界の女性をエンパワーする100の方法』
ベッツィ・トイチュ著 松本裕(訳)英治出版 2016年 

 貧困解決のためには、女性はどのような取り組みが可能であるのかを、「保健」「健康」「エネルギー」「水と衛生施設」「家事を支えるエネルギー」の5つ分野から具体的アイデアを100事例あげています。
 水を使った電気のいらないペットボトルの「ソーラーライト」や陶器と濡れた砂でつくられた「蒸発冷却器」など、便利な日本で暮らしている私たちには〝こういう小さな工夫で、生活が改善されるのね!”と、驚くばかりです。また逆に、途上国の女性がどのような困難を抱えているのか、ということもさまざまな事例を通じて知ることができます。

 極力お金をかけず、それぞれの国で貧困解決のために女性が取り組めるアイデアの数々は、SGHの研究をしている生徒だけではなく、世界に目を向ける視点として他の生徒たちにもぜひ紹介したいと思っています。
(東京学芸大学附属国際中等教育学校:司書 渡邊 有理子)
12:49
12345

レファレンス

レファレンス
12345
2019/07/11

ゲームから広がる好奇心

Tweet ThisSend to Facebook | by 松岡(主担)
 ある日小4の男の子から「化学変化がわかる本はありませんか?」と聞かれました。
元素記号についての本や周期表が載っている化学の本をいくつか提示したのですが「うーん」といまひとつな様子。
 詳しく話を聞いてみると「マインクラフト」というゲームで化学式を使ってアイテムを作ることができるため、化学式がわかる本を読みたいということでした。
 本校の図書館だけでは彼が納得いく本が見つからず、附属の司書さんのネットワークや地域の協力貸出しを利用して、
借りてきた本を実際に手に取ってもらい、2冊の本を借りていきました。

                                 
『化学変化のひみつ 身近なふしぎが原子でわかる』
小森栄治/監修 PHP








   『ビーカーくんのゆかいな化学実験』
      うえたに夫婦/著 誠文堂新光社
14:17 | 小学生
12345

テーマ展示

テーマ展示
12345
2019/07/03

林間学校 妙高登山

Tweet ThisSend to Facebook | by 岡田(主担)
 本校は林間学校として1年生全員が妙高登山を行います。
目的は 1.自然の中で生活し、自然に対する理解を深める。
    2.登山を通して、自分自身の体力の限界に挑む。
    3.共同生活の中での相互の親睦と全体の秩序を大切にする。

初めて登山をする生徒や、登山道具は何をそろえればいいのかわからない生徒から
山岳部で山が大好きという生徒までが、楽しく有意義に感じる展示を心がけています。
早速「槍ヶ岳を夏休み中に縦走登山します」という生徒が本を借りて行きました。



11:36
12345
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する