学校図書館の日常   (トピックス・よみきかせ・ブックトーク・広報・展示・レファレンス)

 下にスクロールしてください。よみきかせ・ブックトーク・展示など6つの話題がでてきます。
 

学校図書館トピックス

学校図書館トピックス >> 記事詳細

2014/09/24

学校図書館における「合理的配慮」について

Tweet ThisSend to Facebook | by 中山(主担)

専修大学文学部教授 野口武悟

1.求められる「合理的配慮」の提供

 2014年1月、日本政府は「障害者の権利に関する条約」(障害者権利条約)に批准しました。また、この批准に先立つ20136月に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)が制定され、20164月から施行されることになっています。この障害者差別解消法の施行によって、障害のある児童生徒に対する「合理的配慮」の提供が、国公立学校では義務、私立学校では努力義務となります。当然、学校内に設けられている学校図書館にも当てはまります。

20135月現在、義務教育段階の児童生徒だけでみても、3.11%の児童生徒が特別支援教育を受けています。3.11%の内訳は特別支援学校0.65%、小学校・中学校(特別支援学級や通級による指導)2.46%となっています。つまり、小学校・中学校で特別支援教育を受けている児童生徒の割合の方が特別支援学校よりも高い現状にあります。これに加えて、小学校・中学校の通常の学級には、発達障害(学習障害、注意欠陥多動性障害など)の可能性のある児童生徒が6.5%程度(40人学級に23人程度)在籍しているものと推計されています。こうした現状から明らかなように、すべての学校に何らかの障害のある児童生徒が在籍しているものと考えられています。「合理的配慮」の提供は、すべての学校が行わなければならない実践課題なのです。

 

2.「合理的配慮」の定義

 では、「合理的配慮」とは何でしょうか。障害者権利条約では、「障害者が他の者との平等を基礎として全ての人権及び基本的自由を享有し、又は行使することを確保するための必要かつ適当な変更及び調整であって、特定の場合において必要とされるものであり、かつ、均衡を失した又は過度の負担を課さないものをいう」としています(同条約第二条)。 

学校現場に即して捉えるならば、


06:53

よみきかせ

よみきかせ
12345
2019/01/04new

出合いの場

Tweet ThisSend to Facebook | by 富澤(主担)

 12月になり、クリスマス気分が盛り上がってくるのにあわせ、クリスマスの本を集めて、表紙が見えるように並べておきました。すると、他の本がつぎつぎと手に取られていくのに、動かない本があることが見えてきます。題名に「サンタ・クロース」や「クリスマス」といったわかりやすい単語がなく、表紙も、上品で美しく洗練されているのですが、一見地味でどんなお話なのか想像がつきにくいこの本も、ずっと棚に残ったままでした。
『ちいさなろば』(ルース・エインズワース/ 石井桃子/ 酒井信義 画)福音館書店

いつもひとりぼっちでさびしい、ちいさなろば。クリスマス・イブの夜、サンタ・クロースに足を痛めたトナカイの代わりを頼まれ、応じます。すると翌朝、目をさましたろばが目にしたのは、願いどおりのすばらしい贈りものでした。

 水彩画の絵も美しく、お話の内容とあいまって、クリスマスにふさわしい温かさを感じさせてくれる良い絵本なのに、もったいない。それならば、と
2年生の一つのクラスに読み聞かせしました。とても集中して聞いていて、「贈りもの」が登場した場面では、感嘆の声があがります。最後に、表表紙にはちいさなろばがさみしげにひとりぼっちでたたずんでいるけれど、裏表紙では、「贈りもの」と一緒に楽しそうにしている姿が描かれていることも、あらためて表紙と裏表紙を見せながら伝え、本をとじました。すると、ため息とともに「こういうお話はいいねえ」と、まるでこちらの意図をくんだような声が聞こえてきたので、うれしいやらおかしいやら、思わず頬がゆるんでしまいました。


良い本なのに、題名と表紙だけの情報では、手にとられにくい本は他にもたくさんあります。

例えば・・・



21:10 | えほん
12345

ブックトーク

ブックトーク
12345
2019/01/07new

大そうじ、きっちり?いいかげん?

Tweet ThisSend to Facebook | by 松岡(主担)
 2学期末、図書館ではクリスマスだけではなく日本の冬の風習にまつわる読み聞かせもしたいと考えて、
冬至や大そうじなどをキーワードにした本の紹介を行いました。
 そのうち「掃除」に関連付けた本を探してみると、きれい好きもしくは掃除や片づけはきらい!という登場人物は絵本や物語に意外に多くいること、そしてそれぞれを対比させるとなかなか面白いことに気づきました。一部ですがそのユニークな登場人物とお話を紹介いたします。

 1冊目は新しく入った本より








『きっちり・しとーるさん』

おのりえん/作・絵 こぐま社


 家でも仕事場でもきっちりしている、しとーるさん。仕事場はきっちり本がそろったしずかな図書館。頭の中もきっちりしているのできっちりしていないことがあると時々いらっとしてしまいます。そんなしとーるさんに起こる雪の日の「とくべつなこと」とは…。
 きれい好きゆえに四角四面に考えがちな主人公の角をとってくれる周囲のやわらかな発想や事件が笑いをさそう楽しい物語です。
11:36
12345

広報(お薦め本)

授業に役立つ本を紹介します!
12345
2019/01/14new

『自分の"好き"を探究しよう!』

Tweet ThisSend to Facebook | by 村上
『自分の"好き"を探究しよう!;
  お茶の水女子大学附属中学校「自主研究」のすすめ』

    お茶の水女子大学附属中学校[編]
               明石書店 2018年10月31日 



 40年続くというお茶の水女子大学附属中学校(以下、お茶中)の「自主研究」についての本です。「自主研究」とは、「自分の興味・関心があること、好きなこと、やりたいことを自分で決めて、自分のやり方で実行できる」学習です。

    「やらされ感」のない学習。「やりたい課題」に「個人で取り組む学習」と、Ⅰ章の「『自主研究』の魅力」に説明があります。「駅弁を作ろう」などの生徒の実際の発表の図や写真つきの記録をご覧ください。それは好奇心の赴くままに自分の好きなことに取りくみ、やりたいことにつながっていく、中学生らしい研究のまとめです。「自分の好き」を調べるという生徒の自主性を重んじる姿勢と、個人を尊重しながらきめ細やかなサポートをする先生方の指導を改めて実感しました。生徒たちは自分のいちばん「好き」なことを調べるからこそ、自発的にやる気をもって取り組み、そして熟慮を重ねた指導を受け、幾度かの発表を通して、やる気を失わずに自分のテーマをより深めていきます。

    テーマも内容も方法も「自らが決定する」自由があり、生徒たちが生き生きと取り組むこの学習に、2003年度からの5年間、お茶中の学校司書を勤めたときに出合いました。生徒一人ひとりのテーマの自由さにまず驚いたのを覚えています。草津温泉、リカちゃん人形、アニメ映画などのテーマから入った生徒もいました。中学生の関心を決して否定せず、大好きなことを調べるという入口から入り、上級生の指導を受け、グループ内の発表、ポスターセッションを行い、大学講堂での三年生の発表を見聞きし、また上級生の反省点も聞き、という過程を経て、2年半ほどの時間をかけてまとめていきます。その生徒たちの姿を、図書館での調べ方や資料提供という学校司書の仕事を通して見つめました。

 卒業時には自主研究集録にまとめて印刷製本され、それを持って新しい世界にとびたちます。集録は各教室にも学校図書館にも置かれます。学校図書館も生徒たち、そして先生方を支援します。Ⅶ章の「将来につながる自主研究」の卒業生の自由記述の中に、「司書の方に参考になりそうな本をたくさん入れていただいた」という記述もありました。
          
(東京学芸大学附属特別支援学校司書 田沼恵美子)

20:46
12345

レファレンス

レファレンス
12345
2019/01/07new

都市科学

Tweet ThisSend to Facebook | by 岡田(主担)
 3年生女子が「都市科学」の本をさがしにきました。将来の大学での学びに向けてのレファレンスですので、本人もほしい本が明確ではありません。カウンターでの聞き取り調査で「中古住宅における外国と日本の意識の違いによる都市の成り立ち」との論点が見えてきました。図書館授業(地理)で使用する図書から関連しそうな本をとりあえず紹介し、最終的に選択したのが以下の本です。
近年、建築や工学関係に進学する女子生徒が増えました。
様々な立場での住み易さ、充実した生活を支える都市建設を視野に入れた選書も附属高校では心がけています。


「空き家問題1000万戸の衝撃」牧野知弘 2014 詳伝社
都市は均等に縮小するのではなく、浮き島のようにコミュニティーが孤立する
その事が家を通して具体的に理解できる本として紹介しました。

「いま、都市をつくる仕事 未来を拓くもうひとつの関わり方」日本都市計画学会関西支部 2011 学芸出版社
資本を投入して建築物を立てれば終了の都市計画ではなく、人が生活する都市とは本来なにかを多様な方面から示唆する。次世代への豊かな都市づくりへの学びとして紹介しました。
15:57
12345

テーマ展示

テーマ展示
12345
2019/01/14new

新年を迎えて

Tweet ThisSend to Facebook | by 金澤(主担)
 3学期初めの展示、干支に関する本や正月に関する本を展示しました。

11:43
12345
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する