学校図書館の日常   (トピックス・よみきかせ・ブックトーク・広報・展示・レファレンス)

 下にスクロールしてください。よみきかせ・ブックトーク・展示など6つの話題がでてきます。
 

学校図書館トピックス

学校図書館トピックス >> 記事詳細

2014/09/24

学校図書館における「合理的配慮」について

Tweet ThisSend to Facebook | by 中山(主担)

専修大学文学部教授 野口武悟

1.求められる「合理的配慮」の提供

 2014年1月、日本政府は「障害者の権利に関する条約」(障害者権利条約)に批准しました。また、この批准に先立つ20136月に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)が制定され、20164月から施行されることになっています。この障害者差別解消法の施行によって、障害のある児童生徒に対する「合理的配慮」の提供が、国公立学校では義務、私立学校では努力義務となります。当然、学校内に設けられている学校図書館にも当てはまります。

20135月現在、義務教育段階の児童生徒だけでみても、3.11%の児童生徒が特別支援教育を受けています。3.11%の内訳は特別支援学校0.65%、小学校・中学校(特別支援学級や通級による指導)2.46%となっています。つまり、小学校・中学校で特別支援教育を受けている児童生徒の割合の方が特別支援学校よりも高い現状にあります。これに加えて、小学校・中学校の通常の学級には、発達障害(学習障害、注意欠陥多動性障害など)の可能性のある児童生徒が6.5%程度(40人学級に23人程度)在籍しているものと推計されています。こうした現状から明らかなように、すべての学校に何らかの障害のある児童生徒が在籍しているものと考えられています。「合理的配慮」の提供は、すべての学校が行わなければならない実践課題なのです。

 

2.「合理的配慮」の定義

 では、「合理的配慮」とは何でしょうか。障害者権利条約では、「障害者が他の者との平等を基礎として全ての人権及び基本的自由を享有し、又は行使することを確保するための必要かつ適当な変更及び調整であって、特定の場合において必要とされるものであり、かつ、均衡を失した又は過度の負担を課さないものをいう」としています(同条約第二条)。 

学校現場に即して捉えるならば、


06:53

よみきかせ

よみきかせ
12345
2020/11/09new

秋に読みたいおはなし

Tweet ThisSend to Facebook | by 松岡(主担)
 読書の秋、本校も11月は毎年「読書月間」でいつもより本を多く借りられたり、読書の時間をもうけたりとより本に親しむ1か月間となっています。

 季節に合った読み聞かせの絵本はたくさんあります。今月おすすめするのはこちらの1冊です。







『いもさいばん』
きむらゆういち/文 たじまゆきひこ/絵
講談社 2016

 おじいさんが畑で育てたおいもが夜の間にこっそり盗まれてしまった。おじいさんはあれこれと策をたてるけれどおいもはどんどんへるばかり。いもどろぼうをつかまえようと畑でまちぶせしていたおじいさんは、真夜中においもをかかえて走るイノシシ一家を見つける。「いもどろぼうめ!」と問い詰めると次々と山の動物たちが現れて、山のものをひとりじめする人間の方がどろぼうだ!と主張する。いもどろぼうは動物たち?それとも人間?
09:12 | えほん
12345

ブックトーク

ブックトーク
12345
2020/11/11new

光村線各駅停車

Tweet ThisSend to Facebook | by 杉本(主担)

 中学校では国語の授業で「様々なジャンルの本を読ませたいのでブックトークをしてください。」と依頼されることがあります。ブックトークは中学校司書にとって生徒に直接たくさんの本を紹介できるまたとない機会です。昨年度前任校で2年生におこなったブックトークのご報告です。

さて今回はどんなテーマで本を紹介しようかと考えたとき、国語の教科書の中の本を紹介してこなかったことに気づきました。教科書で紹介されている本は、多くの学校が持っているので相互貸借で冊数を集めることも可能です。

 教科書の各単元では興味深い関連本が紹介されています。これらの本を一回のブックトークで紹介できないかと考えて作ったのが、「光村線各駅停車」です。

 



22:32
12345

広報(お薦め本)

授業に役立つ本を紹介します!
12345
2020/11/09new

『よみきかせのきほん―保育園・幼稚園・学校での実践ガイド』

Tweet ThisSend to Facebook | by 富澤(主担)

読み聞かせは、とりたてて特別な訓練を積まずとも、本の魅力、楽しさを丸ごと子どもたちに伝えることができる、この上ない手段です。
 とはいえ、ある人数以上の子どもたちに読み聞かせをするとなると、どんな本を選べばよいのか、どう読めばよいのか、不安や疑問がにわかに頭をもたげてきます。そんな不安の解消に、とても役立つブックレットです。


  『よみきかせのきほん―保育園・幼稚園・学校での実践ガイド』
  東京子ども図書館編、2018


 




 実践をもとに、集団への読み聞かせに向く絵本304冊を選び、
3歳前後の幼児から、小学校の高学年まで、対象年齢で4つのグループに分け、それぞれのグループの中で、書名の50音順にならべて紹介しています。


19:16
12345

レファレンス

レファレンス
12345
2020/11/10new

3年公民ー模擬委員会のための資料

Tweet ThisSend to Facebook | by 村上
 2学期に入り、3年生の社会科の先生から、11月ごろ、生徒に法案を作らせる授業をしようと思っているんですよ…と声をかけられました。まだ先とはいいつつ、国会のしくみや、法律に関する本を抜き出し別置しました。授業の1ヶ月ほど前に、授業案を持って図書館にいらした先生から提示されたテーマは次の6つでした。
 ① グローバル化「オーバーツーリズムについて」
 ② 少子高齢化「高齢者ドライバーについて」
 ③ 情報化「中学生のスマートフォン所持について」
 ④ 伝統文化「伝統文化継承について」
 ⑤ 両性の平等「政治家の女性人数について」
 ⑥ 自己決定権「尊厳死・安楽死について」

 どれも、現代的課題ですが、まずは資料を準備する前に確認するのが、公民の教科書です。たまたま、最近著作権第31条に関心を持っていたため、法案がどのように作られていくのか、ざっくりと理解していましたが、きちんと理解しているかと言われれば、司書の私も危うい限り。授業支援は、司書を鍛えてくれる格好の機会と言えます。
20:26
12345

テーマ展示

テーマ展示
12345
2020/11/09new

教科書に出てくる本コーナー

Tweet ThisSend to Facebook | by 宮崎(主担)
 小学校では、今年度から新しい教科書を使用していますね。新しい単元があれば、使用する本も変わってきます。何より国語の教科書に紹介されている本は、使用頻度も高く、数も多いので、そろえるのもなかなか大変です。購入費も結構かかるので、今年は予算が厳しい! という学校も多いのではないでしょうか。せっかく購入したら、しっかり使ってもらいたいものです。 
 そろえた本は学習の時期に合わせ、必要に応じて、教室貸出にしたりしますが、竹早小では、教科書マーク(背ラベルの下にテプラで表示)を付けて常設の教科書に出てくる本コーナーの棚を設置しています。

 学年別に1冊面展示できるようになっていて、学習の時期に合わせて、その単元に出てくる本やその関連本を一緒に並べています。一番下の段には時期の外れた関連本や複本などを置いています。元々の分類の棚にある方が使われそうな本は、分類の棚に戻し、その時期だけ持ってくるなどします。
12:49 | 学習・知識
12345
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する