学校図書館の日常   (トピックス・よみきかせ・ブックトーク・広報・展示・レファレンス)

 下にスクロールしてください。よみきかせ・ブックトーク・展示など6つの話題がでてきます。
 

学校図書館トピックス

学校図書館トピックス >> 記事詳細

2017/01/14

「教育の新動向と学校図書館」報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 中山(主担)
 2017年1月7日 東京学芸大学W201教室において、「教育の新動向と学校図書館」をテーマに、千葉大学アカデミック・リンク・センターの小野永貴氏より「高等学校の高度教育と学校図書館―国際バカロレアを中心に」と国立教育政策研究所の福本徹氏より「新学習指導要領と学校図書館―学校図書館がアクティブラーニングを実現するには」と題して、お話しいただきました。
 長野、新潟や京都からいらした方もあり、65名の参加でした。
中堅学校司書研修パート2.pdf 夏に行った公開の中堅司書研修の折の「続きが聞きたい」との要望に応えたものでもありましたが、これは司書教諭や教員の方々と一緒に聞きたい内容でした。広報を教育系の方にもお知らせすべきであったと反省です。
 
 前半の報告は お茶の水女子大学附属中学校司書 奥山文子さんに、後半を筑波大学附属駒場中学校・高等学校司書 加藤志保さんにお願いしました。



    
第一部 「高等学校の高度教育と学校図書館ー国際バカロレアを中心に」小野 永貴氏(千葉大学アカデミック・リンク・センタ― 特任助教)

 国際バカロレアとは何かという基本を補ってくださった後、今年度「日本国際バカロレア教育学会第1回全国大会」で報告された内容をもとにお話くださいました。

 まずは、小野氏から、学校図書館法第2条に学校図書館の目的は「教育課程の展開に寄与し・・・」とあるが、勤務校の教育課程を把握しているかと会場への問いかけがあり、


15:52

よみきかせ

よみきかせ
12345
2018/04/13new

図書館にまつわる本

Tweet ThisSend to Facebook | by 岡島(主担)
新学期がはじまり、全学年にオリエンテーションを行うことになりました。
そのときに、図書館にまつわる本をよみきかせしました。
今回は低学年と中学年にむいている本を紹介します。
2年生には、
『ビバリーとしょかんへいく』   アレキサンダー・スタッドラー       文化出版
おかあさんと一緒にビバリーは図書館にいき、自分の貸出カードを作ってもらい本を借りました。図書館で借りた本がおもしろくて返す日を忘れてしまいました。ビバリーは友達に返却日に遅れたらどうなるか聞いてみました。牢屋にいれられてしまうよ。とか高い罰金を払わなくてならないと言われ、ごはんも食べられなくなりました。ビバリーはどうするでしょうか?









3年生には
18:06
12345

ブックトーク

ブックトーク
12345
2018/04/03new

音楽ブックトーク ハレルヤ

Tweet ThisSend to Facebook | by 岡田(主担)
音楽授業の中でブックトークの依頼を受けました。
テーマは「バロック音楽 ヘンデルの時代とは ハレルヤコーラスを深めるために」です。本校は入学式、卒業式にオーケストラ部と一緒に、音楽選択生徒がヘンデルのオラトリオ『メサイア』の中から「ハレルヤコーラス」を合唱します。音楽授業と学校行事そして司書との恊働授業としてお知らせします。



講堂にてオーケストラ部のリハーサルの様子
11:01
12345

広報(お薦め本)

授業に役立つ本を紹介します!
12345
2018/04/07new

古文書の達人だけが知る歴史のウラ側

Tweet ThisSend to Facebook | by 井谷(主担)
テレビでおなじみの磯田道史先生が執筆した、話題の新書です。
『日本史の内幕 ~戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで~』
磯田 道史 
中公新書
2017.10.25

映画『武士の家計簿』『殿、利息でござる!』の原作者でもある磯田先生が、
読売新聞に連載した大変読みやすいエッセイです。

備前岡山の武士の家系だった著者の家には、先祖の残した書き物が眠っていました。実際に戊辰戦争に参加した高祖父の記録を読むと、岡山からどの道を通って京都まで行き、どうやって戦ったのか、何を褒美にもらって帰ってきたのかなどの細かい事実が書いてありました。そういう一次情報(古文書)に触れることで、年号の暗記や有名な人たちの動きだけではない歴史の実像が見えてきて、その面白さに惹かれていったということです。
16:23
12345

レファレンス

レファレンス
12345
2018/04/12new

海外の差別政策

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)
  先日、高校2年のA君が、「差別などに対しておこなわれている海外での政策や対策が書かれている資料はありますか?」というレファレンスでやってきました。
聞き取りをすると、「差別」を課題研究のテーマにしており、海外の事例であればどこでも良い、急ぎ必要なので館内にある資料で大丈夫、とのことでした。早速、人権の資料がある3類の書架へ。
 

司書「差別を研究するのであれば、『娘に語る人種差別』(タハール・ベン・ジェルーン 青土社 2007)には、差別とは何か?異なるってどういうことか?という概念からわかりやすく説明していますよ?」
と紹介をしました。
12:03 | 高校生
12345

テーマ展示

テーマ展示
12345
2018/04/09new

読みたくなるポップ

Tweet ThisSend to Facebook | by 松岡(主担)
3学期に5年生のあるクラスから国語の授業で作成した本のポップを図書館に寄贈していただきました。
図書館で所蔵している本のポップを作るという配慮をしてくださったので、ラミネート加工をして図書館の本と一緒に展示しています。
    








文学にかたよらず、科学、数学、スポーツ、俳句の本に電車や馬の本と多様な本が紹介されました。
文学も絵本、日本文学、海外文学、推理小説やミステリー、
最近の話題の本もあれば長く愛されている作品もあり、児童の個性が光る展示になっています。
13:29
12345
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する