学校図書館の日常   (トピックス・よみきかせ・ブックトーク・広報・展示・レファレンス)

 下にスクロールしてください。よみきかせ・ブックトーク・展示など6つの話題がでてきます。
 

学校図書館トピックス

学校図書館トピックス
12345
2020/06/09new

カーリルでの蔵書検索

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)
 先月のトピックスでご紹介しました、カーリルのCOVID19:学校図書館向け蔵書検索サービス。現在は無償で提供していただけるということもあり、私たち附属学校図書館でもすでに導入をはじめた学校や、検討をすすめている学校があります。
 
 何よりも自宅で学校図書館の蔵書を検索できるので、生徒はもちろんのこと、授業で図書館を活用したい先生方にも大いに役立てていただけるでしょう。しかし、初回に蔵書データをカーリルに送り、検索システムをつくっていただいたあと、蔵書データが更新された場合にはどうなるのかをカーリルさんにお聞きしました。すると、現時点では初回と同様に全蔵書データをお送りすることで、最大週に1回を目安に、データの更新をしてくれるそうです。今後は学校側が任意のタイミングでデータをアップすれば、更新されるようなしくみを開発する予定とのことですので、大いに期待したいですね!

 では、現在附属学校図書館ですでにカーリルの検索システムを導入した学校の取り組みをご紹介します ↓
15:44
12345

よみきかせ

よみきかせ
12345
2020/06/08new

病院の絵本

Tweet ThisSend to Facebook | by 岡田(主担)
 5月29日都心上空をブルーインパルスが飛びました。
新型コロナウイルスに対応する医療従事者に感謝を伝えるためです。
附属高校の近くの病院にもブルーインパルスは来てくれました。
下の写真は職員のご主人が世田谷公園で撮影したものです。
久しぶりに見上げた空は夏の雲が白く輝き、青空はいつもと同じ美しさでした。
今回は病院の本を紹介しようと思います。


14:25
12345

ブックトーク

ブックトーク
12345
2020/06/08new

卒業ブックトーク

Tweet ThisSend to Facebook | by 井谷(主担)

20194月に小学校へ異動となるまで、中学校でほぼ10年間毎年実施してきた「卒業ブックトーク」。 その2019年版の簡略シナリオです。



あと何日かで卒業です。

どんな階段を上り始めるのか、寂しさと期待と不安。

そんな君たちに中学校最後のブックトークです。

 

『正しいパンツのたたみ方』

南野忠晴 岩波ジュニア新書 2011

 まず最初に『正しいパンツのたたみ方』を紹介します。

 といってもたたみ方指導の本ではありません。
 この本の著者南野忠晴さんは、英語教員としての13年の後、数少ない男性の家庭科教員となられた方です。ではなぜ、わざわざ家庭科を勉強して教員免許を取り直したのでしょうか?

 著者は、怠惰な高校生の根源が不健康な生活にあると分かった時、そのサポートができないだろうか、その強い味方となるのが「家庭科」ならば、その教員になろうと思ったそうです。何もしてくれない親を恨んでも何も変わらない。そうであるなら自ら「生活力」を身に付けることで、自らの足で歩いていく。 

 社会で暮らしていくための具体的なスキルも含めて、楽しく読めます。例えば、風邪を引いた家族のためにおかゆの作り方を覚える、それができなければコンビニまで買いに行く、もしくは仲良くしている近所のおばさんに頼んで作ってもらう・・・堅苦しい本ではありません。肩の力を抜いて読める1冊です。



16:23
12345

広報(お薦め本)

授業に役立つ本を紹介します!
12345
2020/06/23new

探究の根」を伸ばそう

Tweet ThisSend to Facebook | by 村上

『「自分だけの答え」が見つかる 
            13歳からのアート思考』

   末永幸歩著 ダイヤモンド社 (2020年)

 さて、まずはタンポポの花をイメージしてみてください。

  筆者は“ア―ト”をタンポポのような植物に例えて【アート思考】のイメージを伝えています。
 私たちが“アート”と思っている“作品”はタンポポでい
うと、一部・一瞬を切り取った地表に見えている花の部分に過ぎず、むしろ“アート”の本質は地表に顔を出さない根の部分、作品が生み出されるまでの過程のほうにあるといいます。すべてのはじまりである「興味のタネ」を放置せず、そこから広がる「探究の根」をじっくり伸ばしていくと、その一つの結果として「表現の花」が咲くのだと説いています。



11:17
12345

レファレンス

レファレンス >> 記事詳細

2019/09/01

グリム童話と森

Tweet ThisSend to Facebook | by 岡田(主担)
 1年生の女子生徒から「グリム童話はありますか」とのレファレンスを受けました。最初はドイツ文学の棚の前で相談を受けていましたが、話し合ううちに質問の内容が変化してきました。この事は生徒のレファレンスを受けていてよくある事ですので、常日頃から学校図書館では細心の注意を払う点です。生徒から慎重に話を聞くと「童話の中の森のイメージやヨーロッパと日本の森の違いについて調べてみたい」との事でした。必ずしも童話を読みたいのではなく「森」を通してそれの意味する文化的な違いを論文のテーマに選びたいと聞き取り調査で判明しましました。


『初版グリム童話』グリム 1998 白水社
10:42

テーマ展示

テーマ展示
12345
2020/07/01new

「世界10代コロナ会議」に参加しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 岡田(主担)
 5月に、学芸大学附属高等学校の生徒5人が取材を受けて「世界10代コロナ会議」が製作されました。

 
図書館でも関連展示・広報を行っています。
医大に進学する生徒も多い学校ですので、医学関連書籍を。
生物の課題ではウイルスのレポートが出ますので新書を。
在宅勤務中のリーモート司書部会で話題になった岡田晴恵さんの「病気の魔女と薬の魔女」を。
妖怪「アマビエ(コ?)とは何!!」と色々な側面からの展示を試みました。

  「世界10代コロナ会議」
前編 7月2日(木)22:00〜 Eテレ
後編 7月9日(木)22:00〜 Eテレ
で放映されます。
NHK_PRサイトに予告動画が掲載されています。

https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/trailer.html?i=24144

世界の若者がどのようにコロナを感じ、受け取り、行動したか。
各自が自撮りした本音で語り合います。
テーマは「オンライン授業とは?」「コロナの影響を受けた学費の話」他
参加国は日本、アメリカ、ブラジル、アルゼンチン、台湾、ドイツなど多様な地域の13歳から18歳の若者が参加しています。

ぜひご覧ください。


              (東京学芸大学附属高等学校 司書 岡田和美)


15:38
12345
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する