学校図書館の日常   (トピックス・よみきかせ・ブックトーク・広報・展示・レファレンス)

 下にスクロールしてください。よみきかせ・ブックトーク・展示など6つの話題がでてきます。
 

学校図書館トピックス

学校図書館トピックス
12345
2020/09/28new

2020Zoomによる緊急学習会「学校図書館と著作権」開催報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 村上
 9月27日(日)、13:30より、「2020Zoomによる緊急学習会「学校図書館と著作権」を開催しました。急に立ち上げた学習会にもかかわらず、多くの皆様の協力を得て、大変充実した学習会となりました。「参加者100名 キャンセル待ち 153名(録画配信希望者含む。録画配信は少々お待ちいただいています。)」
  
 当日の記録(簡易版 附属学校司書部会 中村・宮崎 協力 都立高校学校司書会 杉山)は、下記をクリックしてください。↓ 詳細な記録は、後日「司書研修の報告」にアップ予定です。

    2020Zoomによる緊急学習会「学校図書館と著作権」記録.pdf

 著作権第31条に、どうして学校図書館が含まれなかったのか?というのは、附属司書部会の共通した疑問でした。それに対し、国会図書館職員の南亮一氏が、貴重な資料を全国SLAの了解を得て公開してくださいました。当日は、一参加者として学習会にいらしていた南さんに、補足していただき、その経緯を知ることができました。

 

 50年前、全国SLAは、この問題に粘り強く取り組んでいた様子が、その資料からは読み取れます。結果的に、要望は聞き届けられませんでしたが、当時の文化庁著作権審議会第4小委員会の報告書には、今後研究する課題であると明記されています。
 
 ここからは私の個人的な考えですが、50年後の今、世の中は大きく変わりました。ますます不確定な未来を生きる子どもたちには、確かな知識とともに、彼らの知的好奇心を育む環境は必須です。文科省のGIGAスクール構想によって、一人一台のタブレットが使える時代がすぐそこまで来ています。(鎌田和宏先生からは、図書館に容易にたどり着けない地方ではインターネットはより重要だが、はたしてそれだけで情報活用能力を育てられるのか?そこにしっかりと整備された学校図書館が必要とご発言いただきました。)今回の著作権改正に向けた検討が文化庁文化審議会で行われていくなかで、公衆送信に絡んだ著作権者への補償や図書館の権利制限規定の在り方をどうするかがというテーブルに学校図書館は加わらなくていいのかという疑問がこの学習会の発端でした。
05:09
12345

よみきかせ

よみきかせ
12345
2020/10/09new

おもしろいお話なら何度でも聞きたい

Tweet ThisSend to Facebook | by 富澤(主担)

 図書の時間では、読み聞かせの他に、ストーリーテリング(お話)も行うようにしています。絵本の読み聞かせよりも、より聞き手との一体感を感じることができる、とても良い時間です。残念ながら、あまりレパートリーがないのですが、これまでは避けてきた「同じお話を聞かせる」ことも、場合によっては悪くないようだ、と、実際にやってみて感じました。

 

読み聞かせの定番として活用している、愛蔵版おはなしのろうそくシリーズに11巻目が新しく登場したので、2年生に、この本の紹介とからめて、収載されている短いイギリスの昔話「ねことねずみ」を読み聞かせのおまけとして語りました。1年生のときに一度お話ししているので、「もう一回聞いてみてね」と断ってはじめたのですが、「え?また?」という子は一人もおらず、とても楽しんでくれて、むしろ1年生のときよりも反応が良かったようでした。

 

『ティッキ・ピッキ・ブン・ブン

(愛蔵版おはなしのろうそく11)』

東京子ども図書館//

 

色々な国の昔話や、作者のいる物語、わらべうたなどが入っている、てのひらサイズのお話集です。

 

 

 今年度はじめてのストーリーテリングでは、光村図書、小学2年生の国語の教科書の「この本、読もう」という日本の昔話や民話が紹介されているページから、「さんまいのおふだ」のお話を、教科書に紹介されている絵本とは違うテキストではありますが、『ついでにペロリ(愛蔵版おはなしのろうそく3)』に収載されているバージョンで聞いてもらいました。


16:49
12345

ブックトーク

ブックトーク
12345
2020/10/01new

新型コロナ疲れのあなたへ

Tweet ThisSend to Facebook | by 岡田(主担)
新型コロナを経て2学期が本格的に始まりました。
附属高校図書館も、授業活用、実習生授業と毎日のように様々なクラスが来館しています。毎回の消毒やマスク越しの討論などコロナ疲れが出てくる生徒も見受けられます。
今回は先生方からの推薦も含めて「ちょっと疲れたあなた」へのブックトークです。


『うるさく、しずかに、ひそひそと』ロマナ・ロマニーシン 2019 河出書房新社
音楽の先生が選んでくれた絵本です。
授業で学ぶ音楽はクラシックが中心ですが、音楽の始まりは何でしょうか。
紀元前のギリシャ時代には、すでに琴のような弦楽器が描かれています。
声を出す、気持ちを伝える、耳を澄ます。
「音が聞こえてくる絵本」で心の音を聞いてみませんか。
11:34
12345

広報(お薦め本)

授業に役立つ本を紹介します!
12345
2020/10/11new

図書委員アイデアブック

Tweet ThisSend to Facebook | by 宮崎(主担)
読書の秋です。2学期に入り、学校図書館も通常の活動ができるようになってきたところが多いのではないでしょうか。まもなく読書週間も始まり、図書委員会のイベントなども行いたい時期ですね。

今回はそんな時にお役立ちの本『図書委員アイデアブック』(あかね書房)を紹介します。この本は小中学校の図書委員さんに向けて書かれており、子どもたちが自分たちの活動の参考にするのに使えるのはもちろんのこと、学校司書や司書教諭にとっても真似したくなるアイデアが盛りだくさんです。図書館の役割や機能など基本的な情報から、学校図書館の日常活動やイベントまで様々なアイデアが具体的な事例や写真付きで紹介されています。巻末には型紙も付いているので、すぐにも取りかかれそうです。監修は前東京学芸大学附属世田谷小学校司書吉岡と東京学芸大学附属世田谷中学校司書の村上が担当しています。世田谷小学校の図書館の写真もたくさん入って、たくさんのヒントがもらえる本です。

目次から
第1章 図書委員って何をするの?
第2章 日常のアイデア
第3章 特別な日のアイデア
第4章 情報発信のアイデア


(東京学芸大学附属竹早小学校司書 宮崎伊豆美)

15:19 | 0類(総記)
12345

レファレンス

レファレンス >> 記事詳細

2011/07/13

これは自由研究のヒントに!

Tweet ThisSend to Facebook | by 小野寺(主担)
もうすぐ夏休み!
 
 「夏休みにはどんな本をよもうかな・・・」 
 「自由研究をやってみたいけれど、どんなことをしたらよいのかな・・・」

図書室ではそんな子どもたちの相談にのり、応援をしています。

16:39 | 小学生

テーマ展示

テーマ展示
12345
2020/10/08new

秋を愛でる

Tweet ThisSend to Facebook | by 松岡(主担)
 2020年の中秋の名月は10月1日でした。今年は10月に2回満月を見られるそうです。
 本校図書館(なでしこ図書館と呼ばれています)でもお月見を楽しんでいる家族がいます。

12:37 | 季節
12345
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する