読書・情報リテラシー

読書・情報リテラシー >> 記事詳細

2019/04/29

―AI 時代 の教育実践と学校図書館 ― 

Tweet ThisSend to Facebook | by 村上

学校図書館の学び講座 VOL.2
     
―AI 時代 の教育実践と学校図書館 ― ~平成の末に 考える 読書の 意味~

   今回は東京学芸大学司書部会が後援した講座に参加しての報告をします。12月22日(土)の文科省事業報告会では、帝京大学教授 鎌田和宏先生に「AI時代の教育と読書・学校図書館活用〜学校図書館ガイドラインで創る学習環境と教育リテラシー〜」というタイトルで講演をお願いしました。(この日の講演内容は、「みんなで使おう!学校図書館VOL.10」に収録しています。)たいへん興味深いお話でしたが、まだまだお聞きしたいことがたくさん! そこで、今回の講座が開催されました。



学校図書館の学び講座 * Vol.2参加報告記

 ―AI 時代 の教育実践と学校図書館 ― ~平成の末に 考える 読書の 意味~

日時:2019年3月16日
会場:東京都立多摩図書館セミナールーム
講師:帝京大学教授 鎌田和宏氏


   
  40名の参加者が都立多摩図書館のセミナールームに集合。会場は4人ずつのワークショップスタイル。テーブルには4色のポストイットと、マジック、模造紙が準備されている。まずは同じグループになった同士で、青いポストイットに今抱える悩み事を書いて自己紹介がわりのアイスブレイク。気持ちがほぐれたところで、講演がスタートした。





 最初に、今日の主旨説明がパワーポイントに映し出された。それが次の言葉である。

 

   参加者は、話を聞きながら、自分の色に決めたポストイットに、気になる言葉があったら、書き留めていくよう言われた。鎌田先生のお話は、個人的には以下の言葉が印象に残った。


 2019年正月の新聞は各紙ともAI特集を組み、『AIが人類を支配する日;人工知能がもたらす8つの未来予想図』(前野隆司著 マキノ出版 2018)では、単純労働だけでなく、専門的分野もAIに取って代わられる時代がやってくると言う。内閣府が作った「Societ5.0=超スマート世界」という5分ほどの動画は、来るべき超スマート社会を、テクノロジーの進化がもたらすバラ色の未来として描く。しかし、本当にそうだろうか?落下の危険と背中合わせのドローンによる宅配サービス。医師の過剰労働や検査の数値のみで人を見ない診療につながる恐れもある遠隔医療サービス。過疎地には救世主となりそうな自動走行車だが、事故が起こった時の責任の所在が決まっていない。小売店への電子決済システム導入の裏には、政府が洩れなく徴税する仕組みを作りたいという思惑が透けて見える。介護ロボットの登場は、現場の加重労働緩和と介護される側の心理的負担の軽減が期待されるが、介護従事者の待遇改善なしには、今抱える社会的な問題の解決はないだろう。

 超スマート社会の教育分野を見てみよう。人材育成への期待として、異質性を伸ばす方向性、リテラシーを身につける必要性、文理断絶からの脱却は評価できるが、トップエリート人材の育成、リーダシップ人材の育成は、経済重視の能力主義ではないか。実際の教室では多様性のある子は排除されている。AIには代替できない芸術や音楽の時数は減らされている。体育や健康についてもっと学ばなくていいのか。中央教育審議会の答申をもとに作られた新学習指導要領は、今までやってきたことを減らすことなく、新たなことをやれと言う。1日は26時間になったのか?新たな教員は採用されたのか?現場はあっぷあっぷしている。



23:07
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する