学校図書館の日常   (トピックス・よみきかせ・ブックトーク・広報・展示・レファレンス)

 下にスクロールしてください。よみきかせ・ブックトーク・展示など6つの話題がでてきます。
 

学校図書館トピックス

学校図書館トピックス
12345
2018/06/14new

国立教育系大学図書館協議会研究部会で発表しました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 村上
 6月7日(木)、8日(金)の両日、東京学芸大学で、 国立教育系大学図書館協議会研究部会が開催されました。この研究部会は、全国にある11の国立教育系大学の図書館で構成されているそうです。
 今年は東京学芸大学が当番館のため、会場は東京学芸大学附属図書館。そこで、附属世田谷中学校 渡辺裕教諭に、昨年度文科省報告会で発表をした附属学校の取組について研究部会でも話をしてほしいと依頼があり、学校司書の村上も、補足説明のため、一緒に参加しました。
 研究部会2日目の6月8日、9:10~10時までの時間をいただき、「図書館まなびんぐマップ―情報空間としての学校図書館」というテーマで発表をさせていただきました。
14:40
12345

よみきかせ

よみきかせ
12345
2018/06/06new

1年生への出前読み聞かせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 金澤(主担)
 世田谷小学校では、1年生がメディアルーム(学校図書館)を利用する前に教室に出向いて読み聞かせをしています。入学したての1年生にメディアルームと学校司書をPRしに行きます。その時に読み聞かせた本を紹介します。

 まずは、司書の自己紹介をし、この本を読み聞かせしました。
『きょだいな きょだいな』降矢なな(作)福音館書店
 はじめに普通サイズの本を見せ、「今日は、この本を魔法で大きくしますよ!」と言って大型本を出して読みました。
 「あったとさ あったとさ ひろいのっぱら どまんなか きょだいな〇〇が あったとさ」と調子のよい文章に子ども達もリズムに乗って聞いています。
16:54
12345

ブックトーク

ブックトーク
12345
2018/06/08new

がんばれ!ヒキガエルくん

Tweet ThisSend to Facebook | by 松岡(主担)
梅雨の季節となりました。
季節にちなんだ生き物たちの本をその都度紹介していますが
6月に「カエル」の本を紹介しました。

小学3年生の図書の時間、
「カエルは好きですか?」の質問に
「好き!」「きらーい!」と半々くらいの声が挙がりました。
生き物の中でも人気が分かれる?カエル、中でもアマガエルはかわいくてもヒキガエルはこわい
と思われるようで、始めにそんなヒキガエルにスポットライトを当てた絵本を読みました。









『イボイボガエル ヒキガエル』
三輪一雄/作・絵
偕成社

アマガエルとヒキガエルのちがいをユニークな語り口で比較しながら
生態や特徴を詳しく紹介している絵本です。

自然の中で生き抜くために敵から身を守り、乾燥にも強い体をもち「しぶと~く生きとる」ヒキガエル。
町や都会での最大の敵は「車」だと言います。

ヒキガエルは足に吸盤がなくジャンプ力もないので深い溝に落ちるとあがることができない、ということを
この本で知りました。
また、春先の産卵の時期に池に向かう途中で車にひかれてしまうということも知りました。
道端で遭遇するとぎょっとしますが、ヒキガエルの生態を知ると「頑張れ!」と応援したくなります。
11:28
12345

広報(お薦め本)

授業に役立つ本を紹介します!
12345
2018/06/13new

AIvs.教科書が読めない子どもたち

Tweet ThisSend to Facebook | by 井谷(主担)
人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」通称「東ロボくん」のディレクタを務める数学者の、話題の本を紹介します。

『AIvs.教科書が読めない子どもたち』   新井 紀子  東洋経済新報社(2018.2)

前半は、AI(人工知能)のできること、できないことを明快に説明。
コンピューターはあくまで計算機であり、何かを理解しているわけではない。
だから、人間の能力を超えることもないし、今の調子では東大入学は難しいとのこと。
将棋ソフトが名人に勝ったというニュ―スや、「OK グーグル」のCMに、すでに人工知能が完成しているかのような印象を受けますが、
あくまで限られた枠の中での統計と確率から導き出された反応だったようです。
23:14
12345

レファレンス

レファレンス >> 記事詳細

2018/02/13

このまえあそこにあった紫色の本はどこですか?

Tweet ThisSend to Facebook | by 村上


  これも、レファレンスと呼べるのかな…という質問ですが、学校司書ならこんな聞かれ方を意外とよくするのではないでしょうか?
 図書館では、テーマ展示や授業用の別置コーナーなど、その時々に本棚から抜いて本を置くことがよくあります。この前まであった本が、今日はもう違う本に変わっているということも少なくありません。

  先日、保健体育の授業で、「健康新聞を作ろう」という探究学習を図書館で行っているときに、聞かれたのがこの記事のタイトルにした質問です。体の成長・心の成長・欲求不満・体と心の相関関係…など1年生が保健体育で学んできたことに関連した本を、約100冊ほど別置したコーナーをそのときは作っていました。ブックリストを配布し、本には通しナンバーをつけていたので、その場所なら、この本ではないかと「人体」に関する本を差し出してみたら、違うという返事。中は、小さな章にわかれていて、読み物風だったという。

 1週間前の授業記憶を探りました。この日はテーマ決めで、保健体育とは別に、自分の関心のあることから、マインドマップをつくろうという授業でした。何気なく生徒の様子を眺めていたら、マインドマップの真ん中に「感情」という言葉を書いたまま、ストップしている少年がいたので、こんな本も何かのヒントになるかもと差し出した一冊を、他のクラスも使えるかもと、別置コーナーにポンと置いたことを思い出しました。「これかな?」と手渡したら、「これです!あれ、全然紫色じゃないですねぇ…」と彼女。


14:25

テーマ展示

テーマ展示
12345
2018/06/07new

原書と日本語翻訳版

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)

 本校の洋書コーナーでは、今月は「原書と日本語版の翻訳版」とを一緒に並べて展示をしました。こうして並べてみると、英語の原書と日本語版とでは、題名の訳しかたもまったく違う作品もあり、なかなか面白いのです。
 例えば、テロで姉を失った弟の視点で書かかれた小説〝My Sister Lives on the Mantelpiece” は、日本語のタイトルは『さよなら、スパイダーマン』アナベル・ピッチャー(偕成社)。題名だけでは同じ作品とは思えませんが、翻訳版の内容を読むとなぜ「スパイダーマン」というキーワードをタイトルで使ったのかがわかります。

10:56
12345
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する