学校図書館の日常   (トピックス・よみきかせ・ブックトーク・広報・展示・レファレンス)

 下にスクロールしてください。よみきかせ・ブックトーク・展示など6つの話題がでてきます。
 

学校図書館トピックス

学校図書館トピックス
12345
2018/11/01

東京学芸大学附属高等学校 第17回公開教育研究大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 岡田(主担)
 東京学芸大学附属高等学校において第17回公開教育研究大会が平成30年11月23日に行われます。
『芸術 音楽I 居城 勝彦 歌唱表現を深める』では、司書によるブックトークを取り入れた授業を行います。是非、多くの教育関係者の皆様にご参加いただき、 ご意見、ご助言を賜りたく、ご案内申し上げます。

1. 主題
コンピテンシー・ベースのカリキュラム開発(3) -カリキュラム・マネジメントの前にすべきこと -
改訂が迫る次期学習指導要領において、資質・能力の育成という観点は、高校の授業場面にとどまらず、高大接続改革などにも 大きな影響を与えると予想されます。本校では、平成28年度より継続的に資質・能力を育成する授業とそれを評価するためのパフ ォーマンス課題の開発に注力してまいりました。ただ、その中で“どのような生徒を育てるのか”というゴールイメージの共有が 課題となっています。そこで本年度は、資質・能力を育成する授業・評価づくりに加え、本校内でのゴールイメージの創造・共有 に取り組んでおります。この取り組みは今後、カリキュラム・マネジメントを充実させるためには、重要な土台になるものと考え ております。



以上を踏まえて、司書が事前研究支援に関わった授業のいくつかを以下にお見せします。
10:42
12345

よみきかせ

よみきかせ
12345
2018/11/08

おはなし給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 金澤(主担)
 今月は、給食室とメディアルームとのコラボで、おはなし給食をしています。それに関連して、おいしい物が出てくる本を読み聞かせしました。

 2年生に『まゆとおに』富安陽子(作)福音館書店 をよみました。

 やまんばのむすめの「まゆ」の怪力に子どもたちは、びっくりしていました。まゆを煮て食べようと思っていたオニでしたが、「お先にどうぞ」とまゆに鍋の中に入れられたオニの姿に大うけ、やけどをしたオニをおぶって家に連れていったまゆにまたまたビックリ!とにかく楽しそうに聞いてくれていました。
22:20
12345

ブックトーク

ブックトーク
12345
2018/11/11

おいしいものを食べよう!

Tweet ThisSend to Facebook | by 岡島(主担)

 小学校2年生に食べ物にまつわるブックトークを行いました。

「秋といえばおいしいものがいっぱいありますよね。みんなはどんなものがすきですか?」

こどもたちの話を聞いたあとで、「みなさんはきのこをみつけたことありますか。」と問いかけました。

『きのこレストラン』 新開孝 写真 ポプラ社

を一冊よみきかせをしました。









 
 きのこが土から顔をだし、大きくなるにつれていろいろな生きものがたくさん集まってきます。みんなの中できのこが嫌いなひといますか?

次に紹介する本は

妹の好ききらいに困ったおにいさんのお話です。

ぜったいたべないからね』 ローレン・チャイルド  フレーベル館










 
 おにいさんは、両親に頼まれて妹に夕ご飯をたべさせようとしたときあることを思いつきました。いつものように妹が豆もにんじんもきのこもぜったいにたべないからねと言ったとき、それは全部ないんだと答えました。妹は不思議そうに目の前のにんじんを指さして、どうしてここにあるのと尋ねます。おにいさんは、にんじんにみえるかもしれないけど、にんじんじゃない。はるばる木星から届いた(えだみかん)だと答えました。妹はにんじんそっくりと言いながら食べてしまったのです。次に豆に絵をみせて、これはまめではありません。あめだまみどりです。さかなのフライにみえて人魚が毎日たべているころもうみです。

いちばんきらいなトマトも妹は自分から(まんげつぶちゅと)だと言って食べてしまいました。

かわった名前で呼ぶと楽しいですよね。
でもこの『みしのたくかにと』 松岡享子 こぐま社

では、王子さまの奇妙な名前のたべものの注文にみんな困りはてました。


23:38
12345

広報(お薦め本)

授業に役立つ本を紹介します!
12345
2018/11/12

プラスチックごみ

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)
 2018年10月24日の朝日新聞に、「マイクロプラスチックが人間の便からも検出!」という記事が掲載されました。私たちの身の回りにある多くのプラスチック。それが海に流れ、波の力や紫外線、温度差などによって細かく砕け、魚介類の体内に入り、人間の食卓に並んでいるようです。
 これはオーストラリアの環境庁とウィーン医科大の研究によって判明しました。海辺に打ち上げられたクジラやウミガメの体内からも、多数のレジ袋が見つかったというニュースも記憶に新しいですが、プラスチックごみは廻り廻って私たち人間にも降りかかる環境汚染となっています。

 すでにアメリカの企業の中には、プラスチックストローを紙素材に変える取組みもおこなわれていますが、日本ではストロー以上に目につく日常的なプラスチックと言えば「ペットボトル」と「レジ袋」でしょうか。
右でご紹介した、『散乱ペットボトルのツケは誰が払うのか』栗岡理子 合同出版 では、厳しい現状と散乱したペットボトルへの対策として、私たちはどのような取り組みができるのかを紹介しています。中高生にも今からぜひ意識してほしい視点です。
10:59
12345

レファレンス

レファレンス >> 記事詳細

2018/02/13

このまえあそこにあった紫色の本はどこですか?

Tweet ThisSend to Facebook | by 村上


  これも、レファレンスと呼べるのかな…という質問ですが、学校司書ならこんな聞かれ方を意外とよくするのではないでしょうか?
 図書館では、テーマ展示や授業用の別置コーナーなど、その時々に本棚から抜いて本を置くことがよくあります。この前まであった本が、今日はもう違う本に変わっているということも少なくありません。

  先日、保健体育の授業で、「健康新聞を作ろう」という探究学習を図書館で行っているときに、聞かれたのがこの記事のタイトルにした質問です。体の成長・心の成長・欲求不満・体と心の相関関係…など1年生が保健体育で学んできたことに関連した本を、約100冊ほど別置したコーナーをそのときは作っていました。ブックリストを配布し、本には通しナンバーをつけていたので、その場所なら、この本ではないかと「人体」に関する本を差し出してみたら、違うという返事。中は、小さな章にわかれていて、読み物風だったという。

 1週間前の授業記憶を探りました。この日はテーマ決めで、保健体育とは別に、自分の関心のあることから、マインドマップをつくろうという授業でした。何気なく生徒の様子を眺めていたら、マインドマップの真ん中に「感情」という言葉を書いたまま、ストップしている少年がいたので、こんな本も何かのヒントになるかもと差し出した一冊を、他のクラスも使えるかもと、別置コーナーにポンと置いたことを思い出しました。「これかな?」と手渡したら、「これです!あれ、全然紫色じゃないですねぇ…」と彼女。


14:25

テーマ展示

テーマ展示
12345
2018/11/08

読書ハンパないって! ~動き出した本の世界~

Tweet ThisSend to Facebook | by 井谷(主担)
 今年の学芸発表会では、図書委員会はポスターと本の展示をしました。
 例年はどちらかというと、「埋もれている面白い本を紹介する」というコンセプトで取り組んでおり、貸し出しランキングに入っているような本や、映像化作品は避けていましたが、今年は違います。
 「折角、普段本を借りないような人たちも図書館に来るのだから、むしろそのミーハーな人たちが、こんな本もあったんだ!!と手を出すような本を並べたい。」という3年図書委員長の熱い思いから、逆に映像作品だけを紹介することにしました。
 学芸発表会当日は、ポスターと本をセットにして図書館内に展示。

11:43
12345
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する