学校図書館の日常   (トピックス・よみきかせ・ブックトーク・広報・展示・レファレンス)

 下にスクロールしてください。よみきかせ・ブックトーク・展示など6つの話題がでてきます。
 

学校図書館トピックス

学校図書館トピックス
12345
2018/10/10new

第20回図書館総合展

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)
 毎年秋になると、図書館業界最大のイベント「図書館総合展」が横浜で開催されます。
20回目となる今年は、下記の日程でおこなわれます。
日程:2018年10月30日~11月1日(3日間)
会場:パシフィコ横浜 展示ホールD/アネックスホール
https://www.libraryfair.jp/

 この図書館総合展は出版業界をはじめ、公共図書館、大学図書館、そして学校図書館と、幅広く図書に関する団体が参加しています。会場は主に以下の5つのセクションに分かれ、幅広い情報交換がおこなわれます。
1.ブース展示
2.フォーラムの開催(3日間で190コマ)
3.全国の出版社による「図書館へのおすすめの本」展示
4.スピーカーズコーナー(オープンスペースでのワークショップや手作業の実演)
5.ポスターセッション

 総合展では、毎年NPO法人知的資源イニシアティブが、先進的な活動(Web上のサービス含む)をしている図書館や団体に対し、Library of the Yearを授与しています。私たち東京学芸大学学校図書館運営専門委員会も、2016年に学校図書館としては初めてLibrary of the Yearの優秀賞とオーディエンス賞を受賞しました。さて、今年はどこの図書館や団体が受賞するでしょうか?
 ちなみに、今回運営専門委員会としては「ポスターセッション」に参加いたします!こちらもあわせてご覧ください。
11:18
12345

よみきかせ

よみきかせ
12345
2018/10/05new

世界に目をむける絵本

Tweet ThisSend to Facebook | by 岡島(主担)
 小学校3年生以上の子どもたちに国際理解の手助けをするため読み聞かせをしました。平和な世の中で暮らしている子どもたちに知ることの大切さ、自分なら,なにができるか考えてほしいと思い選んだ一冊です。
『難民になったねこ クンクーシュ』マイン・ヴェンチューラ 文 ベディ・グオ 絵 中井 はるの 訳
 本当にあった難民とねこの物語です。
 イラクの戦乱の中、母親は5人の子どもたちと飼い猫を連れ、ふるさとの国から命からがらヨーロッパへ逃げることになりました。その途中で飼い猫と離れ離れになってしまいました。ひとりぼっちになったねこは、心やさしく行動力ある人たちに助けられ、5000キロもの旅をして、奇跡的に飼い主家族と再会することができました。
 この本をきっかけに調べられるように巻末には、6850万の難民の基本データや18歳未満の子ども数・保護者のいない子どもの数・ ウエブサイトや難民のことを調べる参考文献、世界の難民問題や国際的な支援活動を調べる情報が掲載されています。














毎日新聞2018年8月27日 10時37分(最終更新 8月27日 11時33分)
.
https://mainichi.jp/articles/20180827/k00/00e/040/156000c

子どもたちの感想は
18:54
12345

ブックトーク

ブックトーク
12345
2018/10/05new

秋の実り ~お祭りの本~

Tweet ThisSend to Facebook | by 松岡(主担)
 秋には各地でさまざまなお祭りが行われます。
日本では農作物の収穫を祝ったり、実りに感謝をするお祭りも多いです。

 小学2年生、3年生の図書の時間に「秋の実り」を入り口にお祭りの本を紹介しました。

 最初に読み聞かせしたのはこちらのお話です。










『おひゃくしょうとえんまさま』
君島久子/再話 佐藤忠良/画
福音館書店


  中国の民話で、おまつりにお供えものをけちっていた百姓に腹を立てたえんまさまが、小鬼をしかけて田んぼの稲が実らないように魔法をかけて百姓をこまらせようとします。小鬼は「あたまはほそく、ねっこがふとくなる」魔法をかけようというのですが、それを知った百姓は機転をきかせて里いもを植えてたくさんの里いもを収穫します。小鬼はそれならばと「うえしたひょろひょろ、まんなかむっくり」、すると百姓は今度はトウモロコシを、そして次は…と小鬼のかける魔法を逆に利用して百姓がたくさんの作物を収穫するゆかいなお話です。
  次に何を植えるのかな?と想像するのも楽しいです。
11:07
12345

広報(お薦め本)

授業に役立つ本を紹介します!
12345
2018/09/25new

数学の先生推薦!『面白くて眠れなくなる数学』

Tweet ThisSend to Facebook | by 村上

 今月は、町田市立忠生中学校数学教諭 平戸孝幸先生に執筆をお願いしました。


『面白くて眠れなくなる数学』/桜井進/PHP研究所

 数学に興味が持てる本を読んでみたい人にオススメです。難しい計算や数学の深い知識がなくても読めます。1つの話題はわずか数ページで書かれています。だから、数学の読み物が初めての君でも大丈夫。読み方のコツは、興味がもてそうな話題を選んでつまみ食いのように読んでみることです。
 3つの話題をつまみ食いしてみましょう。
 11、111など1が並ぶ数をレピュニット数といいます。そのレピュニット数の二乗を計算してください。
   11×11=
   111×111=
   1111×1111=
  11111×11111=
   何か気づくことはありませんか。
              <11はパズルみたいにふしぎ>

 ノーベル賞の中でも文学賞は、いずれ村上春樹さんが受賞するのではないか?と話題です。ところで、ノーベル賞に数学が対象となっていないのはご存じですか?その理由はノーベルが嫌っていた人物が数学者だったとかなかったとか。
               <幻のノーベル賞>

778+779+780+781+782+783+784+785+786
さあ、この式を工夫して計算してみよう。どんなやり方があるだろう。「わからない」って?そういう君は、<「100」と数学者ガウス>の章を読んでみよう。
               <「10」と十人十色>

  続きを読むをクリックしてください!数学本のリストがあります。

 


12:36
12345

レファレンス

レファレンス >> 記事詳細

2017/11/13

スキマ植物の名前を知りたい。

Tweet ThisSend to Facebook | by 岡島(主担)
 中学1年生のIくんは、道ばたや石垣の間にひっそりとさく草花の名前を知りたいと言い、道路から摘んできた花を見せてくれました。私は「可愛い花だね」と言い、I くんは、470の棚から『雑草図鑑』をみつけ調べ、(ユンゲショウ)と探しあてました。そして私に名前を教えてくれました。その時にこんな本もあるのだけどと、『道ばたの草花がわかる散歩で出会う みちくさ入門』
佐々木 知幸 文一総合出版と『カラー版スキマ植物の世界』塚谷裕一 中央公論新社を紹介しました。I くんはいろんな場所がのっていて、おもしろそうと言って借りていきました。
その後


05:40 | 中学生

テーマ展示

テーマ展示
12345
2018/10/01new

水俣

Tweet ThisSend to Facebook | by 岡田(主担)
 本校の授業のキーワードのひとつに「持続可能な社会」があります。
衣食住関連で授業を組み立てる教員もいますし、
東北の復興を意識して探究活動を行うプロジェクトもあります。
今回、附属高校図書館では「水俣」を「継続可能な社会」という視点でテーマ展示を行いました。


水俣を展示テーマに選んだ理由は
1.環境問題、公害は世界共通の課題である事
2.水俣の問題は、まだ終わっていない事
3.世田谷小の理科の教員が水俣をテーマに授業に取り組んでおり、小中高の連携を意識した事
4.石牟礼道子さんが今年の2月にお亡くなりになった事
などがあります。
以下に展示図書を一部紹介します。
14:11
12345
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する