今月の学校図書館


2019/09/07

世田谷区立瀬田中学校

Tweet ThisSend to Facebook | by 村上
 7月末、機会を得て世田谷区内の学校図書館を見学することができました。世田谷地区に附属学校がある司書3人が伺ったのは、教職員とも生徒ともとてもいい関係を築きつつ、特色ある活動をされているという瀬田中学校です。利用者が不在の時間帯でしたが、様々な工夫が凝らされた図書館で、司書である衛藤さんのお話を伺い、ここを楽しく使っている生徒の様子が目に浮かびました。そこで、その一端を記事にしていただきました。


1.概要

 世田谷区立瀬田中学校は、東急田園都市線二子玉川駅から徒歩12分、東急大井町線上野毛駅から徒歩12分の住宅街にあります。生徒数は約360名、学級数は10クラスです。図書館は校舎二階で、蔵書数は約1万3千冊あります。閲覧室2つと前室で構成され、1室で授業や学習に利用しながら、もう1室や前室を読書に使うという分け方ができるのが特徴です。







2.すべては生徒とのコミュニケーションから得られる

 世田谷区では株式会社リブネットが委託で小中学校全校への司書の常駐を担っています。いつでも司書がいる図書館を実現している公立校は、全国的に見ても少ないのが現状です。
 世田谷区は図書館の活用において恵まれた環境が整えられているので、生徒の読書や調べものの相談に対してリアルタイムで応じることができます。

 瀬田中学校では本のリクエストがとても多く、「あの本の続きはまだか」「こんな本が読みたい」など選書が追いつかない勢いで要望が寄せられます。日ごろから読んだ本の感想を生徒に聞いているのはもちろん、司書の方から「こんな本を買おうと思っているのだけれど、興味がある?」という相談をもちかけることも多いです。
 授業で先生から本が紹介されることもあれば、休み時間には生徒おすすめの本を先生が借りていかれることもあります。瀬田中学校図書館の大切な方針の一つは“双方向の読書活動”と言えるかもしれません。
 
 返す本は生徒自身で棚に戻してくれますが、「面白かった」「ふつう」「いまいち」という感想を表現する返却箱も用意してありますので、司書としては「面白かった」点だけでなく「いまいち」だった点を教えてもらえるのが貴重です。

 図書委員会が作った本紹介コーナーには、心に響いた紹介や興味を持った本に一般生徒が「いいね」の札を投じる遊び心があります。本の選び方や展示場所、飾り方や呼びかけが票獲得に影響しますので、委員さんたちの工夫から将来の社会・経済活動へ繋がりそうな発想が感じられて、楽しく見守らせていただいています。

 学習内容は先生方に事前リサーチをしておきますが、生徒たちに「今何を教わっているの?」「次は何を教わるの?」と折に触れて聞くことで、「あれ苦手」だとか「ここの問題をもっと数多く解いて慣れたい」といった支援すべきポイントを得ています。「初詣に行く」という日常会話からヘアアレンジ資料の購入につながったこともありました。生徒との対話からすべてが組み立てられていく楽しさを感じられるのは、学校図書館ならではの喜びと言えるでしょう。


08:00 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する