学校図書館の日常   (トピックス・よみきかせ・ブックトーク・広報・展示・レファレンス)

 下にスクロールしてください。よみきかせ・ブックトーク・展示など6つの話題がでてきます。
 

学校図書館トピックス

学校図書館トピックス >> 記事詳細

2014/09/24

学校図書館における「合理的配慮」について

Tweet ThisSend to Facebook | by 中山(主担)

専修大学文学部教授 野口武悟

1.求められる「合理的配慮」の提供

 2014年1月、日本政府は「障害者の権利に関する条約」(障害者権利条約)に批准しました。また、この批准に先立つ20136月に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)が制定され、20164月から施行されることになっています。この障害者差別解消法の施行によって、障害のある児童生徒に対する「合理的配慮」の提供が、国公立学校では義務、私立学校では努力義務となります。当然、学校内に設けられている学校図書館にも当てはまります。

20135月現在、義務教育段階の児童生徒だけでみても、3.11%の児童生徒が特別支援教育を受けています。3.11%の内訳は特別支援学校0.65%、小学校・中学校(特別支援学級や通級による指導)2.46%となっています。つまり、小学校・中学校で特別支援教育を受けている児童生徒の割合の方が特別支援学校よりも高い現状にあります。これに加えて、小学校・中学校の通常の学級には、発達障害(学習障害、注意欠陥多動性障害など)の可能性のある児童生徒が6.5%程度(40人学級に23人程度)在籍しているものと推計されています。こうした現状から明らかなように、すべての学校に何らかの障害のある児童生徒が在籍しているものと考えられています。「合理的配慮」の提供は、すべての学校が行わなければならない実践課題なのです。

 

2.「合理的配慮」の定義

 では、「合理的配慮」とは何でしょうか。障害者権利条約では、「障害者が他の者との平等を基礎として全ての人権及び基本的自由を享有し、又は行使することを確保するための必要かつ適当な変更及び調整であって、特定の場合において必要とされるものであり、かつ、均衡を失した又は過度の負担を課さないものをいう」としています(同条約第二条)。 

学校現場に即して捉えるならば、


06:53

よみきかせ

よみきかせ
12345
2020/01/08new

お正月の本

Tweet ThisSend to Facebook | by 松岡(主担)
 新しい年を迎え、今年はどんな本を読み聞かせで読もうか、どんな本を紹介しようかと心も新たに新学期を迎えました。
 1月の読み聞かせにはお正月や干支をテーマにした本を多く扱いますが、私は2学期末の12月にお正月の本を読みました。おそなえやお飾り、大そうじをするなどお正月を迎える準備は12月から始まっていると感じたからです。本を選んでいる時に最近出版されたお正月の本にも出会えたので紹介いたします。

『おしょうがつのかみさま』
おくはらゆめ
大日本図書




        『せかいのくにでおめでとう!』
        野村たかあき
        講談社
14:25 | えほん
12345

ブックトーク

ブックトーク
12345
2020/01/10new

今年はなにどし?

Tweet ThisSend to Facebook | by 岡島(主担)
 子どもたちは今年は12支のねずみどしとわかっていますが、あえてねずみの本を紹介しました。
はじめにかたり(素話)で『十二支のはじまり』谷真介 佼成出版社
かたり終えたあとに「今年はなに年でしょうか?」と問いかけました。
こどもたちが「ねずみ年」と答えました。
ねずみといえば、みんなが思いつくねずみは?こどもたちは「ぐりとぐら」「ミッキーマウス」「ハムスター」「はりねずみ」など声をあげました。
ねずみには、いいねずみと人間にわるさをするねずみがいます。
 次に紹介する本は『ねずみのとうさんアナトール』イブ・タイタス文 ポール・ガルドン絵 童話館
 ねずみのアナトールは奥さんとこども6匹で幸せに暮らしていました。ところが、ある家の台所で食べ物を探していると、なんていやらしいねずみなの。ねずみは生まれつき悪なんだと話しているのを聞きました。アナトールは人間がぼくたちのこと嫌っているなんて夢にも思わなかった、耐えられない。名誉を回復するためになにか人間にお返ししようと考えました。そして、夜チーズ工場にいき、においをかぎ、味見をしてそれぞれにおいしくなるヒントを書いたカードをさしました。社長は不思議なちいさなカードをみて、その通りにしているとたちまち商売は大繁盛しました。社長はいったいだれがこのカードを書いているか調べ、アナトールに手紙を書きました。

アナトールは仕事ねずみでいいねずみでしたが、今度はわるいねずみを紹介します。
『ハーメルンの笛ふき』 サラ&ステファン・コリン文 エロール・カイン絵 ほるぷ出版

16:36
12345

広報(お薦め本)

授業に役立つ本を紹介します!
12345
2020/01/13new

レポート作成から発表まで

Tweet ThisSend to Facebook | by 井谷(主担)

『探求に役立つ!学校司書と学ぶレポート・論文作成ガイド』
東京都立高等学校学校司書会ラーニングスキルガイドプロジェクトチーム編著
ぺりかん社
2019

 レポートを書く時の、テーマを決める→調べる→書く→発表するの全過程で必要なことを、懇切丁寧に説明しています。
 キーワードから具体的な自分なりの問い(テーマ)を決めるやり方、
 本、新聞、インターネットでの調べ方のコツ
 情報メモを整理し構成を考えてからの本文の書き方
 発表の際のポスター、スライドの作り方まで
同種の本は数多くありますが、これほど基本的でわかりやすいものは珍しいでしょう。やはり、普段生徒たちがどこで困っているのか知っている学校司書だからこそ書けたのではないかと思います。

 生徒に勧めるのはもちろんですが、これから修学旅行事前学習を始める担当の先生にまずは見ていただこうと思います。 
             (東京学芸大学附属小金井中学校  井谷 由紀)
14:49
12345

レファレンス

レファレンス
12345
2020/01/09new

わたしと情報モラル

Tweet ThisSend to Facebook | by 金澤(主担)
 3年生の先生が「私と情報モラル」という道徳の授業を行うということで、この本を紹介した。

『窓をひろげて考えよう 
   体験!メディアリテラシー』

   下村健一(著) かもがわ出版
 この本では、元アナウンサーの著者が、情報に振り回されないための8つのコツを紹介している。
 はじめのページの小さな窓から見える絵を次のページで窓を取り払って全体を見ると、随分印象が変わる。例えば、小さな窓から見るとマスクをしている人が沢山いて病気が蔓延しているように見えるが、次のページを開くと実際には、それほどマスクをしている人は多くない。このように、しかけ絵本のようなつくりで紹介されているため、自分たちが日頃、情報をどのように見ているのかを理解しやすい。



 先生は、早々に4つのコツについて子どもたちと考えていく計画を立てたとのことだった。情報をどう見るか、どこに気をつけて見ればいいのかを整理してくれているので、授業プランの参考になったようだ。また、子ども達にこの手法(しかけ絵本のように情報を見せているところ)もとても参考になったようだった。
           (東京学芸大学附属世田谷小学校 学校司書 金澤磨樹子)
23:17
12345

テーマ展示

テーマ展示
12345
2020/01/07new

「和」の世界を楽しもう!

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)
 2020年はいよいよ東京オリンピックが開催されます。多くの人が海外から来日することが予想され、英語のボランティアに応募した生徒もいました。ですがこのようなときこそ日本らしさ「和」の文化も話題にできるようにしておきたいものです。
 そこで、お正月明け最初の展示は「和」をモチーフに、さまざまな「和」の本を集めてみました。和食、和装、和楽器、大和言葉、和の文様、和算・・・などなど。
さまざまな書架にある「和」の本は、本の装丁も和風が多く、並べて展示するだけでも独特な雰囲気を醸し出しています。さらに「ふろしき」を使ったさまざまな包み方も本と一緒に並べました。
 


 来館した美術の先生からは「ちょうど中1が屏風をつくっているので、この和のコーナーは参考になると思います!」という声もいただきました。さらに・・・

15:12
12345
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する