学校図書館の日常   (トピックス・よみきかせ・ブックトーク・広報・展示・レファレンス)

 下にスクロールしてください。よみきかせ・ブックトーク・展示など6つの話題がでてきます。
 

学校図書館トピックス

学校図書館トピックス
12345
2018/11/01new

東京学芸大学附属高等学校 第17回公開教育研究大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 岡田(主担)
 東京学芸大学附属高等学校において第17回公開教育研究大会が平成30年11月23日に行われます。
『芸術 音楽I 居城 勝彦 歌唱表現を深める』では、司書によるブックトークを取り入れた授業を行います。是非、多くの教育関係者の皆様にご参加いただき、 ご意見、ご助言を賜りたく、ご案内申し上げます。

1. 主題
コンピテンシー・ベースのカリキュラム開発(3) -カリキュラム・マネジメントの前にすべきこと -
改訂が迫る次期学習指導要領において、資質・能力の育成という観点は、高校の授業場面にとどまらず、高大接続改革などにも 大きな影響を与えると予想されます。本校では、平成28年度より継続的に資質・能力を育成する授業とそれを評価するためのパフ ォーマンス課題の開発に注力してまいりました。ただ、その中で“どのような生徒を育てるのか”というゴールイメージの共有が 課題となっています。そこで本年度は、資質・能力を育成する授業・評価づくりに加え、本校内でのゴールイメージの創造・共有 に取り組んでおります。この取り組みは今後、カリキュラム・マネジメントを充実させるためには、重要な土台になるものと考え ております。



以上を踏まえて、司書が事前研究支援に関わった授業のいくつかを以下にお見せします。
10:42
12345

よみきかせ

よみきかせ
12345
2018/11/08new

おはなし給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 金澤(主担)
 今月は、給食室とメディアルームとのコラボで、おはなし給食をしています。それに関連して、おいしい物が出てくる本を読み聞かせしました。

 2年生に『まゆとおに』富安陽子(作)福音館書店 をよみました。

 やまんばのむすめの「まゆ」の怪力に子どもたちは、びっくりしていました。まゆを煮て食べようと思っていたオニでしたが、「お先にどうぞ」とまゆに鍋の中に入れられたオニの姿に大うけ、やけどをしたオニをおぶって家に連れていったまゆにまたまたビックリ!とにかく楽しそうに聞いてくれていました。
22:20
12345

ブックトーク

ブックトーク >> 記事詳細

2018/01/13

犬は友だち

Tweet ThisSend to Facebook | by 岡島(主担)

 図書の時間におこなったブックトークを紹介します。題材は今年の干支にちなんで、「犬は友だち」にしました。対象は小学生3年から5年までです。

「今年は犬年ですね。みなさんに中に犬を飼っている人いますか?」と子どもたちの声を拾いました。最初の本はAちゃんが飼っている犬と同じ種類の犬がどうやって生まれるか読み聞かせをしました。
『こいぬがうまれるよ』ジョアンナ・コール文 ジェローム・ウェクスラー写真
 
福音館書店 (少女はおとなりの家の犬が生まれたら、もらうことになっています。犬の出産をたちあい、こいぬの成長を観察し、少女のもとに行くまでお話。)











「 本に出てきたこいぬのソーセージは大きくなったら、どんな姿になるでしょうか?」

絵本は白黒でしたが、『新犬種大図鑑』緑書房
288から290ページを見せます。「ダックスフントの説明と古代のエジプトの彫刻にファラオ(王様)と一緒にいる姿が掘られており、獲物の追跡の為に飼われていたそうです。

犬は今でも狩りに使われていますが、狩り以外にも人間の友だちになってくれていますね。

犬と仲良くするには、犬のことを知ることが大切です。」
次に紹介した本は『イヌにいいぶん・ネコのいいわけ  イヌとネコにともだちになってもらう本』 なかのひろみ 福音館書店
 








 イヌと暮らすルール、犬の生活、犬のしつけ、困ったときのところを読みました。犬は飼い主を選べなく、大人になったらどんな犬になるか、考えてから飼うことが大切で、一生可愛がってってほしいです。

 次の本は、おばあさんふたりに可愛がってもらっていたのに、トラックで雨宿りをしたばっかりに、思いがけず、遠くまできてしまった犬の話を紹介しました。『白い馬をさがせ』ディック・キング・スミス童話館

 
 

22:39

広報(お薦め本)

授業に役立つ本を紹介します!
12345
2018/11/12new

プラスチックごみ

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)
 2018年10月24日の朝日新聞に、「マイクロプラスチックが人間の便からも検出!」という記事が掲載されました。私たちの身の回りにある多くのプラスチック。それが海に流れ、波の力や紫外線、温度差などによって細かく砕け、魚介類の体内に入り、人間の食卓に並んでいるようです。
 これはオーストラリアの環境庁とウィーン医科大の研究によって判明しました。海辺に打ち上げられたクジラやウミガメの体内からも、多数のレジ袋が見つかったというニュースも記憶に新しいですが、プラスチックごみは廻り廻って私たち人間にも降りかかる環境汚染となっています。

 すでにアメリカの企業の中には、プラスチックストローを紙素材に変える取組みもおこなわれていますが、日本ではストロー以上に目につく日常的なプラスチックと言えば「ペットボトル」と「レジ袋」でしょうか。
右でご紹介した、『散乱ペットボトルのツケは誰が払うのか』栗岡理子 合同出版 では、厳しい現状と散乱したペットボトルへの対策として、私たちはどのような取り組みができるのかを紹介しています。中高生にも今からぜひ意識してほしい視点です。
10:59
12345

レファレンス

レファレンス
12345
2018/11/09new

人気のある本は?

Tweet ThisSend to Facebook | by 松岡(主担)
「人気のある本はどれ?」
「おもしろい本、なーい?」
「有名な人が書いた本はありますかー?」

 子どもたち、中でも低学年の子は本を探す時に上のような質問をよくします。
ただ、人気のある本に関しては貸出し中…というのは学校図書館では「あるある」な話かもしれません。
 そんな時は時間の許す限り書架を歩きながら
「これはどうかな?あれは読んだ?」
と話をしながら本を探します。
 話を聞くと謎解きや探偵ものなどが好きな子が多く
低学年は「かいけつゾロリ」、マジョリー・ワインマン・シャーマットの「ぼくはめいたんてい」シリーズ、中学年は杉山亮さんの「名探偵」シリーズや「暗号クラブ」、高学年になるとシャーロック・ホームズやアルセーヌ・ルパン、江戸川乱歩の作品へとステップアップしていく様子も図書館ではよく見られます。

 「他の探偵ものはないの?」と聞かれた時に私が最近薦めている本をいくつか紹介します。
 低学年には








『大どろぼうジャム・パン』

内田麟太郎/作 藤本ともひこ/絵
文研出版

 めいたんていのジャム・パンは実は正義の大どろぼう。けいしそうかんとタッグを組んで悪者にいどみます。こわれて暴れだしたひみつのへいたいロボットからジャム・パンがぬすんだものとは?ゆかいなキャラクターが満載な中クールな一面もある作品です。
10:11 | 小学生
12345

テーマ展示

テーマ展示
12345
2018/11/08new

読書ハンパないって! ~動き出した本の世界~

Tweet ThisSend to Facebook | by 井谷(主担)
 今年の学芸発表会では、図書委員会はポスターと本の展示をしました。
 例年はどちらかというと、「埋もれている面白い本を紹介する」というコンセプトで取り組んでおり、貸し出しランキングに入っているような本や、映像化作品は避けていましたが、今年は違います。
 「折角、普段本を借りないような人たちも図書館に来るのだから、むしろそのミーハーな人たちが、こんな本もあったんだ!!と手を出すような本を並べたい。」という3年図書委員長の熱い思いから、逆に映像作品だけを紹介することにしました。
 学芸発表会当日は、ポスターと本をセットにして図書館内に展示。

11:43
12345
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する