家政教育専攻の概要

家政教育専攻とは

家政教育専攻は、生活の諸課題を解決するために、自然科学、社会科学にまたがる関連諸科学での研究成果を総合的に活用し、生活の中で生ずるあらゆる問題に対して、その問題解決と支援の方策を追究し、それらを応用していく力を備えた有為な教師、研究者の育成を目指しています。そして、次のような領域で活躍できる人々を求めています。

2つのコース

家政教育専攻は、家庭科教育コースと生活科学コースから構成されています。入学した学生は、各コースを担当する教員の中から、自分の研究内容によって主指導教員を決め、研究指導と生活指導を受けることになります。修士論文(または課題研究)の指導は、主指導教員と複数の副指導教員が行います。取得可能な学位は、修士(教育学)または、修士(学術)です。

家庭科教育コース

小・中・高等学校における家庭科教育および子どもの発達、成長をその研究対象として教育研究の推進者となる能力を養うことをねらいとしています。担当教員と専門分野・研究テーマは次の通りです。

教員名 専門分野/研究テーマ
池﨑 喜美惠
藤田 智子
家庭科教育学/家庭科学習内容・比較教育学的研究池
家庭科教育学/家庭科学習者の特質に関する研究

生活科学コース

「食物学領域」「被服学領域」「児童学領域」「家庭経営学領域」「住居学領域」から、家庭科教育の教科専門性を深めることをねらいとしています。担当教員と専門分野・研究テーマは次の通りです。

教員名 専門分野/研究テーマ
倉持 清美
高良 麻子
田中 敬文
萬羽 郁子
馬場 幸子
南 道子
児童学、保育心理学/保育・発達心理学的研究
社会福祉学(ソーシャルワーク)/高齢者と家屋、社会的排除に関する研究
家庭経済学/家計・芸術文化・NPOに関する研究
住居学/室内空気環境と住まい方に関する研究
児童福祉学/子どもと家族の福祉に関する研究
栄養学/環境と生体との応答に関する研究

博士課程について

4大学の連合大学院

東京学芸大学の博士課程は「東京学芸大学大学院 連合学校教育学研究科」という名称です。東京学芸大学・埼玉大学・千葉大学・横浜国立大学の教育学部(横浜国立大学では教育人間科学部)および教育学研究科(修士課程)を母体とした4大学連合の大学院です。
連合学校教育学研究科は、博士課程(後期過程)3年のみの独立した大学院です。大学における教員養成の充実と学校教育の発展を目指して、我が国ではじめて教員養成大学・学部に設置されました。
本研究科は、大学における教員養成の充実を通じて、小・中・高等学校等の教育の発展を図ることを目指し、主として教科教育の研究とその専門的研究者の養成、教員養成・研修の充実のための研究、教員養成の中軸をなす学問分野の研究等を進めています。取得できる学位は、博士(教育学)または博士(学術)です。 詳しくは、連合学校教育学研究科のホームページをご覧ください。

連合学校教育学研究科の構成

本研究科は、「学校教育学専攻」の1専攻のみからなり、9つの講座で構成されています。 そのうち、家政教育専攻(修士課程)の教員は「生活・技術系教育講座」に所属し、 生活科学教育学の授業と研究指導を担当しています。

大学院家政教育専攻

博士課程の担当教員

家政教育専攻(修士課程)の教員で、博士課程を担当しているのは、以下の通りです。
(教員氏名をクリックすると、詳細情報(ホームページの教員情報)をご覧になれます。)

教員氏名主な研究課題担当授業科目名及び
講義題目等
池﨑 喜美惠海外・帰国児童・生徒の家庭科教育生活科学教育学
「生活科学教育学研究5」
(家庭科教育内容論)
倉持 清美乳幼児の生活空間における発達生活科学教育内容基礎研究
「児童学研究」
(保育心理学研究)
南 道子栄養素の代謝に関する研究生活科学教育内容基礎研究
「栄養学研究2」
(栄養生化学)

家政教育専攻の概要

2つのコース

カリキュラム

修士課程について

博士課程について

大学院家政教育専攻


教員紹介