カリキュラム

専攻科目を中心に開設学期を掲載しています。この他に、教養科目、教育基礎科目、自由選択科目をとらなくてはなりません。4年生は、卒業研究が大きな課題となります。また、教員採用試験もありますので、それに向けての勉強もあります。
大学では、卒業するのに必要な単位数、免許取得上必要な単位数があります。入学したら、授業の取り方について先輩と相談する会などありますから、いろいろと参考にしてみて下さい。

学びあいの言葉『生活を科学する』

選修の特色

A類家庭選修の特色「家庭科に強い小学校教員になろう」 本選修は、小学校全教科の教科指導•生徒指導に加え、特に家庭科に関する専門的能力を養うとともに、生活を科学的にとらえ、時代に合わせて新たな暮らし方を提案できる教員を養成します。少人数で、講義や実験•実習.により教員に必要な知識や技能を身に着けます。

専攻の特色

B類家庭専攻の特色「生活を科学する家庭科教員になろう」 本専攻は、生活科学に関する高度な専門性と優れた実践力を身に着けた中学校•高等学校家释科教員を目指し、生活を科学的にとらえ、時代に合わせた新たな暮らし方を提案する力を養います。少人数で、講義や実験・実習により教員に必要な知識や技能を身に着けま す。

卒業生からのコメント

A類 植月小百合(岡山県立津山高校)
 家庭科で今まで学んできて、家庭科は、生きるために必要な技能、知識、考え方を身につけられる教科なのだと実感しました。被服学、栄養学、調理学などの家庭科らしい分野はもちろん、児童学、家族関係学など、教師として、人としてのあり方をも学べます。現在は、児童学についての研究を行っています。卒論のテーマは様々で、結婚観や恋愛観について調べる人もいれば、小学生の自尊感情やおしゃれについての意識を研究している人もいます。尊敬できる先生方と、信頼できる仲間に恵まれた環境の中で、幅広く学び、自分の考え、価値観を広げられます。家庭科は、そんな素敵な学ぶ場です。

B類 秋常はるか(石川県立小松高等学校)
 B類家庭専攻では、家庭科のそれぞれの分野について、より専門的に学ぶことができる科目が充実しています。私は、入学前から食品・食物の分野に興味があり、「食物学実験 実習」の授業では、自分の関心をより深めることができました。また、自らの研究として食物・食品分野の研究室に所属し、授業の枠を越えてさらに専門的に知識を深めることができています。豊富な知識と確かな技能の習得が叶う実践的な授業内容と、多彩な研究分野の素晴らしい先生方に出会えることが、この学科の魅力であると思います。

卒業後の進路について

■ Q&A一覧