教員紹介

教育学部(大学院)の教員一覧

教員名 専門分野/研究テーマ
池﨑 喜美惠
倉持 清美
高良 麻子
田中 敬文
萬羽 郁子
馬場 幸子
藤田 智子
南 道子
家庭科教育学/家庭科学習内容・比較教育学的研究池
児童学、保育心理学/保育・発達心理学的研究
社会福祉学(ソーシャルワーク)/高齢者と家屋、社会的排除に関する研究
家庭経済学/家計・芸術文化・NPOに関する研究
住居学/室内空気環境と住まい方に関する研究
児童福祉学/子どもと家族の福祉に関する研究
家庭科教育学/家庭科学習者の特質に関する研究
栄養学/環境と生体との応答に関する研究

教育学部(学部)の教員一覧

教員名 専門分野/研究テーマ
池﨑 喜美惠
倉持 清美
田中 敬文
萬羽 郁子
藤田 智子
南 道子
家庭科教育学/家庭科学習内容・比較教育学的研究池
児童学、保育心理学/保育・発達心理学的研究
家庭経済学/家計・芸術文化・NPOに関する研究
住居学/室内空気環境と住まい方に関する研究
家庭科教育学/家庭科学習者の特質に関する研究
栄養学/環境と生体との応答に関する研究

池﨑 喜美惠
最終学歴東京学芸大学大学院教育学研究科修士課程家政教育専攻修了、教育学修士
出身高校神奈川県立小田原城内高等学校
専門家庭科教育学/家庭科学習内容・比較教育学的研究池
紹介家庭科教育学を専門とし、家庭科はどのような教科であるべきかを問い続けています。最近の研究は、世界各国・地域に設置されている日本人学校の教育事情を視察しながら、海外で学ぶ子どもの家庭生活や家庭科学習の様子を調査し、現地理解教育を家庭科にどう取り入れるかなどを考えています。また、家庭科というと実習をイメージしますが、実習を指導するうえでの危険予知の必要性と指導の在り方を現場に発信する活動をしています。
授業紹介
初等家庭科教育法 2年次春学期(Ⅲ)
小学校家庭科の指導内容や指導法及び評価法等について基本的なことを概説します。そして、家庭科を指導するために必要な教材や学習指導案を作成し、模擬授業を行いながら、家庭科の授業構成について検討します。

倉持 清美
最終学歴お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士課程修了 博士(人文科学博士)
出身高校埼玉県立川越女子高等学校
専門児童学、保育心理学/保育・発達心理学的研究
紹介私の専門は、児童学、保育心理学です。幼稚園、保育園、家庭で、子ども達が日常の生活の中でどのように育っていくのかを研究しています。子ども達は、仲間や周りにいる大人と様々なやりとりをしながら、いろいろな経験をしています。その様子を丁寧に研究することで、子どもの豊かな育ちにふさわしい環境とは何かが見えてきます。また、家庭科の保育学習の研究も進めています。乳幼児へ養護性を発揮できるような保育学習について検討しています。
授業紹介
児童学ⅠⅡ
二年生の秋学期集中(10月)の授業です。集中期間中の2日間は、朝から夕方まで保育園に行って、乳幼児の子どもの発達を理解したり、保育園の役割について学んだりします。乳幼児とふれ合う機会が少ない学生にとっては、とても貴重な体験になっています。

高良 麻子
最終学歴Columbia University School of Social Work
出身高校香川県立丸亀高等学校
専門社会福祉学(ソーシャルワーク)/高齢者と家屋、社会的排除に関する研究
紹介地域には問題を体験し苦しみながらも声をあげられない人びとが多くいらっしゃいます。このような方々にどのようにつながり、そしてどのように支援を展開していくのかを明らかにすることを目的に研究を続けています。そのため、このような排除されている人びとに接する可能性が高いと考えられる独立型社会福祉士、地域包括支援センター職員、スクールソーシャルワーカー等の実践に注目して調査を進めています。
授業紹介
家族教育内容基礎研究A
本授業では、高齢者の身体や精神等の特徴および高齢者に関する制度等の基礎的知識を踏まえたうえで、高齢者の課題についてその対応策を含めて検討します。なお、受講生の関心に応じて、高齢者福祉の教育方法に注目することもあります。

田中 敬文
最終学歴早稲田大学大学院経済学研究科博士後期課程修了
出身高校新潟県立新津高等学校
専門家庭経済学/家計・芸術文化・NPOに関する研究
紹介専門は公共経済学。家族の経済学や家計・政府の教育支出に関心があります。家計の教育費負担はすでに限界に達しており、特に大学進学時に最も重くなります。他方、収入は1997年をピークに減少しました。適切な家計支援と負担のあり方について研究を進めています。また、文化経済学やNPO/NGOにも関心があり、これまで20数カ国の現場を見ました。NPO/NGOは、政府・自治体や企業の手の回らない小規模保育や移送支援などで大きな役割を果たしています。
授業紹介
家庭経営学Ⅰ 1年春学期(Ⅰ)
内容のひとつとして、総務庁『家計調査』のデータを用いて、夫婦共働き世帯(勤労者)の収入と支出の特徴を学びます。具体的には、グループごとに費目を選び、グラフを作成して、世帯主年齢階級ごとの収支の特徴をつかみ、発表します。

萬羽 郁子
最終学歴奈良女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程修了、博士(学術)
出身高校新潟県立松代高等学校
専門住居学/室内空気環境と住まい方に関する研究
紹介私たちは生活時間の約9割を建物の中で過ごしています。そのため、室内の空気の質は私たちが健康に過ごすために重要な要素の一つです。近年では、シックハウス症候群など居住環境が原因の体調不良なども問題となっています。また、においも空間の快適性に影響を及ぼす場合があります。このような問題には、建物側の工夫のみならず私たちの住まい方も強く影響することから、居住者の知識や環境整備の方法について研究しています。
授業紹介
住居学
人間生活の器である住居について、その役割と機能、歴史的変遷と生活の変化、室内の環境整備の必要性や維持管理方法など、住居学の基礎を学びます。「住居学」で基礎的知識を習得し、「住環境論」や「住居設計製図」でより発展的な内容を学んでいきます。

馬場 幸子
最終学歴University of Illinois at Urbana Champaign、学位(Ph. D in Social Work)
出身高校私立雲雀丘学園高校(兵庫県)
専門児童福祉学/子どもと家族の福祉に関する研究
紹介専門は児童福祉とスクールソーシャルワークです。児童福祉の分野では特に児童養護施設で生活している子どもの自立支援や児童虐待防止の取り組み、スクールソーシャルワークではソーシャルワーカーの専門性向上のための取り組みなどに関心を持っています。そして、ローカルなニーズにもグローバルな視点を持って取り組むことが大切だと考えているので、常に海外の動向も意識しながら研究を進めていくように心がけています。
授業紹介
家族教育内容基礎研究法B
家族福祉をテーマに、研究論文を“クリティカルに読む”練習をします。また、学期の最後には、「時間とお金が十分あった場合」の架空の研究計画書を作成します。一学期終わると、研究論文を読むときの注意事項が分かるようになります。

藤田 智子
最終学歴お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程修了、博士(学術)
出身高校私立明治学園高等学校(福岡県)
専門家庭科教育学/家庭科学習者の特質に関する研究
紹介家庭科教育学を専門としており、学習者の特質を明らかにし、家庭科教育の学びが活きるにはどうしたら良いかを研究しています。例えば、教科書には「危険なダイエットはやめましょう!」(=学校知)と書かれていたりしますが、中高生の実感は「やせてる方が良いじゃん!」(=日常知)だったりします。一方で、「やせる」「身体にいい」といった食品がメディアで紹介されると(=日常知)、瞬く間に売れてしまいます。特に身体像に着目して日常知と学校知の乖離を描き出すことによって、どうすれば学校知が実践となるかを検討しています。
授業紹介
中等家庭科教育法I〜IV
中学・高等学校で家庭科を教えるために必要なことを総合的に学びます。具体的には、家庭科の歴史、中学・高校家庭科の学習内容や目標、指導方法などです。教材研究や指導案作成、模擬授業を行なうほか、現場のお話を伺ったりします。

南 道子
最終学歴東京大学医学部博士課程第二基礎医学専攻課程終了、博士(医学)
出身高校都立竹の台高等学校
専門栄養学/環境と生体との応答に関する研究
紹介わたしの専攻は栄養学です。栄養学は、栄養素が体内でどのように代謝されているかを研究している分野ですが、主に動物を使って研究を行っています。食品中の成分について、その食品を添加していない食餌で飼育した動物と比較して関連した遺伝子の変動について検討し、関連ある血清中の特定のタンパク質について、抗体を用いた検出方法で定量しています。最近では、食物繊維に関し、未知の生理作用を探索する研究を行っています。
授業紹介
食物学実験・実習A (1年後期)
食物学実験・実習はA・B・Cと3種類ありますが、このAでは調理学で学んだ食品の調理性について、実験をとおして検証行う授業です。中・高免許を取得するのには必修の授業になっています。小麦や米、卵などの調理科学実験を行うとともに、調理実習の技術も習得する実習になっています。