受験生の方へQ&A

生活科学講座の教員がお答えします!

家庭選修と専攻はどう違いますか

家庭選修は、初等教育教員養成課程(A類)に属し、小学校教員免許状を取得することが卒業要件となります。家庭専攻は、中等教育教員養成課程(B類)に属し、中学・高等学校教員免許状(家庭)を取得することが卒業要件になります。つまり、家庭選修(A類)では、小学校教員になるために必要な学び(教職科目及び、小学校の各教科の指導法など)を中心に、家庭科に関することを重点的に学びます。一方、家庭専攻(B類)は、中学・高等学校の家庭科教員になるための学びが中心になりますので、教職科目の他、家庭科の内容(衣・食・住・生活経営・家族・保育など)についてより専門的に学びます。小学校の教員を志望するのであれば家庭選修(A類)、中学・高等学校の家庭科教員を志望するのであれば家庭専攻(B類)を選ばれると良いでしょう。ただし、どちらの選修/専攻の学生も、もう一方の選修/専攻の免許を取得することは可能で、ほとんどの学生が、小学校、中学校(家庭)、高等学校(家庭)の免許を取得しています。(「取得可能な免許」および「資格と『教師への道』」のページもご参照ください)(藤田)



お裁縫や料理が得意でないと無理ですか

あなたが何かを得意でないのは、それを経験する機会が少なかったり、ちょっとした躓きから、それを遠ざけていたりするからではありませんか。お裁縫に取り組んで苦手意識を克服し、被服学への関心が高まって研究職を選び、その道の大家になった教員もいます。針と糸を使うことが得意でなくても、苦手な理由を考えて調べることで、家庭科で学ぶ子どもたちに上達のこつを伝える支援や指導を工夫することができます。「得意でない」をばねや元にして、子どもの気持ちに寄り添った指導ができる教員を目指しましょう。(生野)

料理は経験がものをいいます。今まで、料理をする機会がなかった皆さんも、大学の授業でそのスタートをきってみては、いかがでしょうか。大学での調理は、料理の歴史やライフステージ別の栄養素のバランスを考えたものなど、単に料理を作る以外に一工夫してあります。授業で使うテキストをもとに、下宿で自分の日々の食事を作る、実家で週末に家族のために料理をするのも、苦手意識の克服になると思います。(南)


女子が多いですか

なぜか、女子の割合の方が多いです。でも、男子学生が7人や5人くらいいた学年もいました。専門の授業は、家庭科選修や専攻の学生が対象になりますが、家庭科の免許を取りに他の選修や専攻の学生が受けに来たりしますので、家庭科の人だけの授業というのはあまりありません。家庭科の男子学生の話を聞くと、特に居心地悪く感じることもなく、楽しい大学生活を過ごしているようです。男子学生も、どんどん入ってきて、家庭科に強い小学校教員、中高の家庭科の教員になって欲しいものです。(倉持)


どんな免許が取れますか

小学校教諭免許状、中学校教諭免許状(家庭)、高等学校教諭免許状(家庭)が取得できます。また、少し頑張って免許に必要な単位を充足すると、幼稚園教諭免許状、特別支援学校教員免許状が取得できます。(池崎)


授業は被服や調理など実習が多いですか

被服や調理の実習は被服学科や食物学科に比べて少ないですが、被服、調理、住居、保育、家庭経営など幅広い内容の実習や演習を経験できますし、基礎から学ぶことができます。 それをいかに充実したものにするかは、みなさんの意欲次第です。(南)


家庭科の先生以外にはなれませんか

教育や家庭科に関する幅広い専門知識を身につけることができるカリキュラムや、教育実習や採用試験に向けた学内講座など教員になることを支援するための体制が充実しています。しかし、自治体の採用事情等によりすべての学生が教員として就職できるわけではありません。年にもよりますが、卒業生の大体5~6割が教員(非常勤を含む)に、残りが自治体(公務員)・民間企業等に就職しています。民間企業の就職先はファッション・食物、子供などの教育、生保・損保など実に多様です。会員数約2千人の家庭科教室同窓会(さゆり会)も力になることでしょう。先輩の体験談は、入学時に配布される『新入生ガイドブック』にもありますが、A・B類のページの卒業後の進路をご覧ください。(田中)


理系科目に強くないと入ってから大変ですか

レモンを入れると紅茶の色が変わるのはなぜ? 食物繊維の健康効果は? 答えを知りたいあなたはすでに、理系科目学習のスタートラインに立っています。素朴な疑問や些細な失敗への気付きから、学びや研究は始まります。分かりたいという気持ちになったら、始めましょう。化学や生物・物理について、その疑問の解決に必要なところから少しずつ。文系の学生が「パスタと硬水」、「のどごしの数値化」などの卒業研究に挑戦しています。(生野)


自主ゼミのように学生が主体的に参加するゼミがありますか。どんなことをしますか。

自主ゼミとは、教員の指導のもと、学生が学年や専攻の枠を超え、関心のある学問領域について学び合う場です。履修義務のあるゼミとは違い、特別な場合を除き単位認定はありませんが、その代わり、その学問領域に関心のある人が自主的に集まり、サークル的な感覚でのびのびと学ぶことができます。自主ゼミを開講する先生のいる年もあれば、いない年もあります。
自主ゼミでは、所属する専攻に関係なく、児童福祉問題に関係のある学生が集まって勉強をしています。自主ゼミメンバーの専攻は、家庭課、養護教育、生涯学習、総合社会システム、日本研究など様々です。2013年度には、学祭期間中に、厚生労働省が後援する児童虐待予防キャンペーンである「学生によるオレンジリボン運動」を実施しました。児童虐待について調べたことをまとめて掲示したり、地域の保護者や支援団体の人と学生が児童虐待問題について語り合うグループディスカッションを企画・実施したりしました。これらはすべて学生主体で行われました。またこの運動の記録を報告書にまとめ、協力してくれた支援団体の方や先生方に配りました。(馬場)


大学院生になった時、養護教諭の免許や、幼稚園の免許を取ることはできますか?

学部聴講生として、1年間に14単位取得可能です。2年間で28単位ですが、それで免許単位として充足できるかによります。大学から出される学力証明書を持って、教育委員会に問い合わせたほうがよいようです。(池崎)


卒業後はどのようなところに就職していますか?

進路状況を御覧ください。
学部生の進路
修了生の進路


■ Q&A一覧