東京学芸大学附属竹早中学校 沿革

昭和22. 4. 1
東京第一師範学校女子部附属中学校を創設し、東京都文京区久堅町8,同附属小学校内において授業を開始する。東京第二師範学校女子部附属中学校を創設し、東京都文京区東片町2,女子部内に於いて授業を開始する。
昭和 24. 5. 31
校名をそれぞれ東京学芸大学東京第一師範学校竹早附属中学校、東京学芸大学東京第二師範学校追分附属中学校と改称する。
昭和 26.4.1
東京学芸大学附属竹早中学校および東京学芸大学附属追分中学校と改称する。
昭和29.4.1
東京学芸大学学芸学部附属竹早中学校ならびに東京学芸大学学芸学部附属追分中学校を廃し、東京学芸大学附属 「新設」中学校を、東京都文京区竹早町8番地竹早分校校舎あとに設置し、前記両校の生徒を 収容する。
昭和29.4.15
特殊学級を開設し、「若竹学級」と称す。
昭和31.2.29
校歌(大木惇夫作詞、長谷川良夫作曲)を制定する。
昭和32.8.9
第二運動場の一隅に武道場が竣工する
昭和35.4.1
東京学芸大学学芸学部附属竹早中学校と改称する。「若竹学級」は附属養護学校として独立する。
昭和44.7.15
改築のため、練馬区東大泉315番地 東京学芸大学附属大泉中学校敷地内木造校舎を仮校舎として、移転する。
昭和45.3.2
大泉の仮校舎より復帰する。東京都立竹早高等学校と校舎を分離する。
昭和45.7.31
体育館兼講堂および屋上プールが新築完工する。
昭和51.4.8
海外帰国子女15名を一般学級に受け入れる教育を開始する。
昭和61.3.31
武道館落成
平成9.3.24
校舎棟が竣工する。
平成9.3.25
体育館兼講堂および屋上プールが竣工する。
平成9.11.15
創立50周年記念式典、行事を挙行。記念誌発行
平成11.4
新制服となる
平成11.12.6
附属竹早小学校と一体型の新校舎落成。小・中一体の学校生活始まる。
平成12.6.17
竹早小学校・竹早中学校校舎・校庭落成式を行う。
平成12.1.20
竹早中学校教育後援会「創竹会」を設立。
平成16.4.1
国立大学の法人化に伴い、東京学芸大学附属竹早中学校と改称する。
平成16.8
エアコン設置工事を開始する。
平成17.11.11
幼・小・中連携の公開研究会を開催する。
平成19(2007).11.12
創立60周年記念式典を挙行する。
平成20.2.16
幼・小・中連携の公開研究会を開催する。(以後、毎年度開催)
平成21.4
海外帰国生徒の受け入れを停止する。
平成22.8
全教室へのエアコン設置工事完了。
スペース