高等部 教育内容(概要)紹介

素敵な大人をめざして!

高等部タイトル

教育目標

  • 社会生活に向けて主体的に学び、視野を広げ、教養を身につける。
  • 青年期のからだとこころの変化を受けとめ、自らからだをきたえ、健康管理ができるようになる。
  • 自分のことを一人で行えるようになるとともに、必要な援助を求めることができる。
  • 他者のことを考えて、望ましい人間関係をつくることができる。
  • 仕事の大切さを知り、自信をもって働くことができる。
  • 多様な学習を積み、楽しく豊かな生活をするための素養を身につける。

主な授業の概要

総合学習 「選ぶ」「調べる」「聞く」「話し合う」「発表する」をキーワードに、認識を深めたり広げたりする方法を学ぶ学習。年間に、「山中湖(1.2年)」、「修学旅行(3年)」、「学習発表会(全学年)」を設定している。(学習支援)
作業学習 ものを作り育てる学習活動を通して、働く力と働く意味の理解を育てる学習。作業班は、「陶工班」・「木工班」・「農耕班」がある。(就労支援)
くらし 自立した生活をおくるために必要な知識・技能を習得することをねらいとしつつ、自分の(将来の)生活を具体的に考え、自分に必要な援助が何かを考えられるようにする学習。「調理」「住まい」「被服」の実技編と「生活知識」の4領域からなる。(生活支援)
進路学習 生徒一人ひとりの、卒業後の生き方を考える力をはぐくみ、主体的に進路を選択できるように支援する学習。「進路の学習」「現場実習」「進路相談」から構成される。現場実習は、6月に2週間、11月に4週間設定している。(就労支援)
各教科 必修種目として「体育・保健」、選択科目として、「国語」・「数学」・「英語」・「理科」・「情報」から一つ、「音楽」・「美術」・「コンピューターアート」の中から一つ選択し学習する。国語および数学に関する課題は「個別課題」の時間にも学習する。(学習支援)

年間行事予定

4月 新入生歓迎会
5月 春のレクリエーション大会、修学旅行(3年)、林間学校(1・2年)
6月 第1期現場実習
7月 校外学習
9月 球技大会
10月 ハイキング
11月 第2期現場実習
12月 販売会
1月 書道教室
2月 学習発表会
3月 校外学習、3年生を送る会

Copyright (C) 東京学芸大学附属特別支援学校 All Rights Reserved. Web design by DIK