東京学芸大学Webオープンキャンパス2021
[A類]初等教育教員養成課程
数学選修
数学選修

学ぼう、 伝えよう、 美しい数学の世界。

学生の数学的能力の育成と、小学校教員としての資質の養成を目的とする。小学校算数の内容を考察し、数学教育の理論と実践についての素養を身につけ、数学に対する興味と理解を深め、自然や社会に対して自らの頭で論理的に考える態度を育てる。

4年間の学び

大学の数学は、高校までの直観的な説明とは異なり、一歩一歩階段を上るように緻密な論理を積み重ねて学習していく。物事を論理的に理解し、他人に明快に表現できるように努力でき、︎物事に対し︎自分の言葉で考え、表現できるように養成する。大学の数学の基礎となる︎基礎数学、線形数学、微分・積分学を1年次で学ぶ。基礎を踏まえて代数学I, II、幾何学I, II、解析学I, II、確率・統計I, IIのそれぞれの専門分野の基本を2年次で勉強する。1、2年次で学んだ基礎的な数学の内容を踏まえて、数学分野においては、代数学各論、幾何学各論、解析学各論、確率特論、統計特論など現代数学の内容を3年次に勉強する。数学教育分野においては、初等算数科教育法、算数科教育臨床といった算数の授業をどのように行うかという実践の基本を学び、算数科教育研究、初等算数科教材論で、小学校での算数をどのように体系的に教えているかを学ぶ。︎その上で、自分がより深く学びたいものを選び、卒業研究として4年次に学ぶ。

先輩からのメッセージ

この選修では小学校教員を目指すことを目的に、算数・数学の専門性を高める大学数学や小学校における各教科の指導法、教員になるために必要な資質・能力等について学ぶことができます。また、小学校だけでなく中高の数学の免許も取得可能なので、小学校での指導法を踏まえて中高数学の授業における工夫を考えたり、小学校と中学・高校の指導の繋がりを意識しながら学習指導や教材研究について深く考えたりすることができるのもこの選修の特徴です。
「大学数学」と「数学教育学」の二つの視点から教育について考えることができるこの学科で、算数・数学の楽しさを伝えられる教師を一緒に目指してみませんか。(野上沙帆 4年)

特色ある科目

線形数学、微分・積分学、基礎数学、位相数学I, II、代数学I, II、幾何学I, II、解析学I, II、確率・統計学I, II、代数学各論、幾何学各論、解析学各論A, B、確率特論I、統計特論I、数学カリキュラム論、初等算数科教材論、算数教育臨床

分科会

AB数学_分科会