東京学芸大学Webオープンキャンパス2021
[A類]初等教育教員養成課程
美術選修
美術選修

図画工作で教員になる、未来をつくる。

本選修では、美術の専門的な技能や理論を学ぶことを通して、豊かな発想力や高い指導力を備えた図工を得意とする小学校教員や、図画工作専科の教員の育成をめざしています。また、中学校美術、高校美術、高校工芸の教員免許も取得可能です。

4年間の学び

1年次には美術の基礎力を養うための必修科目と図画工作科及び美術科教育に関する科目を履修して、図画工作科及び美術科教育に対する興味、関心及び理解を深めてもらいます。この間に、自分が絵画、彫刻、デザイン、工芸、造形芸術学、美術科教育のどの領域に興味や関心が持てるかを探すことが重要です。2年次には1つの領域を選び、必修科目である「美術演習Ⅰ・Ⅱ」を履修します。この授業は美術の専門的な知識や技能を段階的に積み上げていくことが目的となっています。また、それぞれの領域の選択科目を履修することで、教員としての幅広い視野を持つこともできます。3年次には「美術演習Ⅲ・Ⅳ」を履修し、卒業研究を行うために更なるスキルアップを目指すことも可能です。また、1、2年次に学んだ知識や技能を基盤として教職科目を履修していきます。3年次の後期には附属学校での教育実習があり、今までの成果を生かして授業に取り組みます。4年次には卒業研究に取り組みます。4年間の集大成として相応しい卒業制作および論文発表を行います。美術の造形活動や理論研究を通じて図画工作科及び美術科教員としての資質や能力を磨き、創造的な視野を持った教育実践を行えるような人材になって欲しいと考えています。

先輩からのメッセージ

 本選修の魅力は、様々な美術の領域に「広く」触れ、さらには教育の視点をもって、自身の興味のあることを「深く」学ぶことができる点です。1年次には、絵画・彫刻・デザイン・工芸・造形芸術学・美術科教育と様々な領域の専門的な知識や技能を学び、身に付けることができます。また2年次からは、研究室に所属し、興味・関心のあるテーマを研究することができます。さらに、3年次の教育実習は、それまでの学びを活かせるともに、講義だけでは学べない、学校現場や児童の実態を知ることができます。このように、本選修は、広く美術に触れ、実践を通しながら、自身の問題意識を研究に活かせる環境があります。ぜひ本選修で、自分のやりたいことを見つけ、仲間とともに学びを深めていきませんか?(石川ひかり 2020年度卒業生)

特色ある科目

図画工作・美術科と情報、図画工作科教材論、図画工作科カリキュラム論、美術選修入門セミナー、図画工作科基礎、絵画基礎Ⅰ、彫刻基礎Ⅰ、デザイン基礎Ⅰ、工芸基礎Ⅰ、西洋美術史概論、美術演習Ⅰ、美術演習Ⅱ、日本東洋美術史概論

動画