東京学芸大学Webオープンキャンパス2021
[A類]初等教育教員養成課程
保健体育選修
保健体育選修

体育を核にして小学校教育を考える。

小学校で教えるさまざまな教科の中から、特に体育を専門的に学ぶことを柱にして小学校教員を養成しているのが本選修です。講義と実技の双方からなる多種多様な授業を通じて、小学校における教育全体の理解へ迫り、教員としての資質を磨き、指導力を養成することがこの選修の特徴となります。

4年間の学び

1年次:専門的な体育実技や保健体育分野における基礎学問を学習し、「教職入門」で教職の世界へ第一歩を踏み出します。2年次:「運動生理学概論」「スポーツ社会学」などにより多くの保健体育分野の基礎学問を学習します。また、「保健体育科教材研究」「保健体育科模擬授業演習A」などの授業を通して、保健体育の教材研究や授業方法の学習や教育実習の準備が始まります。さらに、体育を含め各教科の指導法の学習が始まります。夏季休暇中には、2日間の集中授業で3年次の教育実習の映像を観察する「授業観察演習」があり、翌年の教育実習の具体的なイメージを持つ機会があります。3年次:「保健体育科演習」など教育実習に直接関わる科目を履修し、教育実習の「事前指導」を通じて研究課題を決めていきます。初めての教育実習は附属小学校で行い、教材研究や授業実践を行う力を高めていきます。実習終了後には「事後指導」で実習の振り返りをし、4年次の選択実習での課題を設定します。4年次:それまでに得た知識や視点からテーマを決め、卒業研究として論文作成と発表を行います。また、選択で公立小学校での教育実習を履修できます。秋学期には4年間の学びの集大成である「教職実践演習」を受講し、社会に出るための最後の準備をします。以上のように、4年間を通して教育全体の理解へ迫るという本選修のめざす学習活動を行います。

先輩からのメッセージ

本選修では、講義、実技ともに、小学校教員になるために不可欠な資質・能力を高める深い授業が行われています。保健体育・初等教育の基礎学習や模擬授業の実践などのひとつひとつの授業で、常に小学生の立場になって考え、学んでいます。その過程で、専門性の高い知識とともに「児童を第一に考えた授業づくり」のための指導力、思考力などが身につきます。さらに専門とする競技の異なる学生同士が集う中で、個々の能力を活かした協力的な課題解決や活発な意見交流が実技の授業で行われ、仲間の高い志と様々な夢に強い刺激を受け、日々自己を更新し続けています。質の高い学び保障されている本学で、ともに学びましょう。(篠田晃里 3年)

特色ある科目

保健体育選修入門セミナー、保健体育科演習、人体解剖生理学、学校保健学概論、衛生・公衆衛生学、体育・スポーツ心理学、野外環境教育学、体つくり運動A、器械運動A、陸上A、水泳A、表現運動、ソフトバレーボール、サッカーA、ソフトボールA、バスケットボールA

案内

ABE保健体育_案内

教員紹介