東京学芸大学Webオープンキャンパス2021
[A類]初等教育教員養成課程
家庭選修
家庭選修

生活の自立を支援できる教員になろう。

本選修では、家庭科を中心とした専門的な知識や技能の修得を通して、子どもの生活自立を支援できる小学校教員を養成します。衣食住をマネジメントし、家族や地域と連携して、自立して生活できる力を育成する家庭科の専門性を、小学校での指導に活かすことができます。

4年間の学び

1年次では、入門セミナーで、大学での学びや家庭科を専門とする小学校教員となる意義を学びます。専門科目としては、衣、食、家庭経営学に関する科目を履修し、被服の機能と被服材料や歴史的変遷や基礎的縫製技術(含む被服製作)、食品の調理性(含む実習)、人生をデザインするための意思決定論の基礎や消費者問題の現状を学びます。2年次には、教職に関する科目が始まり、初等家庭科教育法では、小学校家庭科の内容や指導法について学びます。専門科目としては、住居と保育に関する科目も開講され、住居の役割や機能、歴史的変遷と生活の変化、住まいの管理、乳幼児の発達や生活(含む家庭支援センターへの訪問)についても学びます。衣と食については、1年生での学びを基に、被服管理や洗剤の特性(含む実験)、日本の伝統文化としての和裁の技能(被服製作演習)、栄養学(含む実習)を学びます。また、教育の情報化についての基礎的な事項や家庭科でのICT活用についても実践的に学びます。3年次には、教育実習に向けて、事前指導での授業参観などを通してより具体的に実習に臨む準備をします。2年から3年にかけて、小学校で学ぶ各教科の指導法や教科の内容に関する科目も学んでいきます。4年次には、卒業研究に取り組みます。各々のテーマに沿って、4年間の学びの集大成として論文を仕上げます。

先輩からのメッセージ

A類家庭選修では、小学校教員の知識のほかに、家庭科についてより深い知識や技能を獲得することができます。保育、家族、衣食住、家庭経営など、幅広い家庭科の分野を学習します。授業は講義だけではなく、被服製作、食物実験、保育実習など実践を通して学べることも魅力的です。また、この家庭選修は他の学科と比べて人数が少なく、仲良く助け合いながら楽しく家庭科について学ぶことができます。私はこの学科に入り、家庭科についての専門知識や技能、様々な小学校教員のスキルを学び、より小学校教員への希望が膨らみました。皆さんも一緒にこの大学で、この学科で充実した大学生活を送りませんか?皆さんの入学をお待ちしています。(高田茜 4年)

特色ある科目

家庭選修入門セミナー、家庭経営学、栄養学概論、被服学I、住居学、児童学I、家庭科と情報、家庭科教材論I、家庭科教材論II、家庭科カリキュラム論

教室説明

AB家庭_教室説明

研究室紹介

AB家庭_研究室紹介

模擬授業

特別セッション案内(8月29日(日)オンライン)

AB家庭_特別セッション案内(8月29日(日)オンライン)