東京学芸大学Webオープンキャンパス2021
[A類]初等教育教員養成課程
国際教育選修
国際教育選修

世界的視野にたって日本の教育にとりくむ教師

本選修では、国の内外を問わず、すべての子どもたちが、お互いを尊重し協力しつつ、ともに生きることができるような人間形成に取り組む教員の養成をめざします。そのために人間の多様性と共通性を踏まえた教育実践を、国際的視野から追及します。

4年間の学び

1年次、「国際教育選修入門セミナー」「国際教育基本文献講読」「国際理解教育論」などで、教育学・心理学の学問的基礎を身に着け、Cross-cultural Ideas and Activitiesなどの選択科目で、留学生と英語での共習体験をします。2年次は、「国際教育交流史」「比較教育思想論」「国際教育政策論」「国際教育とプロジェクト」「海外・帰国児童生徒教育論」「異文化間心理学」などの専門科目を学び、「国際教育臨床」においてプレゼンテーション能力を向上させます。3年次は、「国際教育演習A~F」において研究法を学び、「国際教育特別研究」で各自の基礎研究をプレ卒論にまとめます。附属学校での教育実習とその「事前・事後の指導」において、教育実践力を身に着けていきます。3・4年次は、「比較教育学研究」「教育開発と教育協力」「日本教育史特講」「外国人児童生徒教育」などで、専門的な議論を深めます。4年次は、「卒業研究」「教職実践演習」や、選択実習において、教育の理論研究と実践研究の総まとめをします。思考力、表現力の基礎を備えた人、他人の意見や情報を鵜呑みにしないで疑問を問いかけながら、自分の考えを確立し、その考えを仲間と共有できる人に、この選修に来てもらいたいと思います。

先輩からのメッセージ

モノや人の往来だけでなく、人々の考え方やアイデンティティの多様性が重視されている今日の社会において、多角的な視点から物事を捉える力や、相手の考えを理解しようとする態度が求められています。また新型コロナウイルスの影響により、様々な活動が制限され、厳しい状況下にある今だからこそ、世界全体が協力し合いどんなことができるのか、考えていかなくてはなりません。私たちは、授業を通して日本だけでなく世界に目を向け、色んな立場に立って「教育」について考えています。そしてクラスのなかで、互いの感じたことや意見を共有することで、新たな考えや価値観を得られました。皆さんも共に、国際教育について考えていきませんか?(国際教育選修 2年一同)

特色ある科目

「国際教育選修入門セミナー」「国際教育基本文献講読」「国際教育特別研究」「国際教育とプロジェクト」「異文化間心理学」「比較教育思想論」「国際教育政策論」「国際教育交流史」「国際教育演習A~F」

リンク

きみは何を学ぶ科(第2回)A類国際教育

紹介

 A国際教育_紹介