東京学芸大学Webオープンキャンパス2021
[B類]中等教育教員養成課程
社会専攻
社会専攻

深い知識と思考力で社会を探究しよう。

本専攻には歴史学・地理学・哲学・法学政治学・経済学・社会学・社会科教育学の7分野があり、それらを幅広く学べます。2年生からいずれかの分野に所属して研究を深めます。そこで学んだ知識や考え方等を踏まえて、生徒が多面的・多角的に追究する学習を創造するなど、専門に強い教員になることをめざします。

4年間の学び

1年次:社会専攻入門セミナーで、高等学校までとは異なる大学での勉学の方法について学びます。あわせて7分野の必修の概論科目を履修し、社会科の基礎的な概念や考え方を学びます。
2年次:7つの分野のいずれかに所属し、各分野の特色ある専攻選択科目を中心に履修していきます。これは基礎知識に基づいて応用力を獲得し、「社会に強くなること」を目的とします。これと並行して教職科目の中等社会科教育法等を履修し、社会科の考え方や教育・教材開発に関わる方法論、授業研究などに関して学びを深め、「社会科に強い」教員として応用できる実践力を養います。
3年次:所属分野でのより進んだレベルの演習等に参加し、体系的な学修を深めていきます。9月には附属学校での教育実習があります。それまでに学んだ知識やスキルを活かして授業を創っていきます。その経験・反省を基に、「社会科教材論」を通して、教材研究を深めます。また、中等社会科・地理歴史科教育法や中等社会科・公民科教育法の授業で、実践力をさらに養います。
4年次:学生生活の集大成となる質の高い卒業論文の完成をめざします。選択で公立中学校・高等学校等での教育実習を受けることができます。
本専攻のカリキュラムの重要な特色は、演習を中心とする少人数教育です。教員や仲間とともに行う社会や社会科に関する議論を通じて学問の楽しさを実感できるでしょう。

先輩からのメッセージ

私は、社会科と子どもが好きだったので、この学科に入学しました。中学校・高等学校の教員には、社会科の様々な分野に対する高い専門性が求められます。授業やゼミの中でこうした専門的な知識・理解を深め、模擬授業や教育実習などを通して実践的な力も高めることができます。私は歴史学のゼミに所属し、ゼミのメンバーと様々な文献を読み、討論しながら、日本近現代史に関する理解を深めることができました。また、同じ学科には社会科や教育に興味・関心が強い仲間が多いので、互いに切磋琢磨しながら成長できる環境が整っています。
中学校・高等学校の教員になる学生もいる一方で、教育について学んだことを生かし、地方公務員や企業に就職する学生もいます。(寺西真輝 2020年度卒業生)

特色ある科目

社会専攻入門セミナー、社会科と情報、社会科カリキュラム論、社会科教材論、社会科地域教材論、自然環境、臨地研究、哲学と宗教、心の哲学と知識論、日本史演習、西洋史基礎講義、教育と法、刑法、経済学基礎演習、経済学基礎、地域を探る社会調査、ジェンダーの社会学

教室説明

AB社会_教室説明