東京学芸大学Webオープンキャンパス2021
[B類]中等教育教員養成課程
数学専攻
数学専攻

学ぼう、 伝えよう、 美しい数学の世界。

学生の数学的能力の育成と、中学校・高等学校教員としての資質の養成を目的とする。中学校・高等学校の数学の内容、数学教育の理論と実践についての素養を身につけ、数学に対する興味と理解を深め、自然や社会に対して自らの頭で論理的に考える態度を育てる。

4年間の学び

大学の数学は、高校までの直観的な説明とは異なり、一歩一歩階段を上るように緻密な論理を積み重ねて学習していく。物事を論理的に理解し、他人に明快に表現できるように目指し、物事に対し自分の言葉で考え、表現できるように養成する。1年次に、大学の数学の基礎となる︎基礎数学、線形数学、微分・積分学を学ぶ。︎2年次に、基礎を踏まえて代数学I, II、幾何学I, II、解析学I, II、確率・統計I, IIのそれぞれの専門分野の基本を勉強する。3年次に、基礎的な数学の内容を踏まえて、数学分野においては、代数学特論AI, AII, BI, BII、幾何学特論AI, AII, BI, BII、解析学特論AI, AII, BI, BII, C, D, E、確率特論I, II、統計特論I, II等現代数学の内容を勉強する。数学教育分野においては、中等数学科教育法I, II, III, IV、数学科教育臨床といった数学の授業をどのように行うかという実践の基本を学び、数学教育研究、数学カリキュラム論で、中学、高校での数学をどのように体系的に教えているかを学ぶ。︎その上で、自分がより深く学びたいものを選び、卒業研究として4年次に学ぶ。

先輩からのメッセージ

「数学」と「数学教育」の2つの領域には、共通する部分と独自の部分があるといわれ、どちらの観点も数学科教員を目指す上では欠かせないものです。B類数学科では、より発展的な数学に触れることで自らの専門性を高めるとともに、教育の歴史や理論、指導法、教材研究といった数学教育に関する内容も、幅広く深く学んでいきます。附属学校での授業見学や教育実習を始めとしたリアルな現場の様子を体験できる機会も充実しており、実践的な経験とともに学習を進めることができます。また本学科には中・高の数学科教員を志望する学生が多く集まり、同じ目標を持った仲間との交流も大きな刺激になります。皆さんもぜひ、理想の教師像を目指して一緒に勉強していきましょう!(玉城樹 4年)

特色ある科目

線形数学、微分・積分学、基礎数学、位相数学I, II、代数学I, II、幾何学I, II、解析学I, II、確率・統計学I, II、代数学特論AI, AII, BI, BII、幾何学特論AI, AII, BI, BII、解析学特論AI, AII, BI, BII, C, D, E、確率特論I, II、統計特論I, II、数学カリキュラム論、数学科教材論、数学科教育臨床

分科会

AB数学_分科会