東京学芸大学Webオープンキャンパス2021
[B類]中等教育教員養成課程
音楽専攻
音楽専攻

心をつなぐ音楽の力、音楽の深さを伝える。

本専攻では、音楽全般について広く学ぶとともに、各自が1つの領域を選択して専門的内容を深め、それぞれの個性を磨いていきます。音楽に対する深い造詣、高い指導力、幅広い教養を備えた中学校・高等学校教員の養成を目的としています。

4年間の学び

本専攻では、入試において選択した各自の専門分野をより深く学ぶことを通じ、中学校・高等学校音楽科教員として必要な教科の知識と力を養うことを目的としてカリキュラムが組まれています。また1、2年次には自分の専門分野のみではなく、声楽・ピアノ・管弦打楽器・作曲・ 音楽学・音楽科教育の基礎的な科目も幅広く履修します。更に初年度春学期には音楽専攻入門セミナーとして、4年間の学びに必要となる文献の探し方や楽曲解釈、ピアノの構造や扱い方、発声法、演奏における体の使い方など、適宜外部より専門家を招き学びます。また興味に応じて和楽器・邦楽歌唱法・民族音楽などの科目も選択できます。これらの授業は、内容に応じ少人数のグループレッスンから大人数の合唱・合奏 まで多様な形態で行います。 3・4年次では教育実習関連の科目を履修し、音楽科教育の理論・実践的な内容を深めます。同時に、各自の専門性を深める科目や、興味に応じた科目を選択していきます。4年次の卒業研究では、卒業演奏や卒業論文に取り組み、大学での学びを総括します。本専攻の特色は、レッスンなど演習を中心とするものが多く、教員との距離が近いことが挙げられます。4年間を通して、音楽の楽しさを実感できることと思います。

先輩からのメッセージ

この学科の魅力の一つは、自己のポテンシャルを発揮できる機会が多くあるところです。私自身、専攻は声楽ですが、指揮のレッスンのピアノ伴奏をしたり、吹奏楽やオケでトランペットを吹いたりと、専攻に限らず様々な場面で得意なことや学びを生かせる環境がそろっています。大学での「学び」とは、これらアウトプットの場も含め自ら行動を起こして得られるものだと思います。その点に関して、学生が主体となって行う自主ゼミの多さも魅力の一つです。自分の好きなことや学びたいことに対して同じ熱量で応えてくれる仲間は、貴重であり大切な存在です。4年間この学科で学べたことは、自分の理想とする教師像に近づくための最良の道であったと思います。(國元美乃里 2020年度卒業生)

特色ある科目

音楽専攻入門セミナー、基礎声楽実技Ⅰ、基礎声楽実技Ⅱ、合唱、ソルフェージュⅠ、基礎ピアノ実技Ⅰ、基礎ピアノ実技Ⅱ、基礎管弦打実技Ⅰ、基礎管弦打実技Ⅱ、作曲法Ⅰ、作曲法Ⅱ、指揮法、音楽学概論A、音楽学概論B、音楽学概論C

動画

資料

AB音楽_資料

模擬授業

リンク