東京学芸大学Webオープンキャンパス2021
[B類]中等教育教員養成課程
技術専攻
技術専攻

理論的背景のある創造力を身につけよう。

技術教育学や理学・工学などについての幅広い科目が体系的に配置され、基礎的内容から応用的内容へと段階的に学ぶことができます。中学校技術科および高等学校工業科の教員としての高度な専門能力を有し、自発的に創造できる教員を育てることが目標です。

4年間の学び

1年次には、製図、木材加工、金属加工等の授業を通して、工学的デザイン(設計)プロセスに基づいた設計・試作・製作に関する基礎的な能力を身につけます。これと並行する形で、中学校の技術科教員になるための基礎知識や、数学・物理学・情報工学についての基礎知識に関する学習も行います。2年次には、1年次の学習内容を踏まえ、技術科教員になるため、教科教育学、栽培学、加工学、電気工学、情報工学、機械工学等に関する幅広い知識を習得します。3年次には、2年次の学習内容を発展させ、技術科教員になるための教科教育学や工学について更なる学習を行います。2年次・3年次では座学により各専門科目の基礎事項を学ぶと共に、実験・実習により座学で得た知識の確認を行います。また3年次初頭に、卒業研究のために研究室への配属が行われ、研究室のゼミ等により卒業研究に向けての準備が始まります。3 年次の9月には附属学校での教育実習があります。4年次には卒業研究が実施されます。設定した卒業研究の課題に関し、約1年をかけてじっくりと研究します。卒業研究は究極の問題解決型学習です。自主性を発揮して挑んで下さい。
技術科特有の問題解決型の学習や卒業研究を通して、自ら課題を発見し、その解決に向けて努力する人になって欲しいと考えています。

先輩からのメッセージ

技術科では,木材・金属加工等の実習や,電気・プログラミングの実験など実際に手や体を動かす授業がたくさんあります。
私が技術科に入ってよかったと思うことは,身の回りの困っていること,不便なことに目を向け,より使いやすく,よりよくするにはどうすればよいか考える機会が多くあることです。また,その解決策を見出すために各授業における様々な知識・技能の必要性を、身をもって感じられ,理論と実践の両面から専門性を身に着けられることだと思います。技術科は少人数の学科であるため,わからないこと・困ったことについて先生方からの充実したご指導をいただけるため,中学校技術科・高等学校工業科の教員を目指す人には最適の環境が整っています。(上口雅史 4年)

特色ある科目

技術専攻入門セミナー、工業数学Ⅰ・Ⅱ、工業物理学Ⅰ・Ⅱ、基礎製図、木材加工概論、木材加工Ⅰ・Ⅱ、金属加工Ⅰ・Ⅱ 、中等技術科教育法Ⅰ~Ⅳ、職業指導、工業科教育法Ⅰ・Ⅱ、技術・工業と情報、応用情報処理Ⅰ、栽培、電気回路

動画