東京学芸大学Webオープンキャンパス2021
[E類]教育支援課程
ソーシャルワークコース
ソーシャルワークコース

人々のウェルビーイングを増進する。

教育機会を十分に保障されない子どもたちや家庭などを支援するスクールソーシャルワーカーをはじめとして、貧困、病気、障害、虐待など困難な状況に置かれている人々の最善の利益を守れるように支援する社会福祉の専門家を育てます。

4年間の学び

本コースは、人々のウェルビーイングの増進を目指し、ソーシャルワークの専門的知識や技術を持って、教育を初めとする関連領域の専門家と協働しながら、社会正義や人権尊重といった理念を体現できる社会福祉の専門家の養成を目的としています。その目的を達成するために、本コースでは、次のような授業を開設しています。
◦個人、家庭、社会等を理解するための授業
◦社会問題を理解するための授業
◦社会福祉政策・制度を学ぶ授業
◦支援を展開するための知識や技術を学ぶ授業
◦多様な専門職と協働することを学ぶ授業
1年次は社会福祉やソーシャルワークに関する基礎的な事項を学び、2年次以降徐々に専門的知識とソーシャルワーカーとしての基礎的技術を身につけていきます。3年次には2箇所以上の現場実習を行い、実践力を養います。また、5名の教員の研究室に分かれて社会福祉の研究方法などを学びます。4年次には、各々の関心領域で卒業研究・論文作成に取り組みます。加えて、スクールソーシャルワーカーを目指す学生はスクールソーシャルワーク実習を行います。4年間を通じて無理なく、着実に社会福祉の専門家としての力を養います。
このコースでは、国家資格の社会福祉士試験受験資格の取得と、日本ソーシャルワーク教育学校連盟認定スクール(学校)ソーシャルワーク教育課程修了者の認定を受けることができます。(定員20名。)

先輩からのメッセージ

このコースでは、児童・高齢・医療・障害・地域など様々な領域の福祉を学びながら、ソーシャルワークを実践する力を養うことが出来ます。1、2年次は主に講義形式で、ソーシャルワークの歴史や社会福祉士としての基礎知識を学習します。3年次には、ソーシャルワーク実習の事前・事後学習として演習形式の授業が充実しており、これまでの学びを「活かす」場面が増えます。少人数のグループワークや自分の興味のある分野を研究することができるゼミでは、自分と向き合い、仲間と共に学べる、楽しくて有意義な学びがあります。社会福祉の分野の知識はもちろんのこと、他者と連携・協働する力や、物事を多角的に捉える力を養うことができるコースです。(山中鈴乃 4年)

特色ある科目

ソーシャルワークコース入門セミナー、社会福祉原論、社会福祉演習、ソーシャルワークと教育支援、ソーシャルワークとキャリア形成、スクールソーシャルワーク論、多様な学びと子ども支援

動画