東京学芸大学Webオープンキャンパス2021
[E類]教育支援課程
情報教育コース
情報教育コース

情報を科学し、未来を切り拓く。

新しい知識・情報・技術が、社会のあらゆる領域での活動の基盤として飛躍的に重要性を増している社会で生き、そして社会を創っていくための力を育てる情報教育と、教育効果をさらに向上させるために情報通信技術(ICT)の教育への活用が求められています。これらの教育を学校の内と外から支える人を育てます。

4年間の学び

情報教育コースでは、1年次にA類情報教育選修の学生と共に計算機システムの仕組み、プログラミングやアルゴリズム、情報工学・情報科学の基礎となる数学を学び、2年次以降、オペレーティングシステム、データベース、計算機ハードウェア、ネットワークシステムなど専門的な内容を学んでいきます。これらの専門科目は高校情報の免許科目にも指定されています。高校情報の免許を取得したい場合は、これらの科目と合わせて課程共通で置かれている免許取得のための科目や情報科教育法を履修します。
加えて、学校現場と協働して様々な現代的教育課題の解決を支援できる人材を養成する教育支援課程の目的にそって、E類の他のコースの学生と共に教育支援の基本知識と方法論を学びつつ、情報教育と教育でのICT活用の支援について学びます。
3年次からは研究室に所属し、研究室それぞれの専門分野を学んで、4年次には卒業研究に取り組みます。研究室にはA類情報教育選修の学生と共に所属しますので、小学校教育に触れる機会も多くあります。

先輩からのメッセージ

教育のICT化で大きな変革がもたらされている渦中、本コースではICTの視点から、教育をどう支援できるかを探求しています。講義では教育系科目や情報工学・情報科学の基礎を学んでいきますが、その内容は他大学の情報系学科と同等のものであったと感じます。また、高校情報の免許が取得可能で、教育とICTのどちらも学びたい人にとっては最高の環境が与えられています。私は3年次に教育アプリを開発する講義を受講しました。情報通信技術はもちろんのこと、チーム活動を経て協調性・主体性を養うことができました。開発は試行錯誤の連続でしたが、アプリが完成した時の感動は忘れられません! ぜひ、向上心溢れる仲間と共に教育とICTの造詣を深め、大きく成長しませんか。(久保徹朗 4年)

特色ある科目

ソフトウェアシステムと教育支援、教育情報化支援教材論、情報教育とICT活用支援、情報社会と教育支援、情報教育フィールドワーク演習、情報科教育法、計算機システム概説、プログラミング、応用プログラミング、計算機ハードウェア、オペレーティングシステム、データベース、ネットワークシステム、HCI、知識処理、情報数学、数値計算、オートマトンと形式言語、情報システム設計

動画