東京学芸大学Webオープンキャンパス2021
[E類]教育支援課程
生涯スポーツコース
生涯スポーツコース

支えよう、健康とスポーツ。

本コースでは、運動・スポーツを中心として地域、学校、家庭の連携を実現していける教育支援のコーディネート力と運動指導力を備えた人材の育成を目指します。

4年間の学び

本コースでは、スポーツが得意でスポーツ教育に興味・関心のある人たち、健康づくり・子どもの外遊び・スポーツの支援活動に関心をもっている人たち、運動が苦手な子どもたちへの支援に関心をもっている人たちにとって大切なことが学べます。
1年・2年次には広く教育支援、また学校スポーツ、生涯スポーツ、体育科教育学、スポーツ科学、健康科学、運動・スポーツ指導などについて基礎理論を学びます。2年・3年次では演習や実習形式の授業が徐々に多くなり、実験や指導の実践を通して実用的な知識や技能を習得することができます。また、2年次には体育科教育学、体育学、運動学、健康科学のいずれかの分野の研究室に所属します。3年次からは自分が所属した研究室の活動や指導教員との関わりの中で専門的な知識や技能を習得できます。4年次には研究室の教員の指導の下で科学的な卒業論文の執筆に取り組みます。
また、本コースでは追加して単位を修得する事で中学校・高等学校の保健体育科教員の免許を取得できます。ただし、教員免許取得は必須ではありません。

先輩からのメッセージ

みなさんはスポーツの楽しさは何だと思いますか。私は、「できないことができるようになること」だと考えます。将来的にスポーツ指導に関わる際、スポーツの楽しさを伝えることができれば、これほど喜ばしいことはないでしょう。本コースでは、その方法を実践的に学ぶことが可能です。さらに、運動生理学やスポーツマネジメントなど、多岐にわたって学びを深めることで、スポーツの楽しさを様々な角度からとらえられるようになります。私は、そのような学びを部活動やスポーツの場で実践し、振り返ることが大切だと考えます。自らが実践することで、「できないことができるようになること」を、身をもって体験できるからです。みなさんもスポーツの楽しさを探してみてください。(太田隆喜 4年)

特色ある科目

生涯スポーツコース入門セミナー、生涯スポーツとキャリア形成、学校スポーツ支援論、学校スポーツ支援演習、健康支援論、健康支援演習、学校スポーツと教育支援、生涯スポーツと教育支援、生涯スポーツ支援研究演習

案内

ABE保健体育_案内

教員紹介