デジタルアーカイブ「学びと遊びの歴史」の画像データが自由に利用できるようになりました

HOMEにもどる

附属図書館ではこのたび、デジタルアーカイブ「学びと遊びの歴史」で公開する著作権保護期間が満了した古典籍の画像データについて、特段の申請なく自由にご利用いただけるよう運用を変更しました。
「往来物」や「絵双六」など江戸・明治期の教育を特徴づける貴重な資料の画像データが自由に転載、加工できるようになり、学校における教材作成や大学のオンライン授業、商用利用など幅広い用途での活用が期待できます。
なお、画像のご利用にあたっては下記のとおり所蔵館情報等の明記をお願いいたします。

■二次利用にあたってのお願い
・附属図書館所蔵の旨を明記してください。
 例:『庭訓往来』(東京学芸大学附属図書館所蔵)
・画像を改変した場合は、その旨を明記してください。
 例:『庭訓往来』(東京学芸大学附属図書館所蔵)を一部改変

<参考>
東京学芸大学附属図書館デジタルアーカイブ「学びと遊びの歴史」トップページ
利用案内
プレスリリース

デジタルアーカイブ「学びと遊びの歴史」の画像データが自由に利用できるようになりました
デジタルアーカイブ「学びと遊びの歴史」の画像データが自由に利用できるようになりました