東京学芸大学と岡山県津山市教育委員会との連携協定の締結について

HOMEにもどる

東京学芸大学(学長:國分 充)と岡山県津山市教育委員会(教育長:有本明彦)は、「未来の学校づくり」をテーマに、ICTを基盤とした先端技術を活用する等、多様な教育環境や児童生徒の対応、地域の特性を活かした教育の充実を図ることを目指し、令和2年7月13日に連携協力に関する協定を締結しました。

本学の附属学校と連携し、地元の産業界からの支援を頂きながら、津山市内のいくつかの学校において、実践的に研究開発を進め、10年後を見据えての「未来の学校づくり」のモデルを構築してまいります。

なお、今回の調印式は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、遠隔会議システムを利用し、谷口市長をはじめ有本教育長、粟野教育次長、本学側は、國分学長、松田理事・副学長、金子教育インキュベーションセンター教授が出席のもと執り行われました。

東京学芸大学と岡山県津山市教育委員会との連携協定の締結について