あたたかい停止  A/r/tography & Philosophy Project ―都市の「余/白」に生まれる創造性― Vol.1 東京学芸大学大学院教育学研究科・大学院生によるプロジェクト展

HOMEにもどる

2020年11月17日 火 ―11月23日 月 ・祝
会場 ARTBAY HOUSE 東京都江東区青海1丁目3番 入場無料
17日〜20日 12:00 −18:00
21日~23日 11:00 −19:00
(23日の最終入場は17:00まで)

「あたたかい停止」 は,東京学芸大学大学院生によるアートプロジェクトです。臨海副都心,オリンピック,コロナ,ニューノーマル。変化する私たちの感覚と世界の現在を,そしてARTBAY TOKYOのもつ創造的「余 / 白」としての可能性を,10 人の大学院生がアートベースの探究と展示やワークショップを通して来場者のみなさんと見出していくプログラムです。

ARTWORKS
《リズム》池田 晴介
《Gaze at...》井上 七海
《キャンバスと「2m」の距離をとり絵を描く》清永 桃花
《a house》小島 菜緒子
《逃避》高橋 美花
《庭の探索》川人 武
《Window Art ~ココロ繋がる~》
畠山 千晶 西田 幸斗


WORKSHOP
みんなの大切な写真−2020の前と後−
カメラロールの中にある「大切な写真」を集めて展示します。人々の生活がどう変化し,また変化しなかったのか,写真を通して感じてみましょう。QRコードからLINE友達追加で参加可能。(下地 華菜恵)
参加方法
①写真応募:LINEの友達追加で事前応募可能(無制限)
②ワークショップ:peatixから事前申し込み(定員10名)
11月21日(土)第1回13:00−13:45, 第2回14:30−15:15

訪れて感じて、お台場マップ
11月22日(日)11:00−19:00
「一人一人の視点で捉えたお台場」をテーマに,お台場で発見したことや感じたことなど,訪れてみて初めてわかったことを1枚の大きなマップに書き込んでいきます。マップの余白に撮影してきた写真を貼ったり,文字や絵を書いたりしてみましょう。(伴 奏弥)

TALK
都市の『余/白』に生まれる創造性
11月23日(月祝) 13:00−16:00
peatixから事前申し込み(現地参加:定員10名,オンライン参加:無制限)
出展者によるトークセッションを行います。それぞれのワークを通して見えてきた,アートと場,そして空間・時間の「余/白」が生み出す可能性について対話を試みます。

ご来場される皆さまへ
新型コロナウイルス感染拡大防止対策へのご理解とご協力をお願いいたします。
※マスクの着用,手洗いや手指消毒にご協力ください。また,団体でのご来場を遠慮ください。
※ワークショップやトークイベントの参加者には検温を実施します。
※37.5℃以上の発熱,咳,くしゃみなどの症状がある方、過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国,地域への訪問歴がある方は,ご来場をお断りいたします。
※今後の新型コロナウイルス感染症の流行状況により,中止や変更になる場合がございます。

ACCESS
ARTBAY HOUSE 東京都江東区青海1-3
シンボルプロムナード公園 夢の広場
りんかい線東京テレポート駅A出口から徒歩1分/
ゆりかもめ青海駅から徒歩3分/お台場海浜公園駅から徒歩7分

ARTBAY TOKYOは人と場所を多彩なアートでつなぐ新しいプロジェクトです。
https://artbaytokyo.com/

案内チラシはこちら[PDF]