再度の緊急事態宣言を受けて

HOMEにもどる

本学で学ぶみなさん

新型コロナウィルスの感染状況は、収束する気配を見せず、先週7日には、東京都など1都3県に緊急事態宣言が再度出されるに至りました。

こうした事態ではありますが、本学としては、この事態に対してこれまで取ってきた対応を大きく変えることなく対処したいと思います。

これまで大学、附属学校では、必要な感染対策をとってきており、授業などでの感染はありませんでした。油断は禁物ですが、しかし、これまでこうした経験を積んできたところでもあり、過度に恐れることなく、慌てることなく、対処したいと思います。

ただ、課外活動では、感染対策を講じていても、感染した事例が生じており、残念ではありますが、附属学校、大学ともに課外活動は停止とさせてもらいます。また、附属学校では、分散登校・時差通学を導入させてもらいます。

もうそろそろ何とかならないかとは思いますが、われわれは、これまで、学内での感染を防いできました。引き続き、協力してこの状況を乗り越えていきましょう。

令和3年1月12日
東京学芸大学長  國分 充