公開講座

【38】気象予報士に挑戦~実技・二ツ玉低気圧編~
(日程変更開講日 12/26オンライン講座)

講座内容

気象予報士試験の実技試験の過去問を解きながら、気象予報士試験合格を目指して気象学を学びます。今回は二ツ玉低気圧を題材にして、各種専門天気図の見方を学習します。専門性を含みますが、とりあえず予報士試験の問題を体験してみたいという方でも無理なく学べるよう、基礎知識を解説しながら進めます。この回では過去問として平成30年度第1回の実技試験2を取り上げます。昨年度とは異なる内容です。
受講対象者:一般市民
講習料:2,200円
最小実施人数:2名
開催会場:オンライン(Zoom)
募集期間:10月24日〜12月 6日
募集人数:12名
実施責任者:佐藤 尚毅

受講生への連絡事項

Zoomによるオンラインで実施します。
Zoomアプリの設定方法などは受講申し込み後に お知らせします。 受講にあたっては、各自のデバイス(パソコン・ スマホ・タブレットなど)と通信環境が必要です。 講座は、Zoom画面上で講師が作成した資料を用いて行います。 受講者との質疑応答・意見交換も予定しています。 オンライン研修は初めての試みのため、不十分な点が あると思いますが、ご協力いただけると幸いです。



講座スケジュール

12月26日(土)13:00~14:30

実技試験前半:気象概況及びその変動の把握

講師(所属)

佐藤 尚毅(本学准教授)

12月26日(土)15:00~16:30

実技試験後半:局地的な気象の予想、緊急時における対応

講師(所属)

佐藤 尚毅(本学准教授)